• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お気に入り写真で世界に一つだけのオリジナルipadケースを

Date:2014.10.09

ipadcase-top

先日、iPad miniを購入し、意気揚々とケースを買いに行った母がしょんぼりとして帰宅しました。「オジサン用みたいに全く可愛くないか、すごーく若い子っぽいのばっかり…」と。

思うようなケースが見つからず、悩んだあげく究極にシンプルな白いケースを購入したものの、どうやら期待していただけに意気消沈している模様。そんなわけで、娘、立ち上がってみました!(いいネタが見つかったぜ!と思ったのは内緒です)。

どうせなら、どこにも売っていないようなものを作りたい。我が家の愛犬写真を使って、母を喜ばせよう企画!いってみましょう!

準備するもの

・iPad等のケース
・写真:お好きなもので。
・UVレジン液

・シリコンマット:100円ショップで購入できます
・お盆もしくはお菓子の缶の蓋
・接着剤:ケースの素材に使用できるもの

・はさみ
・針もしくは爪楊枝
・使い捨てスプーン
・デコレーション用資材:お好みで。

今回使用したのはこちらのケース。

うわぁ~みごとにまっしろだねぇ~

こんな風に立てて使うもののようですので、邪魔にならない位置にデコレーションしたいと思います。

【画像挿入:10画像5】

1.写真パーツを作る

まずは写真パーツ。自宅でプリントしたものです。輪郭の少し外側を切り抜いていきます。

本体を切ってしまわないように丁寧に進めましょう。ハサミではなく写真の方を動かして切ると切りやすいですよ。

切り抜き完了!

ケースに載せてみて、大きさを確認しましょう。大きすぎるようなら、縮小してプリントし直してくださいね。

お菓子の缶の蓋など、平らなものにシリコンマットを敷き、その上で作業します。
※UVレジンがくっつかないのはシリコンだけですので、必ずシリコンマットは必要です。

写真目がけてUVレジンを垂らします。全体に3㎜程度の厚さでコーティングできれば良いので、あまり液を出しすぎないように気を付けましょう。はみ出ない程度に垂らしたら、スプーンで塗り拡げます。

細かい所もお忘れなく!

多少ははみ出ても大丈夫ですよ。あまり神経質にならずに。斜めから見てみると、光が反射してどこが塗れていないのかがわかります。

全面を覆えたら、そのまま窓辺等、紫外線の当たる場所で硬化させます。埃などが付かないように気を付けてください。

今回使用したレジンは5分ほどで硬化しました。種類やお天気などによって時間が変わりますので、レジン液の説明書を熟読してくださいね。
さて、硬化したこちら。

外側にはみ出た部分はハサミで切ることができます。丁寧に切りましょう。

全て切り取ったら裏にも液を塗り、同様に硬化→はみ出た部分を切り取り、の作業をしてください。

これで写真パーツは完成です!

ちなみに、シリコンマットに付いたレジン液は、マットをクシュクシュとさせることで取ることができます。シリコンマットってすごい!と毎度感動させられる瞬間。

細かい粉が取れないときは、ガムテープや掃除用コロコロで簡単に取れます。…やっぱりシリコンマットってすごい!

2.ケースに貼る

出来上がった写真パーツを、貼っていきましょう。

裏面全体に接着剤を塗ります。今度ははみ出さないように注意が必要です。

位置を決めてケースに貼ったら、

重しをして乾かします。なかなか乱暴な図ですが、私は先ほど使った缶の蓋の上に
ダンベル(1.5kg×2)を載せてみました。重すぎるときっとiPadが割れるという事件が起きると思うので、その辺は良きに計らってくださいね。

3.デコる

写真が無事に貼りついたところで、次はこちらをデコってみたいと思います。因みに我が母の好みは「控えめにキラキラ」なので、そんな感じで。

このあたりを使ってみようと思います。使用したのはパールとスワロフスキーのラインストーン(クリスタル)。ビーズパーツ専門店等で、数百円で購入できます。

針に接着剤を付けたら、貼りたい場所に塗ります。

接着剤の上にパーツを載せます。ここで使用しているのはマジカルピックという、ラインストーンを持ち上げることができる凄い奴です。カナリできる子。なくても作業できるけど、あるととっても助かります。

…と、少々脱線しましたが。お好みのところに、お好みのパーツを貼ったら完成!です。

いかがでしょうか?今回の目的「母を喜ばせる」は、大成功でした。時間をかけた写真パーツよりもキラキラデコがツボだったらしいのは少々納得がいきませんが、目的は果たせました!

余談ですが、こちらの写真のワンコを周りが引くほど溺愛している兄が地団太踏んで欲しがっているので、ちょっとニヤリとしました。優しい妹は、彼に作ってあげようか検討中です。

ペットの写真だけでなく、お子様の写真や、お気に入りの旅行写真等、なんでもお好みでお試し下さいね♪

この記事をシェアする

関連記事