• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仕事場だけが原因じゃない!家を見直して腰痛対策

Date:2013.09.06

特にOLさんは一日中コンピューターの前に座りっぱなしで、腰が痛くなってしまうことが多いのではないでしょうか。腰痛は女性にとってとても一般的なものです。でも、それは仕事場だけが理由でしょうか?実は家でも知らず知らずと腰痛の原因となってしまうものがあるのです。

少しでも腰痛にならないために、そして軽減するためにも、一度家の中、そして家での行動を見直してみませんか?

1. 枕

家で使っている枕は高すぎたり平たすぎたりしていませんか?それで首の角度が変になってしまっていて、腰痛を起こしてしまっている可能性もあります。

理想としては、横になったときに、どんな体制で眠るのであっても、自分の耳、肩、お尻がまっすぐのラインになっている必要があります。もし仰向けになって寝る人であれば、頭の下のほかにひざの下にも枕をひとつ置き、更に小さめの枕を腰の下に置きましょう。

横向きに寝る人であれば、平ための枕をひざの間に挟んでみましょう。うつ伏せで寝る人は下腹の下に平ための枕を置きましょう。これで身体がまっすぐになるはずです。これは自分でわからないようであれば、人に見てもらってもよいでしょう。

もしお金をある程度かけても良いようであれば、今はオーダーメイドの枕もあります。実際に店舗に足を運んで試してみるものや、通販でもカウンセリングつきのオーダーメイドの枕があります。是非試してみましょう。

2. マットレス

ベッドで眠っている人はマットレスもチェックしてみましょう。マットレスが柔らかすぎたり、硬すぎたりすると背骨がしっかりとサポートされないため、腰痛の原因となるのです。そこで、応急処置として、2cmほどの厚さのベニヤ板をマットレスとボックススプリングの間に挟んでみましょう。

そして、もしマットレスを7年以上使っているようであれば、買い替え時です。マットレスを試せるところもあるので、お店に聞いてみましょう。

3. ソファー

柔らかいふわふわとしたソファーに埋もれるのって、何か幸せな感じがしませんか?でも、これはNGなのです。しっかりとソファーが背中を押しだしてサポートをしてくれないことで、腰痛の原因となってしまうのです。

そこで、丸めたタオルを腰に当てて、小さめの踏み台に足を乗せ、あごを少し上に向ける感じで座ってみましょう。また、買い換えるようであったら、腰をしっかりとサポートしてくれるようなソファーを選んでください。腰痛に悩む人用のソファーも販売されています。

4. ハードウッドフロア

硬い床はカーペットと比べ、クッションがないため、腰痛の原因となります。お皿を洗ったりといったたち仕事の時には足元に足ふきマットみたいなものやカーペットを引いてあげるなどして腰をサポートしてあげましょう。

また、今はコルクのフロアタイルもありますので、それを利用するのもよいでしょう。

5. 掃除

思いっきり腰を伸ばさないと届かないような高いところの掃除や、浴槽のように腰をかがめないと洗えないような掃除は腰に負担がかかります。そこで、掃除を始めるようにウォームアップとして簡単なストレッチをしてあげるなどの工夫をしてみましょう。

また、腰に負担がかからないような、長い柄のモップなどを使うのも手です。

この記事をシェアする

関連記事