• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どうしても同棲中にイラっとさせてる女性の言動9選【vol.2】

Date:2013.04.25

4.結婚情報誌を毎月5誌買ってくる

「同棲してからというもの、彼女は毎月、結婚情報誌を5誌も買ってきます。雑誌のあちこちのページにふせんをつけたり、ページの端を折り曲げたりしています。

情報誌の脇には電卓があり、時には、僕が見て欲しいページに電卓を挟んであります。いまの僕の稼ぎでは、とても理想の結婚式を挙げることができないという暗黙のメッセージだと思うのですが、正直ウザいですよね。僕は結婚式は簡素でいいと思っているので」(28歳・公務員)

同棲=結婚の準備と思うのであれば、いっそのこと、オープンに口に出して彼にそう言えばいいと思います。思っていることを腹に溜めることから、同棲中の不幸は始まるのです。

5.歯を磨くと「オエ~」っと彼女が言う

「あんなのおっさんですよ。彼女がタバコを吸うのは、僕はかまわないと思うのです。僕も吸うので。でも、朝起きて、歯磨きをしながらオエッと言うのは勘弁して欲しいですよ。おっさんがいつの間にか家の中に入ってきたのかと思いましたよ」(30歳・飲食)

親しき仲にも礼儀ありということでしょう。彼の前で風呂上がりに平気で裸のままウロウロするのも、長い目で見て、あまり良いこととは言えないでしょうね。

6.オレのジャージが消えた

「ある日、僕が愛用していたジャージが消えました。彼女に『オレのジャージは?』と聞いたら、『汚いから捨てた』と言われました。

たしかに毛玉がいっぱいで、僕もそろそろ捨てようかなと思っていたので、捨てる手間が省けたということも言えますが、人のものを勝手に捨てるんじゃね~よ」(30歳・自動車)

そうですよね。彼のものは彼のもの。私のものは私のものです。ここを間違えると、日韓関係とか日中関係のような、ややこしいことになります。

自分の主張を拒否されるのなら…

男は女性に幻想を抱いており、女性は男に幻想を抱いています。幻想が崩れるのが嫌であれば、同棲はしないことです。また、価値観をはっきりと彼に主張できないのであれば、距離を置いてつきあうべきでしょう。

私は500万円の結婚式を挙げたいとか、私は歯を磨いたらオエっと言いたいとか、そういう主張をはっきりと彼氏に述べて、それで彼がNOと言うのなら、それまでの恋だったということです。最終回に続きます。

この記事をシェアする

関連記事