• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

選ぶ色が印象を決める!色を使いこなして恋愛上手な女になる方法

Date:2015.04.27

shutterstock_240185032 - コピー

出掛ける時には服やバッグ、靴などその日の気温や天気などを参考にして入念に選んでいる女性は多いでしょうが、色は気にしていますか?

素材や着やすさだけではなく、色を吟味することはあなたの印象だけではなく恋愛にも深く関係していることはご存知でしょうか。

今回は、青色や赤色、白色など様々な色を上手に使いこなして恋愛上手な女性になる方法をご紹介しましょう。

男性が好む色と女性が好む色の違いとは?

一般的に男性が好む色は寒色系で、女性が好む色は暖色系と言われています。

  • 男性は青系統を好み、爽やかさや誠実さを求める傾向
  • 女性は茶色や桃色など、温かさや和やかさを求める傾向

男女共にクールに見せたい時や人を寄せ付けたくない時には、黒色や紺色を選ぶ傾向にありますが、暗い色は相手を警戒させる、寄せ付けにくい印象を与えるなど恋愛には不向きな色ですから、恋愛上手な女性になるためにはあまり使わないほうが良いかもしれません。

恋愛上手な女になるための色別効果とは?

男女が好む色をご紹介しましたが、必ずしも相手に気に入られる色とは限りません。人それぞれ好みの色が違いますので、気になる男性が居る場合にはネクタイや靴、車など持っている物をチェックして色の好みを探ってみても良いでしょう。

また、好きな男性が求める女性像に近づく色を使っても良いでしょう。では、色が人にもたらす効果を詳しくご紹介していきましょう。

大人の女性を演じたいなら「青色」

男性が好む青色は、冷静で落ち着いた印象を与えます。長男長女が好みやすい色で、自分の気持ちを上手く伝えられず、本音は隠してしまう傾向にあるようです。青色は、経営者向きの色とも言われており、単独行動や孤独という寂しげな印象を与えることもあります。

年下の男性と恋愛する時に向いている色と言えます。大人の女性を演じたい場合には母性や慎重さを相手に印象付けることができるでしょう。

男性を振り向かせたいなら「赤色」

赤色は、情熱的な色なので恋愛には向いている色と言えるでしょう。社交的な女性や行動的な女性に人気の色です。交渉に向いている色なので、なかなか振り向いてくれない男性を恋愛相手に選んだ時には赤色で挑んでも良いでしょう。

しかし、赤色は派手な印象があるので遊び好きや目立ちたがりの女性という印象を相手に与えることもありますので、相手を選ぶ必要があります。地味系な男性や堅実な男性と会う場合には避けたほうがい良いかもしれません。

個性的な印象を与える「紫色」

紫色は、感受性が豊かな女性が好む色で美意識が高いという共通点もあります。大人っぽく見られたいという気持ちから選ぶ方も居るようです。

男性には、神秘的な女性というイメージを持たれる一方でとらえどころがない不思議ちゃんと困惑されることもあるようです。

個性的な印象を与える色なので、個性的な男性からは受けが良いでしょう。気難しいというイメージもある色なので、軽い恋愛を楽しむ場合には多用しないほうが良いかもしれません。

爽やかさや清楚さを与えたいなら「白色」

白色を好む女性は、下記のように真面目な傾向にあるようです。

  • 完璧を求める
  • 正義感が強い
  • 理想が高い

恋愛にもその傾向が出るので、自分の思い通りに動く男性を求めるようですが、仕事面では潤滑油的な存在になるので、頼られ重宝されることが多いと言われています。

結婚式で新婦が着るドレスと言えば、真珠のようにくすみがない純白です。爽やかさや清楚さを与える色なので、男性の中には「汚れない色」と捉えて避ける場合もあるようです。

女性との恋愛経験が少ない男性には人気があるようですが、多少なりとも恋愛経験がある男性の場合には、理想像が強い女性とも思われて敬遠されることもあるようです。

好きな男性色に染まる女性と分かってもらえるように、明るい色の小物やアクセサリーで白色の印象を少し抑えると良いでしょう。

かっこよさを演じたいなら「黒色」

黒色は、自分の心の弱さや不安を隠す色とされており、メンタル面が弱く、他人との関係を避ける女性が好む色と言われています。

干渉されることを嫌い、協調性に欠けることから普通の恋愛ではなくお互いに全てを明かさない大人の恋愛をする時に向いている色と言えるでしょう。

また、黒色はおしゃれな都会の女性というイメージを与えることから、可愛らしさではなくかっこよさを出したい場合にはお勧めの色です。女性的な優しさを求める男性ではなく、かっこいい女性を求める男性と恋愛したい時に使うと良いでしょう。

落ち込んでいる男性を元気にさせる「黄色」

黄色は、明るく社交的で、平穏な生活よりも冒険のような心揺さぶられる毎日を求める女性が好む色と言われています。集中力や知性を高める色と言われているので、何年もかかりそうな男性を落とす時に向いている色と言えるでしょう。

楽しい気分にしてくれる色なので、落ち込んでいる男性や仕事で疲れている男性と会う時に向いている色です。

しかし、誰とでも打ち解けるという印象を与えるので「自分だけではなく他にも男がいるのかな?」と相手を不安にさせることもありますし、気軽に誰とでも話す女性という印象は、落ち着いた大人の女性ではなく幼さが残る女性という印象を与えることがあるようです。

