• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

イライラ、八つ当たり、そのストレスで損をしている:原因と対処法

Date:2013.09.15

ストレス体質?原因を知り、ストレスに負けない自分づくり

最近、気分の上がり下がりが激しいとか頻繁にあるなどと感じる事はありませんか?
勿論、原因は現代社会とは切っても切れない「ストレス」。

ストレスを軽減出来ればそれに越した事はないのですが、人間関係や自分のイメージに、いろいろと敏感な私達女性にとって、それはほとんど不可能です。なので、やはり自分自身を「ストレスに強い」体質に改善していかなければなりません。
そこで、原因を知って、対処法を少しご紹介します。

血糖値の上がり下がりでムードも上下する

皆さん、「血糖値」はご存じですよね。
これは血液中のブドウ糖濃度を示す数値で、年齢や性別で異なりますが、血液1デシリットル当たり約70~100ミリグラムが平均的な数値になります。ですが、この血糖値の上下がムードに大きく影響してくるのをご存知でしたか?

血糖値の上下により体内で糖分の補充、消化を促そうとホルモンが分泌されるのですが、そのホルモンが正にムードの鍵を握っているのです。
例えば、血糖値が高いあるいは上がり気味の時は、苛々したり、怠くなったり、集中力も低下し物事がハッキリと考えられなくなります。
逆に血糖値が低い場合は、血糖値を上げようと、あの血圧を上げる作用もあるアドレナリンが分泌され、怒りっぽくなったり、頭が混乱したり、不安感をも誘い、酷い場合は大声を上げて人に八つ当たりしたり、動悸や冷や汗など自分でもコントロールの効かない言・行動をしてしまう事も有るそうです。

もし、「この間、逆ギレしてつい大声を上げて友人に文句を言ってしまったのは確か空腹時だったかも…」と思い当たる方は是非、自分の血糖値を一度調べてみて下さい。
糖尿病の方は勿論ですが、予備軍という可能性もあるので、糖分の量を抑えたり、低血糖気味の方はお腹が空いた時の為にキャンディーやチョコレートを常に持っておくという対処もできます。

タイプA型はストレスを受けやすい

心理学では人の性格を分類する時に、生真面目で完ぺき主義で負けず嫌いな人をタイプA型と呼びます。
実直で向上心が高いので社会で成功されている方も多いのですが、一旦、理不尽で自分の理に合わない事や中途半端な事に遭遇してしまうと、もう気になって仕方がない「ストレス体質」なのです。

ストレスを受けると外向型のタイプA型は人を非難したり責任を追及し過ぎて人望を無くしたり、内向的な場合は自分を責め、暴飲暴食やタバコの量などが増え、体調を崩す事も多いのです。
「タイプA型の傾向があるかも…」と思われる方は、時には自分の敗北を認め勝利を相手に譲り、目先の利益だけでは無く自分のキャリアや人生の視野をもっと長期的に見て、一日一日を大切に「今日の仕事はここまで」と欲張らずに過ごしてみるのをお勧めします。

悪くも、良くも習慣はストレスを受けると過剰に出ます

アメリカのストレスの調査で、普段から運動不足で食事にドーナツやピザなど高脂肪、高カロリーの食事をしている人達はストレス時には更にその量が増え、抵抗力を落とし、心身共にストレスレベルを上げる事が分かっています。
逆に普段から適度な運動や、栄養に気を使った健康的な生活をしている人はストレス時には特に精神・身体の健康に気を付け、抵抗力を上げてストレスレベルを下げている傾向があると研究結果が出ているのです。

勿論、自己管理のきちんと出来ている人ならば、栄養管理の徹底や運動量を調節する事も何ら問題なく出来るかもしれませんが、大概の人たちはストレス時にはいつもの習慣がより濃く出てしまう様です。 

結局、ストレスに強い自分を作るにはやはり、自分を良く知り、普段から栄養・体調管理や精神衛生の管理をしておく事が重要だという事ですね。

この記事をシェアする

関連記事