• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彩りのある女性はモテる!色を使って幸せを呼び込む8つの方法

Date:2012.04.24

記録的な暖冬の年だったとしても、あなたの天気は灰色の空に覆われたウィンターブルーになってはいませんか?そんな曇り空を追いやって、毎日を晴れ渡る清々しい空へと変えましょう!

あなたの不機嫌な気持ちを変える効果的で簡単な方法のひとつに、色であなたの生活を明るくするという方法があります。研究では色のセラピー効果が実証されていて、あなたの気分を上げるナチュラルな方法です。

私達はもっと色を効果的に生活に取り入れるべきです。では、どのような取りいれ方があるのでしょうか?

カラフルな洋服を着る

考えてみてください。暗いグレーのセーターを身につけた時と、明るい黄色のセーターを身につけた時では、どちらの方が陽気な気分になりますか?

明るい色の服は、簡単にあなたを陽気な気分にさせます。そして、あなたの周りの人達も、あなたの明るい色を視覚的に吸収して、明るい気持ちになります。

つまり、周りの人にも効果的なのです!冬の間、人々は暗い服を着る傾向にあります。しかし、より暗い色を着れば、あなたの気分はより暗くなるのです。より豊かで鮮やかな色を着るようにしましょう。

黒やグレーを多用して着ていると、うつ病を引きおこすこともあります。今すぐあなたのワードローブをチェックしてみましょう。今日から意識して明るい洋服を身につけてみませんか?

家やオフィスをペイントする

あなたの家や仕事場を明るい色に塗り替えることで、刺激的で活気ある雰囲気へと変えることができます。黄色やオレンジのような鮮やかな色は刺激的で温かさで部屋を一杯にしてくれます。

それに比べて、グレーやブラウンのような暗い色は、退屈で単調な気持ちにさせます。冬のブルーやSAD(季節性情動障害)に陥る人は、自分の周りに明るい色を置いて気持ちをハッピーにしていきましょう。

黄色やオレンジは喜びと笑いを促したり、手助けになってくれます。もっとあなたの周りに明るい色を置いて、もっと幸せになりましょう!

また、ラベンダーやピンクのようなパステルカラーはストレスを解消してくれます。ソフトでなめらかなパステルカラーは穏やかな気持ちにさせてくれます。

鮮やかな小物を置く

もし、壁の色を変更できない場合は、楽しくなる色味の枕やラグ、カーテンやアートな小物を配置してみましょう。

ブラウンや生成りアースカラーの壁は無難であわせやすく、賃貸のマンションなどにはとても便利ですが、あなたのリビングやオフィスをもっと明るくすることを提案します。

例えば、シンプルで鮮やかな花瓶やひまわりの花、ウォールデコレーションなどの小物を使うといいでしょう。

電球を変える

ここまでで、まだあなたは「なるほど!」と頭の中で電球が光ったり、明るさが見えてきたでしょうか?まだなら、文字通り気分や生産性を高めるために電球を付け替えましょう。

フルスペクトルライトは、虹の色全部を出力している自然光とそっくりで、ウツな気分を取り除いてくれます。もっとも大事なことは、あなたの部屋にいいライトを使うことです。

あなたの気分を高めることが目的なら、普通の電球や節電タイプの電球は最善の選択ではありません。頭上の電球を追加したり、太陽光をとりいれる天窓などで、部屋の中で自然な太陽光をあびているような気分にさせましょう。

食べ物にも彩りを

レインボーカラーを食べると、体にいいだけでなく、あなたの気分にとてもいいです。黄色、オレンジ、緑色、赤色の食べ物やオイルやスパイスを匂ったり食べたりしてみてください。

それらには、健康的に有益であるだけでなく、喜びや安定もしくは情熱の感情を呼び起してくれます。

冬の季節、私達は茶色や小麦色したマッシュポテト、具たくさんのスープやパスタをよく食べたりします。夏のように色とりどりでフレッシュな食べ物ではなく。

しかし、夏のようにカラフルな食べ物を食卓に並べれば、あなたはもっと食事が楽しくなり、栄養的にも高くなるでしょう。

カラーセラピーグラスをかける

ローズ色のメガネをかけるとギャルのように見られるでしょうか?色のお話でいうと、きっとそのメガネはあなたの気分にいい作用を与えるでしょう。

レンズの濃淡で、体内に取り入れる光のスペクトルを集中することができます。それ故、あなたの気分はレンズの色によって高まります。

黄色やオレンジのレンズはセラピーグラスとしては一番いい色です。特にSAD(社会不安障害)の人にとっては効果的です。

しかも黄色みがかったレンズの優れたところは、それをつけてドライブしても信号の色がちゃんと見えるところです。その他にも黄色は、集中力を高め、学習能力を向上させるのにとても効果的です。

色を想像する

たとえ、家の無地の壁を大幅に塗り替えることができなくても、毎日陽気な色の服を身につけられなくても、明るい色に関連した色を想像することによって、気分をあげる手助けになります。

とっても簡単なことです。日差しのふりそそぐお天気のいい日にカラフルで明るい植物に囲まれて、ビーチに寝そべっていると想像してください。この瞑想を繰り返すことによって、あなたはより幸せに楽しく感じるようになるでしょう。

カラーセラピーを体験する

カラーセラピーは、特別なカラーライトのもとで、管理されたカラーセラピートリートメントを受けることで、あなたの気分にもっとも啓発的な色を決めてくれます。

例えば、赤や赤外線ライトセラピーを使って、炎症を治療したり、新しい健康的な細胞の成長を刺激したりします。ほとんどの場合、赤や青のカラーセラピーが使われますが、これらの色は電球では表示できない色です。

しかし、気分の改善には黄色やオレンジのカラーセラピーが行われます。カラーセラピーで使われる色は、患者が何を治療したいか、どのような色の効果を求めているかによって変わってきます。

この記事をシェアする

関連記事

コメント