• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

怒りは自分の中にある?イライラと上手に解消する3つの方法

Date:2013.04.21

女性のホルモンは、一定ではありません。生理や排卵などホルモン増加や減少によって精神が不安定になる、怒りっぽくなる、ストレスを溜めこんでしまうなど気持ちも合わせて変化します。

特にイライラは、仕事や家庭でも周りに害を及ぼすことがあるので上手に向き合う必要があります。今回は、怒りと上手に付き合う為の3つの方法を御紹介します。

1、何についてイライラしているのか書き出してみる

理由は無いけれどイライラすることはありません。何か原因があるはずです。例えば気分転換で流しているラジオ番組にイライラ、食事作りにイライラなどまずはイライラしている原因を突き止めましょう。

その際に、客観的に見ることが出来るように書き出してみましょう。ヒトの脳は複雑ですが、書くことで明瞭になり気持ちを処理することが出来ると言われています。

現在のことでも過去のことでも、あなたが今イライラしていることを書き出し、それらをどうすべきか考えましょう。ラジオにイライラしている場合は消して音楽をかければいいでしょうし、食事作りにイライラしている場合は外食か出前をとる方法があります。

過去の失敗を思い出してイライラしている場合など、解決できない問題の場合は忘れるしかありません。そんな時には本やドラマ、映画など自分以外の誰かの人生に集中して、自分の過去を忘れて非現実世界へ浸ることをお勧めします。

2、怒りは笑いと会話で吹き飛ばす

怒りに任せてケーキやチョコレートなど好きな物を食べるという方が居ますが、体重が増加するだけではなく血糖値にも影響を及ぼすので止めましょう。特に血糖値は砂糖によって一気に上昇し、下がると共に疲労感や脱力感を与えることがわかっています。

怒りには笑いと会話が効果的です。好きなお笑い芸人のDVDを観る、友達と世間話に花を咲かせるなど、なるべく一人でイライラに浸らない様に楽しい時間を作る努力をしましょう。

3、最後は無理せず、我慢せず、現状維持

色々してみたけれど、何をしてもイライラするという時は、「ホルモンのせいでイライラするのだ」と諦めましょう。

子供やペットの世話など生命にかかわるような事は、家族や友人にお願いしてみる、片付けられそうにない仕事は早めに助けを求めるなど頼ってみることをお勧めします。

無理や我慢はイライラを募らせるだけですから、気分が元に戻ったらまた始めようと前向きな気持ちで現状維持に努めましょう。

ホルモンバランスの乱れが原因かも?!

女性の場合のイライラはホルモンが影響しているとお話ししましたが、稀に月経前症候群や子宮内膜症などの病気が精神に影響を与えている場合もあります。誰かを傷つけそうなほどイライラする場合などは、一度婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事