• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

IKEAなど海外のインテリア照明で可愛くオシャレな部屋を作ろう!

Date:2014.03.27

マグカップやジュエリーケースにはこだわって可愛い物を使っていても、「部屋全体」となると意外と殺風景だったり、色や雰囲気にまとまりがなかったりしているのではないでしょうか?

海外、特にヨーロッパでは家具のテイストを揃えることはもちろん、壁紙やカーペットも自分で好きなものに替えて、古くなった家具は色を塗り直したりして生まれ変わらせるなど、自分で好みの部屋を作るのが一般的です。

そんな習慣をそのまま真似するのは難しいですが、“部屋へのこだわり”には参考になる部分がたくさんあります。海外のお部屋作りの様子をちょっとのぞいてみませんか?

お手本は本やネットではなく“実物”を参考に

今ではインターネットが使えれば家から出なくても買い物ができますよね。ネットショッピングはとても便利ですが、実際の商品を手に取って確認できないのが難点です。

また、模様替えは洋服の買い替えのように簡単に頻繁にできるものではないので、家具やお部屋に置いておきたい小物類などは頭の中でイメージがはっきりしているうちに、まとめて揃えたいものです。

折角ですから、時間をたっぷり使える週末などに家具屋さんに足を運んでみましょう。

例えば最近注目されているスウェーデン発のIKEAでは安くてスタイリッシュな商品が手に入ると人気です。

店舗内に疑似的なお部屋がたくさんあって、「白を基調にしたキッチン」「ナチュラルな雰囲気のリビング」「ジャングルみたいな子供部屋」など、色や素材の組み合わせ方などが参考になります。

これらの部屋は取り扱っている商品で作られているので、そのまま真似できるのも特徴です。日本にはあまりたくさんの店舗はありませんが、機会があればぜひ利用してみてください。

商品を買わなくても、自分の持っているものや入手しやすい物でお部屋を作り変えるアイディアがきっと見つかるはずです。

照明器具にこだわる

家具にはとことんこだわっても、天井の灯りはごくごく普通のプラスチックカバーのついた蛍光灯だというのはもったいなくありませんか?“お城のような”とまではいかなくても、小ぶりのシャンデリアのような照明器具は海外ではとてもポピュラーです。

部屋でも仕事や勉強をする人は作業をする部屋だけ普通の蛍光灯を使ったり、そういう部屋を持たない人も部屋の照明とは別にスタンドなどを使って明るさを調節したりしているようです。

もともと部屋についている照明をシャンデリアに変えるのは難しいという人は、間接照明にこだわってみましょう。暖かな雰囲気を作ってくれるもの、壁に面白い形の影を映し出してくれるものなど、オシャレなものがたくさんあります。

どちらのタイプの照明を探すにしても、お店で実物を見てみるとどれくらいの明るさかなどがわかるのでおすすめです。

部屋に対する固定観念は捨てる

ベッドは壁際に、テレビはテレビ台の上に…などなど、知らず知らずのうちに「部屋はこうあるべきだ」という考えを作ってしまっていませんか?

もちろん普段の生活に支障をきたすようではいくらオシャレでもいただけませんが、部屋の真ん中にベッドを置いてみたり、壁にインテリア感覚でマグカップを吊るして収納してみたり、ちょっとした“非日常的”な工夫をすることで、部屋の印象もガラっと変わります。

海外のオシャレなホテルやセレブの自宅など、「普通じゃないかもしれないけど住める」部屋を参考にしてみるのも面白いですよ。

この記事をシェアする

関連記事