• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

逆に頑張れた!女の意地とプライドの争い、成功編

Date:2013.10.05

女性同士の争いってありますよね。仕事で同僚と張り合ったり、無言で相手にライバル心を燃やしたり。嫉妬や、憎しみにならない程度なら、女同士の争いもいい刺激になるのではないでしょうか?

今日は、私が実際に体験した仕事上の女の争い、成功編を紹介していきたいと思います。

職場はリゾートホテルのエステ

当時、私はリゾートホテルのエステで働いていました。全国各地から、観光の方が訪れるホテルで、色々なお客様がいらっしゃいます。

仕事は月給制でしたが、ゴールデンウィークの間は従業員のやる気を起こさせるため、月給とプラスして、自分が売り上げた金額分のポイントが付きました。

なぜなら、ゴールデンウィークは、一年のなかでも稼ぎ時の季節だからです。と言うのも、ゴールデンウィーク期間中のホテルの宿泊料金は跳ね上がり、来店されるお客様は一年でこの時期にしか休めない、お医者様やお金持ちの方々ばかりだったからです。

このような、お金持ちのお客様は、エステで高級なコースを受けてくれる上、すすめれば高級化粧品も買ってくれるお客様達になるのです。

ゴールデンウィーク初日

ゴールデンウィークの初日、正直私に「売り上げを上げるぞ!」というやる気はありませんでした。その日、私はお金持ちのマダムの施術に、同僚のAさんと一緒に二人で入る事になりました。

私がマダムのボディーのマッサージを担当し、Aさんが顔のエステを担当しました。マダムは、旅の解放感からか、よくしゃべりました。私は、マダムとマッサージをしている間中しゃべり続けました。Aさんは、二人の会話に笑ったり、相槌を打っていました。

その会話の中で、少し取り扱っている商品についても触れました。その後、お客様の施術が終わり、お茶出しの際、一緒にマダムを担当したAさんが接客に入りました。Aさんはマダムに化粧品の説明をし、マダムはその商品を購入しました。

閉店後、みんなでしめの作業をしている際、Aさんは何の迷いもなくマダムに販売した商品のポイントを自分だけにつけました。

施術中、ずっとしゃべっていた私には何のポイントもつきませんでした。帰り道、私のやる気に火が付きました!急にモチベーションが上がりました。「明日は、店で一番の売り上げを上げる!」と、私は心の中で誓いました。

翌日はやる気満々

翌日、早起きをした私は、いつもより30分早く出勤しました。ゴールデンウィーク中につき、出勤して早々大忙しで私もすぐにお客様に入りました。この日、私にはやる気のスイッチが入っているので、全てのお客様に対して適度に話しかけました。

少ししゃべると、お客様もリラックスしてくれます。そのまましゃべりたい人には、しゃべってもらい、眠りたい人には眠っていただきました。そして、心の底からサービスをしたあと、施術が終わったお客様に、私は全員に商品の説明をしました。

いつもとは全然層の違うお客様達で、商品の説明をみんな快く聞いてくださいます。私もやる気があるので、セットで商品をすすめ、面白いくらいに商品が売れて行きました。

ついに成績発表

閉店後、しめの作業で私の売り上げがダントツ一位を記録しました。一人だけ飛び抜けて、一日で十万超えを記録したのです。その場では、あまりうれしそうな顔を見せませんでしたが、帰りの車に乗った瞬間「やったーーー」私は声を出しました。

自分の周りで、ワーーーという歓声のようなものが聞こえたのを覚えています。その日、出勤前から神様や守護霊さんに、「私が一番になれますように」とサポートをお願いしていたので、その人達にも感謝の言葉を唱えました。

そのお願いが届いたのか、その日は私が担当したお客様全員が、商品を買ってくれた上に、私自身で商品販売のトークまで担当することが出来ていました。

あなたはどうですか?

これが、実際に体験した女同士の争い、成功編です。私自身、もともとあまり負けず嫌いな性格ではありません。ですが、勘違いかもしれませんが、このようなちょっとした事で、自分のやる気に火が付き燃え上がりました。

後から考えれば、Aさんのおかげで私は次の日、一位の成績を上げる事が出来たのです。今でも、あまり人と競って成績を上げるなどという事は好きではありませんが、やる気があれば結果が出ると面白いものではあるなと思います。

女同士の争い、あなたにも経験がありますか?

この記事をシェアする

関連記事