• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ぽっこりお腹女子の悩み解決!妊娠と勘違いされる胃下垂を治そう

Date:2014.06.14

食後、お腹がぽっこり膨らんでパンツやスカートがきつくなる方は居ませんか?

ただ膨らんでいるだけなら一時のことと我慢できるかもしれませんが、下腹が膨らんでいる場合はまるで妊娠しているかのようで勘違いされないかと気になる方も居るのではないでしょうか。

食後に下腹部が膨らむ場合は、胃下垂の可能性があります。今回は、胃下垂になる原因と治す方法をご紹介します。

胃は伸びる?!胃下垂になる原因とは?

胃の一般的な位置は、みぞおち辺りにありますが、胃下垂の方の場合は胃が下垂してしまっているのでへそや骨盤周辺まで伸びていると言われています。

胃下垂は、痩せている方に多いことから脂肪と関連があるようです。通常であれば腹部に脂肪があるので胃が下がりにくいのですが、痩せている方の場合は脂肪がないので留まる所がなく胃が下へ伸びてしまうのです。

また、悪い姿勢も関連があると言われています。悪い姿勢は、見た目だけではなく腹部の筋力も低下させるだけではなく、体全体に歪みを招きやすくなることがわかっています。

胃下垂かどうか判断する場合は、食後のお腹の膨らみを見ればわかりますし、腹部レントゲンでも確認できます。胃腸のトラブルで消化器科や胃腸科を受診して、レントゲン撮影によって胃下垂とわかるケースも多いようです。

胃下垂になると消化不良などの胃腸系トラブルが起こりやすいですし、生理の際に下腹部を圧迫して痛みを増長させることもあります。胃下垂によって悪影響が出ている場合は改善したほうが良いでしょう。

では、次の項目から胃下垂を治す具体的な方法を4つご紹介します。

1 正しい姿勢で胃下垂を治そう

デスクワークや運転業務などをしている方は、楽な姿勢を求めて猫背になりやすいと言われています。猫背や悪い姿勢が習慣化すると背中の筋力が低下し、胃下垂を招きます。

治すためには背骨を鍛えるために背筋運動を行いましょう。ソファーの下に足首を固定させる、人に足首を持ってもらうなどして背中の筋肉を鍛えて正しい姿勢を身につけましょう。

背筋が鍛えられることで姿勢の悪さは徐々に改善されて、胃下垂が緩和されることでしょう。

また、姿勢の悪さは、整体院で施術を受けることでも改善されます。体全体の歪みを解消し、バランスを整えてくれる場所なので、興味がある方は整体も試してみてはいかがでしょうか。

2 お腹の筋肉で胃下垂を治そう

胃下垂は、お腹に筋肉をつけることでも改善できます。ご自宅で簡単にできる方法は、腹筋運動です。腹部の筋肉を意識しながら腹筋を毎日行うことで、徐々に筋力がついて胃が下がりにくくなるでしょう。

また、腕立ても腹筋運動としてお勧めです。背筋と腹筋、腕立てをセットで行えば、胃下垂の改善だけではなく基礎代謝のアップにも繋がります。

持久力が低下気味の方にもお勧めなので、テレビを観ながらや音楽を聞きながら筋力アップ運動を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

3 足を持ち上げて胃下垂を治そう

胃下垂を治すために足を上げることもお勧めです。ソファーや椅子の座る部分に両足を置いたまま姿勢をキープするという簡単な方法です。最初は足を上げているだけで圧迫感があってきついかもしれませんが、徐々に慣れてくるでしょう。

物足りなさを感じるようになったら、両足を置く場所は作らずにつま先をくっつけたままゆっくり上げて数秒キープし、次は床ぎりぎりまでゆっくり下ろして数秒キープする運動を繰り返しましょう。

伸びた胃を元の位置に戻すためには毎日行うことが大切ですから、寝る前やお風呂上がりなどに試してみてはいかがでしょうか。

4 食べ方を変えて胃下垂を治そう

食べ過ぎることは、胃を重くするので内臓を圧迫します。胃下垂を治すためには食べる量を減らして、回数を増やすことをお勧めします。「もう少し食べたいな」と思う腹八分目にすることで胃や腸の負担を軽減させることができます。

また、食べる量と回数だけではなく良く噛むことも意識しましょう。胃にかかる負担を取り除いて下垂させないためには消化能力をアップさせる必要がありますので、消化しやすいようによく噛むことや刺激物を摂り過ぎないこともポイントです。

胃もたれになりやすい方は、胃の不快感がある時や食べ過ぎた時には我慢せずに胃腸薬を飲むこともお勧めします。

胃下垂を直して冷えも解消しましょう

胃下垂の方は、体が冷えやすいと言われています。胃が骨盤周辺に下垂することで血流停滞を引き起こし、胃だけではなくその他の内臓も冷やしてしまうからです。

体が冷えるということは、代謝が落ちるだけではなく免疫力の低下や胃腸のトラブルなどを起こす引き金になるので注意が必要です。

また、生理痛がひどい方も体を冷やすことは禁物です。日頃から手足の冷えに悩んでいる方は、ご紹介した胃下垂を治す方法を取り入れて冷えにくい体作りを目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事