• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おしゃれなインテリア雑貨に変身!ハギレ捨てなくて良かった~!

Date:2013.07.21

裁断した後の余り布はどうする?

洋裁や手芸がお好きな方は、生地や素材に拘りがある方が多いのではないでしょうか?!型紙通りに布を裁断して、

  • 残りの布は思いきって捨ててしまう
  • 後で使えそう!取っておこう

ちなみに私は後者の方なのですが、みなさんはどっち派でしょうか。私は洋裁をする時、作るもののデザインを考えて、まず生地選びから始めます。

生地のこだわりは素材や色。。。リネンやコットン、麻綿混合などが好きです。麻綿混合でも、麻8割:綿3割、など作るもので拘りを持ちながら選びます。

ですから、裁断した生地の余り布は、例え小さなハギレであろうが愛着があり、使い道を考えて捨てずに取っておきます。

細長いハギレでコサージュを作ろう!

さて、私が捨てずに重宝したハギレを活用したコサージュの作り方をご紹介しますね。

≪材料≫

  • あまり布
  • 幅 3~5cm程度
  • 長さ 50cm

あらかじめお好きな布で500円玉サイズの丸い台布を作っておきましょう。色や柄をコラボして2~3種類重ねると仕上がりが豪華!

①手縫いで布の真ん中辺りをサクサクとアバウトに縫う。

②両側から糸の端を引っ張り、10cm程のクシュクシュ布にする。

③台布に「のの字」を描くようにグルグル巻いて糸で綴じる。

④仕上げに、コサージュ専用ピンか安全ピンなどを付ける。

以上で完了です!どうです?とっても簡単でしょう。

アンティークがお好きな人には、リネン素材の生地を洗濯ノリを溶かした水に浸してしばらく放置。洗濯ノリをきれいに落としてから自然乾燥。厚手のリネンのクシュクシュっと縮まった感触がアンティークに仕上がります。

15cm四方のハギレでコースターを作ろう!

10~15cm程度のハギレがあれば、可愛くておしゃれなコースターが出来あがります!

≪材料≫

  • 2種類の生地 12cmX12cm
  •  
    ※縫い代で5mmほど使う

①2種類の生地を中表にして合わす。※後でひっくり返す部分を2cmほど残しておく

②返しを除いた部分を1周グルリとミシンで縫う

以上、お好みの位置にレースやタグなどを入れるとおしゃれ効果がアップします。このように裁断した後の余り布を色々アレンジして、おしゃれ可愛いインテリアグッズに変身できます。

例えば、20cm程度のハギレから、カードケースやスマホケース、化粧ポーチ、保険証ケース。40cm程度のハギレから、ティッシュボックスカバーやバックなどが作れます。また、ハギレを縫い合わせて帽子やカフェ・カーテンなどにしてはいかがですか?

初心者の方は「四角いもの」から作ってみましょう。

この記事をシェアする

関連記事