• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お局様のイヤミが酷い!そんな時の対応方法と怒りの沈め方

Date:2013.07.17

会社勤めしていると1人はいますよね、お局様。私も何度か拳を握り締めるような嫌味を言われたことがありますが、若い頃は冷ややかで可愛げのない態度をしたり、嫌味で返してしまったりいろいろとありました(笑)

ガ!そんなことをしていたら、自分が「あの人ってチョット」と思っているお局様と同じ土俵に立っていることになってしまいます。

嫌なことを言われたら思いっきりその顔に爪を立てて引っ掻いてやりたい!くらいの煮えたぎる気持ちはわかるのですが、自分の評価をあげるチャンスでもあります。ちょっと違う視点からアプローチしてみませんか?

お局様が好きなのは女性っぽくないお笑い担当女性

社会人になって私が初めてお局様と対峙することになった原因は、他の人からのアドバイスによると男性社員に馴染むのが妙に早いということだったみたいです。(しょーもな!)と正直思っていましたけど(笑)。

いい歳も過ぎてそんな嫉妬に似たような心情から、新入社員に圧力かけたり嫌味を言ったりする社員がいるのかと思うと、これからの社会生活に軽く絶望を覚えました。

気も強くキツかった私は当然スルーするなんてことが出来ず、ムカッとした態度をあからさまに出していたりしましたが、ふと見渡せばお局様に可愛がられている同期がいることに気がついたのです。

そして彼女を観察しているとすぐにわかりました。彼女は飲み会で「飲み担」と言われ、口を開けば下世話な話題も大声でするわ、リアクションは芸人並だわでお局様もご満悦の様子だったのです。自分の口を汚さないで盛り上がるからね~。

「やられた~!このキャラかい!(笑)」と内心思ってしまいました。まぁ彼女は計算だったわけではなく、もともと誰の前でもそういうキャラクターで恋愛面ではちょっと損をするタイプでしたが女性ウケは妙に良かったです。

キャラクター上、急にはお笑い担当になれなかった私

そんなキャラクターを真似るわけにはいかなかったけれど、お局様とどうしても接近しないといけない禁断の「会議室ランチ」の場で、私もなんとか貼られたレッテルを剥がすために努力してみました。

ガハハ~!というキャラではなかったのでどうしようかと思ったのですが、みんなでしてる共通の話題で「○○さんはどう?」みたいに回ってきた時に、嘘をついてでもちょっと自虐的に話すとお局様ご満悦でした!

どうしてそんなに単純なのか腹筋がイタくなってしまう有様でしたが、キラキラと女磨きしてるような感じを見せず、ちょっと自虐的に笑いを誘うようなオチに持っていくと可愛がられるようになりましたよ(笑)。気難しい女性ほど単純なのかも?

どうしても納得出来ない仕事を振られた場合はわかったフリして‥

わかってない態度をします(笑)。納得出来ない仕事を振られることってないですか?友達からも、お局様から「なんでアタシ?」って思うような仕事というか雑用を押しつけられることがあって腹が立つ!という話をたまに聞きます。

そんな時どうしてるの?と聞いた彼女の回答がそうだったのです。「わかってるような気持ちのいい返事をしておいて、全くわかっていない行動をとる」。

要するに、オフィスの中では爽やかな気持ちのいい返事を響かせておいて後はスルーということ。でも当然「あの要件してくれた?」と確認が入るのですが、それもまた同じように気持ちよく謝罪!鮮やかにスルーするというのです。

そのうちお局様は諦めたみたいですよ(笑)。でも他の友達がその態度で臨んだところ頭にきたお局様に呼び出しをされて「勤務態度が悪いから上司に報告させてもらう」と言われたそうで!どう対応したのか興味津々で聞きました。

年上で先輩であるお局様に対しても、出るとこは出る!

友達は堂々たる態度でお局様と対峙していてビックリ!2人のやりとりがコチラ。

友達は「すみませんでした。どういう所がいけなかったですか?」と問い返したそうです。すると、お局様は誰が聞いても納得しないであろう雑用依頼を自分で言うハメになり、ちょっとしどろもどろになりつつも強気で言ってきたのだそう。それからのバトルっぷりがスゴい!

「すみませんが、それは私が受ける業務として納得が出来ないのでしませんでした」

「でも返事したわよね」

「はい。オフィスでこう言ってしまうと角が立つと思いましたし、○○さん(お局様)の立場もあるのでそういう対応をしてしまいました。すみません」

「でも仕事は仕事よ?それが出来ないなら上司に報告させてもらうわ」

「それでも結構です。後から私も上司に言われたまま報告させて頂きますし、どういう理由で自分が納得出来なかったのかを聞いて頂こうと思います。失礼します」

と部屋から出て行ったらしいのです。オフィスに戻ってきたお局様。それはもう般若のような顔をしていたみたいですよ(笑)。当然そこまで言われては自分の立場も守れなくなってしまう恐れがあるので報告はなかったようです。

友達に関心したのは、お局様に意見するとき常に(嫌味なほど)謝罪を入れながら自分を謙って言ってるところです。これがあからさまに「どう考えてもアンタが悪でしょ!」みたいに上から目線で言ってしまうと、お局様はもう一歩踏み込んできたのでは?と思うのです。

お局様に言われたから何でもやる、もしくは何を言われてもイヤというのではなく、ちゃんと自分の業務ポリシーの中で解決しながら、主張出来ることは後輩らしい態度でうまく交わせるといいですよね。

この記事をシェアする

関連記事