場を明るく陽気にしたいなら「橙色」

太陽のように明るい印象を与える橙色は、陽気で思いやりがあり、社交的な女性が好む傾向にあります。

  • 自分の意見をはっきり言える
  • 向上心がある
  • 好奇心旺盛

上記のように「前向きな女性」という印象を与える色です。

何もない大地に咲く一輪の花のように場を明るく、陽気にする橙色は恋愛向きの色と言えますが、恋愛トラブルに巻き込まれないように注意も必要です。多くの男性を引き寄せてしまうと中には不実な男性も紛れていることがあります。

誰でも受け入れる女性と勘違いされないように、勘違いされたくない相手には笑顔を見せないなどの対処が必要になるでしょう。

男性の警戒心を解きたいときは「桃色」

桃色は、甘えん坊で人に優しい女性が好む色です。自分の世界に浸るロマンティックな女性が多いので、現実を直視しない、老いを望まないなどワガママな面もあるようです。桃色は、男性の警戒心を解く色なので、親しくなりたい男性がいる時には向いています。

また、母性を感じさせる色なので年下の男性に人気があります。自身が甘えん坊で男性に甘えられたくない場合には避けたほうが良いでしょう。

喧嘩の時冷静に話し合える「緑色」

自然を連想させる緑色は、争いを好まない平和主義の女性が選ぶ傾向にあります。人との関係を気遣えるという良い面がある一方、気遣いや気配りし過ぎて自身が疲れるという悪い面もあります。

ストレスを抱えることも多く、誰かに打ち明けることもできないのでリラックスや息抜きを上手に取り入れないと恋愛だけではなく、仕事の同僚や友達との関係も息詰まってしまうので注意が必要です。

恋愛面では、安心感を与える色なので身に着けることで「この女性の前でなら自然体で居られる」といつも気が張る仕事をしている男性には好まれるでしょう。行き違いでの喧嘩をしても緑色の効果で、冷静に話し合うことができます。

また、現状維持にも適した色ですからすぐに付き合わずに、片想いか両想いかわからない微妙な関係を楽しみたい時にお勧めの色です。

安心感を与えて信頼してもらえる「茶色」

調和の色である茶色は、家庭や社会との関係をスムーズに進めたい女性が好む色です。自然界にもある土の色であり、あまり目立たない印象がありますが無くてはならない色なので恋愛でも男性に安心感を与えるので居なくてはならない存在になりやすい色です。

堅実で信頼できる女性というイメージを持たれるので、何か秘密を抱えている男性や頼られるよりも頼りたいと思っている男性と会う時にはお勧めの色です。

迷った時には無難な色は「ねずみ色」

色の効果についてご紹介してきましたが、どんな色にしたらよいか迷った時には無難な色であるねずみ色を選ぶことをお勧めします。ねずみ色よりもグレーというほうが一般的ですが、この色は控えめで相手に合わせる女性が好む傾向にあります。

相手を引き立てる色でもありますので、どんなタイプの男性にも良い印象を与えることができるでしょう。ねずみ色は、明るくも暗くもない中間色です。スタイルも重たくならず、すっきり見えますので迷った時に使ってみてはいかがでしょうか。

モテる女性のインテリアの色とは?

モテる女性は、服や小物の色だけではなくインテリアの色にもこだわるべきではないでしょうか。恋愛にお勧めのインテリアの色をご紹介しましょう。

神秘的な雰囲気を出す「黒色」

黒色は、服や小物に利用する場合は恋愛に不向きな色とご紹介しましたが、インテリアに使うことで神秘的な空間を演出できるのでお勧めです。

オフィスカラーでもよく使われる黒色ですが、黒色だけではなく白色や赤色などアクセントになる色を取り入れることで重くなりすぎずメリハリが出ます。

仕事ができそうな大人の女性として見られたい場合には、キャラクター物を置いてしまうと雰囲気が壊れてしまいますので注意しましょう。

恋愛気分を高める「赤色」

恋愛に向いている赤色はインテリアにもお勧めです。部屋の壁や家具などポイント使いするだけでも体感温度が上がるという効果もあります。気になる男性と過ごすことで気分も高まり、積極的な態度をとることができるでしょう。

恋愛の不安を消す「黄色」

ソファーやクッション、カーテンなど部屋のアクセントとして使いやすい黄色は、不安な気持ちや自身の無さを取り除く効果があります。

気になる男性と過ごす時に緊張してしまう方は、黄色を取り入れることで堂々と振る舞うことができるでしょう。また、臆病な男性にも元気を与える色なので告白して欲しい時や友達以上の関係になりたい場合などにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

恋愛運を上げる「桃色」

桃色は、恋愛運が上がる色として風水では人気の色です。部屋全体を桃色にすることで優しい雰囲気になるでしょう。普段は桃色を小物や服で取り入れずにボーイッシュな女性なら桃色の部屋でギャップを演出しましょう。

手料理を振る舞って普段は見せない女性らしさを存分に発揮してみてはいかがでしょうか。

言葉遣いや声も恋愛には必須!

shutterstock_170947367 - コピー
色がもたらす効果についてご紹介してきましたが、人の印象は外見だけではなく言葉遣いや声色によっても左右されると言われています。美しい発音やユーモアのある話、初対面の人への敬意を示す敬語は相手に良い印象を与えるものです。

また、ゆっくりと穏やかに話す女性は、上品さや気品さを引き立たせますので、色の効果も使いながら素敵な男性との恋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事