• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

『ものは言いよう』。こんな言い方は彼を密かに傷つけている

Date:2013.12.16

男性はプライドの高い人が多いものです。二人っきりだと甘えたがりなのに、人前では亭主関白のような態度を取っている、という彼や旦那さんは多いようです。実のところは彼女に頭が上がらないのに、人前だけでは自分の方が優位に立っている、と見せたいのですね。

そんな見栄とプライドの高い彼は、結構傷つきやすいもの。彼女に言われた一言や、言い方に心を傷めていることもあるかもしれません。

私の彼はおとなしいし、私の言いなりだから、大丈夫。なんて彼の気持ちも考えず、ずけずけと言いたいことを、強気で言っていませんか?そんな彼女に耐えられず、優しい女性に気持ちが傾いたりしてしまうかもしれません。彼に対するものの言い方を振り返ってみましょう。

ウザい、しつこい

集中して読書をしてたり、テレビを見ている時にしつこく頭や腕などを触ってくるとイラッとしてしまうこともあるでしょう。そんな時には「ウザい」「しつこい」とつい口に出てしまうものです。

しかし、その一言で彼の気持ちも傷ついてしまいます。自分の気持ちを拒絶された、と感じてしまうかもしれませんよ。「後にして」とか「今は集中したいからやめてね」とちょっとだけでも優しく言ってあげましょう。

○○なの嫌い

『嫌い』という言葉は言われた方はけっこう傷つくものです。別にあなたのことが嫌い、と言っているわけではないのですが、『嫌い』という言葉は心にグサッと突き刺さるものです。

彼がちょっとアナタに何か注意をした時に「細かいこという男って嫌い」、仕事の愚痴を言った時に「ぐちぐち言う男って嫌い」、またはケチな男って嫌い、優しくない男って嫌い…といった具合に、『嫌い』という言葉を安易に使っていませんか?

彼に『嫌い』という言葉はあまり使わないであげましょう。

馬鹿みたい

プライドの高い男性は、バカにされるのを嫌がります。例えそれが馬鹿らしいことでも、彼女から「馬鹿じゃないの」「馬鹿みたい」と言われると、イラッとしてしまうもの。

とてもいいプロポーションの女性を見て喜んでいても、自分の応援しているサッカーチームなどが優勝して馬鹿みたいに喜んでいても、「馬鹿みたい」と冷めた目で言わずに、温かい目で見守ってあげましょう。

そんなことも知らないの?

男性は常に女性からは頼られる存在でいたいものです。でも、時には女性の方が知識が豊富だったり、彼が知らないこともあるものです。

そんな時に「そんなことも知らないの?」と大げさに驚いてしまうと、恥ずかしい気持ちと、女性から馬鹿にされている、という思いで深く傷ついてしまうもの。「知らなかった?」と軽く流してあげる思いやりを持ちましょう。

サイテー、最悪

彼が会社の出張で出かけてお土産を買ってこなかった、デートに遅刻した、デート中に他の女性をチラ見した、など些細なことだけれどイラッとしてしまうことがありますね。そんな時「あなたってサイテーね」「ホント、最悪」といった言葉で彼を傷つけてしませんか?

サイテー、最悪と言われるほど、いけないことはしていない、と思いながらも彼女の言葉に反論できずモヤモヤとしているかもしれませんよ。「サイテー」と言った後でもすぐに笑顔になってあげましょう。

気が小さいのね

男性だって不安になったり、緊張したりするものです。例えば次の日の大事な会議でプレゼンテーションをしなければならなかったりしたら、前の晩は緊張して眠れないこともあるでしょう。

そんな彼に「案外気が小さいのね」と言わないようにしましょう。“気が小さい男”なんてカッコ悪いですよね。そんな風に彼女に思われるなんて、自信をなくしてしまうかもしれません。

元彼と比べる言動

男性は誰かと比較されることを嫌います。それが元彼だったら、腹が立つものです。しかも、元彼の方がよかったことなどを言われては、口もきいてくれなくなるかもしれません。誰かと比較して、「あなたの方がダメ男」とは言わないようにしましょう。

彼の知り合いを褒める

男性は常に自分が一番でいたいもの。特に好きな彼女にとっては、自分が一番いい男として写っていたいものです。そんな彼に、「○○くんて背が高くてイケメンだね」とか「○○さんて出世したんだね」などということを言ってはいけません。

特に自分がイケメンだと思っている彼に容姿のことで、他の男性を褒めるのはNG。また、仕事のこともデリケートな問題です。出世のことを気にしている彼にとって、他人の出世話は面白くないもの。それを軽々しく話すのは、デリカシーのない女性です。

彼の気持ちを考えて、言ってはいけないことは言わないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事