• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気持ちよい一日を過ごそう!小さなことでイライラしないためのヒント

Date:2013.09.09

日々生活する中でイライラするようなことにぶち当たることはざらですよね。特に職場ではイライラしない日の方が珍しいくらいなんて感じる人も多いのではないでしょうか。でも、それって、本当にイライラしなくてはいけないことですか?

たいしたことでもないのに、まるでこの世の終わりかのように反応してしまっていませんか?気分が悪い状態でいるのは疲れてしまうだけで、健康に悪く、寿命にも影響するともいいます。

そこで、ちょっとしたトラブルに見舞われたとき、少し、考え方や行動を変えてみませんか?それだけで気持ちの良い一日が過ごせるはずですよ!

1. 目覚ましを止めて寝過ごしてしまった

寝過ごしてしまったものはどうしようもありません。今するべきことは、とにかく落ち着いて準備をすることです。

急がば回れという言葉があるように、焦ってばたばたとしてしまうと、財布を忘れてしまったり、心配して声をかけてくれた彼と思わず言い争いになってしまったりなんてことになりかねないのです。

それこそ時間の無駄ですよね。そこで、カーテンをしっかりと開けて、身体に日の光を一杯に浴びましょう。気分を良くして身体を活性化してくれるセロトニンが脳内で分泌されます。気分を上げたら、いつもと同じように落ち着いて準備をしましょう。

2. オフィスとは程遠いところで渋滞に巻き込まれてしまった

長距離通勤は高血圧になったり、体重が増えたりと色々な健康への問題が懸念されるとも調査で明らかになっています。そこで、もし渋滞に巻き込まれたら、口角を上げて笑った口の形をとってみましょう。そうすると、気分が自然に良くなってくるのです。

それで落ち着いたら、会社に連絡を入れて遅刻する旨を伝えたらいいのです。そしてお気に入りの音楽を聴いて気持ちを落ち着かせてあげましょう。

3. 上司がいきなり今日中に仕上げなくてはいけない仕事を持ってきた

いきなりのことで、怒りを感じたりストレスや恐怖を感じたりするのは自然ですし、悪いことではありませんが、その気分をいつまでもずるずると引きずってしまうのは問題です。機嫌が悪い状態で嫌々と仕事をしても、良い結果は出ません。

まずは大きく深呼吸をして、自分に「大丈夫、今までだってどんなにプレッシャーがかかってきてもやってきたんだから」と言い聞かせましょう。

そして、これはやらなくてはいけないと脅されているのではなく、チャレンジとしてやっているのだと考えて、温かいお茶を飲んでみたり、ラベンダーのアロマオイルをかいでみたりしてリラックスし、気持ちを落ち着かせてみましょう。それだけで効率が上がり、集中力もアップするはずです。

4. 一ヶ月前から計画して楽しみにしていた約束なのに友達からドタキャンが入った

そんなことが起こったら本当にがっかりしてしまいますよね。ちょっとうらみたくなるような気分になってしまうことも…でも、自分が知らない友達の都合を理解してあげることも必要です。

それでも何かイライラしてしまうという場合は、バナナ、オーツ麦、牛乳、ピーナッツなどの、気持ちを落ち着かせてくれるトリプトファンという物質が豊富に含まれている食べ物を摂ってみましょう。

落ち着いたら友達の事情ももっと理解してあげることができて、次の約束を楽しみに待つことができるはずです。

5. 忙しい今日に限って彼に帰り道に買い物をしてくるようにメールが入った

「もう、自分は何もしてくれないくせに、頼むことばかり頼んで!」なんて思わず愚痴が出てしまいますよね。でも、人助けをしてあげて、その人を幸せにしてあげることは心身的にとてもよいものとなるのです。

そこで、気持ちを切り替えて、彼の頼まれごとを済ましてあげましょう。これで彼が喜んでくれる、その前向きな思いが自分の満足感となり、自分の気持ちを幸せにしてくれるものになるのです。

いかがでしょうか?小さなことにイライラしていても損なだけです。イライラしてその状況が悪化するばかりなら、気持ちを切り替えて前向きにして、状況を好転させた方が得ですよね。是非前向きに、リラックスして過ごすように、気持ちに余裕を持てるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事