• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

何も起こっていないのに嫉妬しちゃう心理!嫉妬深い自分を治す方法

Date:2016.07.27

嫉妬

あなたは恋愛において、ヤキモチ焼きですか?それともあまりヤキモチを焼かないタイプでしょうか?

女性の中では同性の友達に対してもヤキモチを焼いてしまう人もいるほど、男性に比べると嫉妬しやすい人が多いと言われています。

男性は独占欲こそ強いですが、女性からのヤキモチに対しては案外鬱陶しいと感じる人も多いです。

好きだからこそヤキモチを焼いてしまうのに、それを鬱陶しいの一言で片付けられてしまては辛いですし、不安は高まるばかりですよね。

でも、そのヤキモチ焼き、上手に付き合っていければ彼に可愛いと思ってもらえるかもしれません。

好きだからこそのヤキモチと上手に付き合おう

ヤキモチを焼いてしまうのは彼のことが好きだから。

もちろん、大前提はそこにありますし、多少のヤキモチならば、男性も可愛いなぁと思ってくれるでしょう。

しかし、日常的にヤキモチを焼きすぎてしまうと男性もげんなりしてしまいます。

ヤキモチを伝えられる度に束縛されているように感じてしまい、女性からの愛が重く思えてしまうのです。

では、そんな悲しい事態を招かないためにはどうしたら良いのでしょうか。ヤキモチと上手に付き合うための方法を考えていきましょう。

1.恋愛物の漫画を読んだりゲームをする

恋愛物の漫画やゲームのなかの主人公の気持ちになって、現実逃避をするという方法です。

別世界の恋に身を投じる事で、自分自身の今の辛い気持ちが紛れて心が落ち着いていくかもしれません。

また、恋愛物の作品の中には、自分たちの恋がうまくいくポイントやきっかけ、アイデアなどが隠れていることもあるので、『こういう方法もあるのか』と参考にしてみても良いでしょう。

また、漫画やゲーム以外でも、映画や音楽を聴くなどして気を紛らわす方法もあります。

そうして何かの世界に入り込んだりすると、時間はあっという間に過ぎていきますし、気づくと冷静になれていることが多いです。

時間が経ったことで、ヤキモチを焼いていたことが『どうでもいいこと』に思えてくればあなたの気持ちもだいぶ紛れた証拠。

好きだからこそのヤキモチだとしても、些細なことを気にしていても仕方がないし、と大きな器でいられるようになるかもしれませんよ。

結果、彼に対して辛く当たることもなくなり、関係も円滑に進むようになる可能性も高くなります。

2.自分の仕事に集中する

これは、ヤキモチから来るもやもやから逃げるために、とにかく仕事や趣味に没頭するという方法です。

人は何かに集中しているときはそのことしか考えないもの。

彼へのヤキモチで心がむしゃくしゃしてしまったときは、その気持ちをそのまま仕事への情熱に変えてしまいましょう。

ただし、あまり乱雑な気持ちで仕事をしてしまうと、大きなミスにつながてしまう恐れもあるので、仕事は仕事としてきっちりこなす必要があります。

あれこれと考えてしまい頭のなかが整理できないときは、身体を動かすことも良いでしょう。

スポーツやジムなどで身体を動かしたりすると気が紛れるかもしれません。

また、そうして頭が冷えると、彼に対するヤキモチも『思い返して見ると小さなことだったな』と、気にならなくなる可能性もあります。

一区切り付いて冷静になったとき、改めて彼への気持ちを再確認して、心が落ち着くように自分をコントロールできると良いですね。

彼からの連絡が来ない、など携帯が気になってしまうときは携帯をそばにおかないようにすると良いでしょう。

3.友達にぶっちゃけて発散する

彼との付き合いに理解のある友人を誘い、ひたすらに気持ちを吐露するという方法です。

これは相手の友人に多少迷惑もかかるので信頼のおける相手を選び、その場は奢るなどして交友関係に亀裂が入らないように注意しましょう。

また、『どうしたら良いか』、という具体的なアドバイスをくれるタイプの友人ではなく、ただひたすらに、『そっか、それは辛いね』と聞いてくれるタイプの友人を選びましょう。

