• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

IHクッキングヒーターを購入したい!買う前に知るべき電磁波の実態

Date:2013.07.08

IHクッキングヒーターは非常に便利!これから購入される方へ

オール電化をするときにIHクッキングヒーターにされる方、ガスコンロが古くなったからIHクッキングヒーターに買い替える方など事情は様々あると思いますが、IHクッキングヒーターを安さなどで適当に選ぶのは要注意ですよ!

IHクッキングヒーターは電気調理器具です。強い電気を発生させて、ガスコンロの時のような火と同じかそれ以上の熱い熱で調理をする機械です。

ガスコンロは、天ぷら油が燃え移って火事になることや、ついうっかりして鍋を黒焦げにしてしまうことも多いわけですが、IHクッキングヒーターですと、天ぷらの油が燃え移って火事になることは考えられません。

なぜなら、機械がちゃんと油の温度を管理してくれるので、高温になっても調理者が何もしない場合は、自動的に保温状態になり、油の温度が上がりすぎるのを防いでくれます。

また、通常の煮物などの場合ですと、タイマー設定ができるものがほとんどですので、キッチンから離れるときはタイマーを利用すれば、鍋が黒焦げになることはまずありません(火力調節や時間設定をミスすればありますが…)。

ですので、赤ちゃんがいて泣いた時にタイマー設定さえしておけば、赤ちゃんのところにもすぐに行けますし、焦げ付かす心配もなく、あやし終わったら、調理も完了しているということもできます。

また、高年齢の方で忘れっぽくてつい、鍋を火にかけっぱなしでキッチンから離れてしまうという場合でも、タイマーを設定する習慣さえつければ安心ですよね。

もちろん、ガスコンロでもタイマー付の機種はどんどん発売されていますが、「火」がでたままでキッチンを離れるというのは、心理的にも落ち着きませんよね。

そういった意味ではIHクッキングヒーターは、非常に便利で使い勝手のよい機械なわけですが、健康にはちょっと心配な面もあるのです。

IHクッキングヒーターを適当に選ぶのは要注意です!

IHクッキングヒーターを購入するときって、「値段」「デザイン」「使いやすさ」「キッチンに合うサイズかどうか」「メーカー」などで探されると思いますが、1つ気を付けておかねばならないことがあります。

それは、「電磁波」の強さなのですね。IHクッキングヒーターは電気で調理する機械なので、もちろん電磁波は出ています。しかも強火設定にしたいときはかなり強い電磁波を発生させます。

電磁波の健康被害については、まだまだ研究中なわけですが、人体への影響は大きな確率ででてくることが予想されます。

実際に、私の通っているむつう整体の先生も電磁波の影響で体が歪み、不調に陥るケースが増えていると言っておられましたし、自分自身も電磁波を長く浴び続けるとすぐに不調になっていたので、かなり信じられる事項です。

さて、IHクッキングヒーターやキッチン等の家電の電磁波の強さってご存知ですか?国内で生産されている電化製品は、電磁波の国際基準をすべて下回って作られています。

液晶テレビの電磁波の強さを仮に「1」とします。

  • 液晶テレビ      1
  • エアコン       1(同じくらい)
  • 冷蔵庫        17倍
  • 電子レンジ      16倍
  • 炊飯器        7倍
  • IHクッキングヒーター 41倍

※すべて30cm離れた場所で測られています。

これを見ていただいたら分かる通り、IHクッキングヒーターは他の家電と比べて非常に強い電磁波を放っています。しかも、IHクッキングヒーターは意識しなければ、機械から10cm程度のところに立って調理をしてしまいます。

この数値は30cm離れた場所で測られたものですので、10cmしか離れていないで調理した場合ですともっと高い数値になるでしょう。電磁波は近ければ近いほど強く浴びてしまうものなのです。

IHクッキングヒーターの正しい選び方って?

IHクッキングヒーターが安くなった!ということで、価格をみて飛びついて購入したくなる気持ちはわかりますが、値段が安くなっているとうことは、型が古くなったということですよね。

IHクッキングヒーターは年々改良されていますので、新しいものになるほど電磁波を強力に発生しすぎない設計になっているのです。だから、古いものを安く購入しても、それは人体にはよくない電磁波の強いものである可能性も高いのです。

だから、購入するときは、できるだけ「最新機種」を選ぶことをおススメします。

IHクッキングヒーターの最新機種を安く買うには?

IHクッキングヒーターの最新機種となるとかなり高額です。30万以上はするものが多いです(大きさや機能、メーカーにもよります)。施工業者などでお安くしてもらっても20万以上はしました。実際に見積もっていただきましたので…。

ところが、インターネットで調べていくと、最新機種が10万円代で売っているではありませんか。

インターネットなので、取り付けは購入したネットショップに頼んで工賃を払って着けてもらうのがよいと思いますが、工賃も2万円以下くらいでありますので、下手に業者に頼むよりも安くてよいものが手に入るのです。

10万円以上も安く購入できて、しかも電磁波も抑えられている。非常にお得なお買い物だと言えます。

私も最初は太陽光発電業者からIHクッキングヒーターも購入する予定でしたが、色々とネットで調べていくうちにかなりお安く買えることが分かったのです。そして、急きょIHクッキングヒーターだけは自分で手配をすることにしました。

キッチン家電で調理の際の電磁波から身を守るには?

調理中の電磁波から身を守るには、「タイマーを賢く使う」のが一番です。必要な部分だけをその場で調理してしまえば、煮込みなどはタイマーを利用してできるだけその場から離れることをおススメします。

電磁波は距離を置けば置くほど弱くなるので、例え1mでも離れた場所で別の物を混ぜたりこねたりした方がよいわけです。電子レンジもかなり強力なので、スイッチを押したら別の部屋に出ていくようにしています。

これは意識するかしないかでかなり変わってきます。電磁波を防ぐエプロンなども販売されていますが、電磁波は前からだけではなく、後ろからも回り込んで影響があるものですので、前だけにエプロンをつけても大きくは防げないのではないかと思います。

なので、必要以外は電化製品から離れて、賢く電磁波を防いでいきましょう。

この記事をシェアする

関連記事