• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

好きになってほしい男性の前で絶対言ってはいけない“こんな話”

Date:2013.02.22

shutterstock_114011836 - コピー

女性は基本的にはおしゃべりなものですね。何でもしゃべれる友達の前では、何も気にすることなくおしゃべりをしてしまうもの。でも、すれは女友達だから許される話、というものもありますよね。

男性が聞いたら、そんなことをしゃべっているのか、と幻滅されてしまうかも、という場合もあります。

また、好きな彼の前では無口になってしまうこともありますが、反対にうれしくなっておしゃべりになってしまうこともありますね。そんなときは要注意ですよ。舞い上がってしまって、言ってはいけない話や、嫌われてしまうような話をしてしまうことも。

「そんな話するつもりじゃなかったのに」と後悔しても始まりません。好きな人の前で絶対してはいけない話とはどんな話でしょう?

昔の彼の話

大人になればなるほど、過去に恋愛をしていきているのは当然です。その恋愛のおかげで、今のあなたがあるかもしれないのです。しかし、男性は昔の男の話しなど聞きたいとは思っていません。男性は嫉妬深いものです。

たとえ、自分がどれだけ遊んでいても、あなたが語る昔の恋愛話を、物分りのいいような顔をして聞いていても、内心は穏やかではないでしょう。もしかしてまだ昔の男に未練があるのでは?なんて思われてしまうこともあります。

それが悪口でもいけません。自分もいつか、こんなふうに悪口を言われてしまうのだろうか、と思ってしまうからです。彼には昔の恋愛の話、昔の彼の話はタブーですよ。

友達の悪口

他人の悪口は誰が聞いていてもいいものではありませんね。ましてや、女友達の悪口を彼の前で言うのは自分をおとしめてしまうものです。

「彼女、顔はキレイだけど性格がちょっとね…」なんて言いがちですが、それは嫉妬しているの?と思われてしまうかも。悪口の内容よりも、それを話しているあなたの姿が美しくはないと感じてしまいます。

「私、あの人嫌い」というのもあまり言いすぎると、わがままな女性、とみられてしまいますから、自分の好き嫌いは言わないようにしましょう。

下ネタ話

女性でも下ネタで盛り上がる人もいますが、好きな男性の前では控えた方がいいでしょう。盛り上がれるのは、その女性を女性として見ていないから。好きな彼と下ネタで盛り上がったとしたら、彼はあなたとの真剣な恋愛は思い描けなくなるかもしれません。

男性は奥ゆかしい女性は好きです。また、下ネタで盛り上がるような女性は「遊んでいるのかも?」と思われてしまうかもしれませんよ。

『私はできる女なの』という話

好きな人の前では自分の自慢をした気持ちも分かります。それが、料理が得意、とか親を大切にしている、というかわいい、女性らしい自慢であれば好感度アップですが、男性の前でしてはいけないのが仕事の話。

自分はどれだけ上司に信頼されているか、それだけ仕事ができるか、「次のプロジェクトではリーダーとして…」という話はすごいな、とは思っても「かわいい女性」としては見てくれないでしょう。

また、仕事熱心なのはもちろん、悪いことではありませんが、それを自慢すると、男性は「ついていけない」と感じてしまうかもしれません。

自虐的な話ばかり

自分の失敗談や自虐手な話ばかりしていると、聞かされている方も面白くないですよね。「私なんて…」と言われても、そればかりだと慰めの言葉も尽きて聞いているのも疲れてしまいます。

ときどきの愚痴はいいかもしれませんが、あまり自分を卑下した話ばかりしないようにしましょう。嫌われてしまうかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事