• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼や夫に絶対に言えない重大な秘密を抱えながら生きていくという選択

Date:2013.11.13

男女においての本物の愛について考えた時に、様々な事を思い浮かべるかと思いますが、「隠し事をしない」という事が挙げられると思います。ありのままのお互いを受け入れる心。どんな嫌な部分だって愛情さえあれば二人にとっては乗り越えられるものです。

しかしその隠し事にもいろいろなものがあります。その内容によってはいくら真剣に愛している相手にでも、逆に愛しているからこそ打ち明けられないものもあると思います。

壊したくない今の幸せ

実は私にも旦那様に打ち明けられない秘密があります。その内容はここで公開することができるものではありません。法律には触れていないことですが、どうしても言えない事ってありますよね。もちろん隠し事をしているという後ろめたさはあるのです。

しかし本当に私の事を愛していてくれるならば、受け入れてくれるはずとは思えないのです。もしこのことを打ち明けてしまえば、今ある幸せな家庭が壊れてしまうとしか思えません。実際にそうなると思います。それは彼の心が狭いというわけでは決してありません。

だからと言って広い方でもありませんが、それでもどんなに広い人だとしてもきっと受け入れてはくれないでしょう。だからといってその事を後悔しているわけではありません。その当時の私にとっては必要な事でしたし、それがなければ今の私はいませんでした。

本当は何も隠し事なんてせずに、私のありのまま全てを知った上で一緒にいて欲しいという思いもあるのですが、私はその事を一生隠し続ける事も彼に対する愛情のひとつだと考える事にしました。

私は卑怯者です。しかしそうしてでも私は今の家庭が何よりも大切なのです。愛する旦那様・子供達。ストレスが溜まってもう嫌だ!なんて思う事もあるのですが、それでも離れて一人になったら絶対に私はダメになってしまうはずです。

そんな卑怯者が幸せになる権利なんてないかもしれません。それでも私は辛く暗いどん底にいた私が、やっとの思いで手に入れた幸せな家庭を何をしてでも手放したくはないのです。

私と同じ選択をしたあなたへ

そう言う風に私と同じように、大切な人に絶対に言う事ができない秘密を抱えている人はいると思います。旦那様じゃなくても、大好きな彼氏でも、絶対に別れたくなければその秘密を言う事はできないかもしれません。

そして、その秘密を勇気を出して告白できるという人もいると思いますが、それを隠し通す事を選択したという人もいるかと思います。その選択をした人は、もちろん卑怯者です。私もそうです。しかし、だからと言って自分を責め続けるのはやめてください。

開き直るという意味ではありません。あくまで罪の意識は持ち続けなければいけませんが、自分を責めているのは辛いです。私もそうして生きていこうと決めた限り、覚悟をきめたいと思っています。

ですから、私は旦那様の事を一生何があっても愛し続けたいと思っています。もちろん相手が私の事をもう愛することができなくなってしまえば諦めるしかありませんが。自分の過去を変えることはできません。

しかし当たり前の事ですが、未来は作っていく事ができるのです。ですから過去の自分の罪滅ぼしの意味でも、未来の自分は何も黒い部分がない真っ白な自分を作っていけばいいのです。

誰でも消したい過去はあるのです。もしかしたら相手の男性もあなたに言えないような過去があるかもしれません。もしその過去を告白された時にはそれを許す広い心を持つ事です。人間は愛する相手に対しては臆病になってしまうものです。失うのが怖いからです。

愛情が深いほどその想いは強くなると思います。その愛情を守る為には、時に間違っている事をする事も必要な場合もあります。それでも自分なりに考えた結果ならばそれを貫き通してください。

それがあなたの愛情の形ならば、それはそれでいいと思います。そのあなたなりの愛情を大切にしていってください。私もそうしたいと思います。そして自分の愛する人を支え続けたいと思います。

この記事をシェアする

関連記事