• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いい関係を続けるために…二人で作る心と時間のスペース

Date:2013.09.01

恋愛が始まると、いつも二人でいたいと思うのは当然のこと。忙しい中、どうすれば二人でいられる時間を確保できるのか考えるものです。特に、恋愛の最初の頃は、より相手のことを知りたいと思いお互いに相手と向き合う時間を多く取ろうとするはずです。

ところが、そんな関係も長く続いてくると、相手に興味を失うわけではないけれど何故か男性は本来の自分のスペースに戻ろうとしてしまうようです。

特に、同棲を始めたり、結婚をしたりすると、突然相手が自分に冷たくなったと感じてしまう瞬間がくるのです。

関係が進んだ証拠

お互いに相手だけを見ていて満足している恋愛の初期の状態から進んだと考えることです。もしかすると、遊びの相手に飽きた…なんてマイナスの方向へ進んでいる可能性もありますが、そこは一緒にいればわかるはずです。

そうでなければ、お互いの存在が日常になったと考えるべきです。そろそろ、本来の目的地へ向かって動きだそうとしたときには、並んで前を向く必要があります。相手にとって、貴方が必ず横にいてくれるという信頼関係ができたと考えてもいいでしょう。

彼が絶えず、自分を見つめてくれなくなったという寂しさはあるかも知れませんが、貴方も自分の目的地を見据える時だと思います。

一人になりたい時もあるよね

彼だけでなく、貴方にもそんな時があるはずです。ただ、一緒にいたいと思っている時に限ってタイミングが悪く、相手が一人でいたいと表現すれば、それは悲しくなってしまいますよね。

でも、どちらかが無理をしている状態では、一緒にいても、そんな空気自体がお互いにストレスとなってしまいます。そこは、『ひとりになりたい人』に合わせてあげる努力ができればいいですね。

考え事をしたり、ぼーっとする時間が人間絶対に必要なのですから、むしろ『ひとりになれる時間を作ってくれる人』は男性から見ると素敵な女性なのでしょう。

干渉しすぎない

絶えず相手の予定や行動が気になって、すべてのスケジュールを把握していないと気が済まない…なんてことも大好きな人のことなら仕方ないですよね。でも、あまりにも干渉しすぎると、男性はそこから逃げだしたくなってしまいます。

時間のスペースは、心にも大きな影響を及ぼします。男性はすべてのことに彼女の認知がないといけないと思うと、自由な時間にさえ縛られているような錯覚を覚えてしまいます。追求や干渉は一切しない…ぐらいのことを決めて、自分の時間を楽しみましょう。

友達に会ったり、好きな映画を見たり、買い物をしたり、一人でしかゆっくり時間がとれないようなことをしてみましょう。そのうち、自分に興味を示してくれない彼の方から『今日は何してたの?』なんて聞いてくるはずですから。

話し合いましょう

自分の思うようにならなかったとしても、それを『拗ねる』という形で表現しないことです。拗ねたり、怒ったりして彼を動かすことはできるかも知れませんが、それで楽しい結果がでるとは思えません。

『面倒くさい女』と思われて、彼が一人になる時間をより欲するようになるかも知れません。思っていることは、機会を見て相手としっかり話し合う必要があります。お互いに正直に心を表現し、どうすればそれぞれの居場所と時間を作ることができるのかを話しましょう。

『なぜ、一人の時間が必要なのか?』そして、その後『なぜまた二人でいたくなるのか?』どちらも必要なのです。

近い関係で、イイ関係を続けるためには、自然体でいられるのが一番です。一人の時間を上手く作ることができれば、二人でいる時間がよりイイ時間になるのは当然のような気がします。

二人の時間にイイ笑顔と楽しい報告ができるように、是非、一人の時間を有意義に使ってみましょう。

この記事をシェアする

関連記事