あなたからの話を相談と受け取ってしまうタイプの友人だと、彼に話をしてあげる!などありがた迷惑な行為に出られてしまう危険もあります。

『ただ聞いて欲しい』ということを明確に伝えて、とにかく気持ちをぶっちゃけるようにした方が良いでしょう。

更に、気持ちを吐露するだけでなく、買い物やカラオケなどでストレスを発散できると良いですね。

そうすることで気持ちも紛れますし、『まぁいっか』という気持ちになれるかもしれません。

自分一人ではなかなか気が紛れないという方は、ぜひ友人を頼ってみてはいかがでしょう。

親身になってくれる友人なら、きっと、ウンウンとあなたの話を聞いてくれるはずですし、女性同士、共感もしてくれるかもしれませんよ。

4.彼に連絡を取ってみる

ヤキモチから来るそわそわが原因で、集中力が欠け何事にも手がつかなくなってしまっては、日常生活に支障が出てしまいます。

そんなときは、彼にヤキモチを焼いていることは告げずに、まったく関係のない連絡を送ってみましょう。

大抵は、あなたが一方的にヤキモチを焼いているだけで、彼の方は無意識なことが多いので、きっと普通に返信が返ってくるはずです。

そうした、『普通に返ってくる返信』があれば、彼の気持ちがちゃんと自分に向いていることを確認でき、安心につながるでしょう。

決して、彼にヤキモチを焼かせようという他意はなかった、ということが理解できれば、あなたも寛容な気持ちになれるのではないでしょうか。

ただ、こういうときに限って返信が遅かったり、タイミングが悪かったりすることもあります。返事が来ないことで余計に不安を掻き立てられてしまうかもしれません。

しかし、そうなった場合は決して、矢継ぎ早に返事を催促したり、連投したりせず、グッと堪えて待つようにしましょう。

どうしても気になる場合は携帯を見れないところにおいておくなどして他事に集中できる空間を作ることも考えた方が良さそうです。

5.過去の幸せなやり取りを見る

もやもやとした気持ちを落ち着かせるために、昔のやり取りなどを見て心をほっこりさせるという方法です。

こんな話もしたな、こんな事もやったな、と懐かしい気持ちになれれば心も穏やかになれるのではないでしょうか。

また、そんな些細なやり取りから、彼のあなたに対する愛情がちゃんと感じられれば、もやもやした気持ちも晴れるかもしれませんね。

そうして振り返ることで、幸せな気持ちで胸を満たせば、彼にまた優しく明るいテンションで話を振れるでしょう。

『久し振りに見返してたらこんなの見つけたよ』と彼に昔のやり取りを送っても良いかもしれません。新たな発見になったり、初心にかえることができるかも。

そうすることで、彼自体もまた付き合いたての頃の気持ちを思い出して、あなたに対して優しくなってくれる可能性も出てきます。

6.嫉妬していることを素直に伝える

ヤキモチを焼いたということ自体は別に悪いことではありませんし、そもそもそういった態度や言動を取った彼にも原因はあります。

もやもやとした気持ちを溜め込んでしまうと身体にも悪いですし、ストレスとなってしまえば良いことは起きません。

それを回避するために、敢えて素直にヤキモチを焼いたという事実を彼に伝えるのも良い方法と言えるでしょう。

ただし、ここで

  • あの女の人は誰?
  • ○日どこにいたの?
  • どっちが大事なの?

とヤキモチから来る不満や怒りを垂れ流してしまってはいけません。

あくまで、ヤキモチを焼いた、という事実を伝えることが重要です。

嫉妬をしたという事実だけを聞けば、彼だって思われていることが分かるので早々不機嫌にはならないでしょう。

彼が不機嫌になるのはその先の追求や怒りがあるからです。

彼に鬱陶しいと思われないためには、束縛につながるような発言や追求するような質問をせず、ただただ気持ちを伝えることが大事です。

それくらいなら可愛いヤキモチとして受け取ってもらえることでしょう。

7.浮気はだめだよ?と可愛くアピールする

彼に浮気をしないか心配だ、ということを可愛らしくアピールすることができれば、彼もヤキモチに対してそこまで鬱陶しがったりはしないでしょう。

鬼の形相で『浮気したら許さないから!』なんて言うよりは、『浮気されたら悲しい』と悲しそうな顔にちょっとした悪戯心を含んだ形で伝えるようにしましょう。

そうすれば、彼も素直に『浮気なんてしないよ』と言ってくれるはずですし、その言葉を得られればあなたも安心感を得ることができるはずです。

そして、不安な気持ちを伝えたり、浮気されたら悲しい、という感情を上手に伝えることで、彼も『彼女を不安にさせたり、悲しませる行動は控えようかな』と思ってくれるかもしれません。

そうすれば自ずと彼の行動も改まることでしょう。

決して怖い顔で注意をするのではなく、彼に不安な行動をしないようにするね、と返事が返ってくるようなアピールをすることが大切です。

大事なのは不安を溜め込まないこと

いかがでしたか?相手を好きだからこそ焼いてしまうヤキモチですが、こうしてうまく付き合えるようになると、彼との付き合いも更に良くなるように思えますね。

何より大事なことは、彼が好きだからヤキモチを焼いてしまう、という『好きだから』という気持ちをしっかりと彼に伝えることです。

そして、不安や不満を溜め込んでしまえば、可愛いヤキモチもただの鬱陶しい文句にしか聞こえなくなってしまいます。

彼に『好きだから嫌なんだよ』ということを分かってもらえるよう、あまり溜め込まないようにしましょう。

あなたがヤキモチと上手に付き合えるようになることを願っています。

この記事をシェアする

関連記事