• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ジェルネイルvsマニュキュア どちらがお得で美しい?基礎知識から比較しよう

Date:2012.09.27

ジェルネイルが流行っています。一方、根強いマニュキュア派も。どちらにしても指先のオシャレは女心をくすぐり、明日へのエネルギーになります。

特にジェルネイルについては最近の流行ということもあって支持派も増加中。ジェルとマニュキュア、両方をよく知って自分とTPOに合った方を選ぶことが必要です。

ジェルネイルって?

ジェルネイルは、その独特のツルリとした透明感で人気です。私自身もこの1年程はジェルネイル派。ネイリストに伺ったところ現在お客様の7割はジェル希望だとか。

ジェルネイルはまさしくジェル状の樹脂を爪に塗り、UVライトの照射されるボックスに手をいれて、固まらせる仕組みです。このUVライトは紫外線とは波長が違うので日焼けはしません。

ジェルネイルで主流は「バイオジェル」と「軽ジェル」の二つで欧米ではバイオジェル、日本では軽ジェルが人気のようです。双方ともまるで何もつけていないような軽さ、3週間ほどは美しく保てる維持期間の長さも魅力です。

私の場合は長さを出すためにエクステもしていますが、丈夫で、気をつけていればとれることはありません。またUVライトの放射によって数秒で固まる仕組みなので、サロンの後にすぐに両手が自由に使えます。

さらにマニュキュアよりも通気性がよく爪に優しいのもうれしいですね。またネイリストにとっても、従来のアクリルパウダーでつくるネイルより行程が少なく時間も短く簡単に美しく仕上がります。

そんなところからも、サロンに行かなくても自分でできる、と挑戦する女性も多くなりました。

マニュキュア派は

いいことばかりのジェルネイル・・・ではありません。オフが意外にも面倒。例えば私の場合エクステが何かの拍子で取れた場合でも自分でオフすると上手に剥がれません。

それは、バイオジェルという比較的厚つきのジェルをつけていることもとれにくい理由ですが、自分でオフすると、やはり自爪に負担がかかります。ではサロンで、という場合ですが、他店でのジェルの場合、オフするのにも5,000円ほどかかるのが一般的です。

その点はマニュキュアは優秀ですね。オフも簡単ですし、オフの際に除光液の質に気をつければ自爪もそう傷みません。自分でオフできるのが何より魅力です。

ただし、ジェルではデザインした上にさらにジェルでコーティングするためデザインが長持ちしますが、マニュキュアではそうはいきません。いくらトップコートを重ねても2週間はもちませんね。

使い分け

普段はマニュキュア、ここぞという勝負ではジェルを個人的にはおすすめします。どうみてもジェルの光沢にマニュキュアは叶いません。しかし普段使いにデザインチェンジを楽しみたいならば、マニュキュアの方が手軽です。費用もかかりません。

使いわけをしながらネイルメイクを楽しむのが賢いオシャレと言えそうです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント