• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今の自分を変えると決意した時に、やるべき4つの方法とは

Date:2013.04.22

自分を変えたいと思ったことはありますか。その様に思う時は、物事が順調に進んでいる時ではなく後悔や悩みなどを抱えている場合の方が多いと言われています。

ですから自分を変える為には心の状態を変える必要があります。今回は、お金をかけずに自分を変える方法を5つご紹介します。

1、じっとせず体を動かす

気分が沈んでいる時にじっとしていると悪いことばかり考えてしまうので、とにかく動くことをお勧めします。例えば、アップテンポの音楽をかけながら床磨きや窓ふきなどをして掃除をすれば、心と部屋の整理整頓が出来るでしょう。

掃除が嫌いという方なら好きなミュージシャンのライブDVDをかけて体を動かすことをお勧めします。動くこと=体力消耗=疲れです。疲れたら後は眠るだけですが、自分の好きな事での疲労ですから前向きな気持ちで目覚めることが出来るでしょう。

2、家から脱出し、外へ出かける

外の世界は家に居るよりも刺激があります。何かミスをして「こんな自分じゃ駄目だ」と落ち込んでいる時こそ、お気に入りの服に着替えて出かけましょう。特に予定がなくてもお店に並ぶ雑貨や服、小物などを眺めている時間は不快な思いを打ち消してくれます。

また、飲食店に入って店で働く人を見ることもお勧めです。一生懸命働く人の姿を見れば、自分も頑張ろうと前向きな気持ちになれるでしょう。

3、これまで経験したことがない新しいことをする

今の自分を変えたい時には普段と違うことをすることをお勧めします。特にこれまで機会が無くて出来なかったことをしてみましょう。水泳やヨガ、生け花、英会話などお金をかけなくても新しいことは出来ます。

例えば普段は食べない辛い物を食べてみる、読んだことが無い本を読んでみる、嫌いな食べ物を食べてみる、誰かに手紙を書いてみるなどお金をかけずに出来ることは沢山あります。

私たちの脳は新しいことから刺激を受けやすく活性化すると言われています。また、新しいことによって気付きや発見があるかもしれません。「今度はどんな新しいことをしようかな?」と考えられるようになれば気持ちが前向きになった証拠です。

4、自分をよく知る人と会う

家族や友人、職場の仲間など誰でも良いので親しい人と会ってみましょう。落ち込んでいる時は誰にも会いたくないかもしれませんが、殻に籠っている限り何も変わりません。現状を伝えて、なりたい自分になるためにはどうしたら良いのか意見を聞いてみましょう。

あなたを客観的に見ることが出来るのは、身近な人です。親しい人ですから聞きたくない話も出るかもしれませんが、変わる為のヒントを見つけることが出来るかもしれません。

あるジャンルの本を読む

どうしても部屋から出たくない場合は、読書をお勧めします。お勧めは哲学の本です。哲学というと難しい話と思われるかもしれませんが、最近ではイラスト付きで簡単に読み進められる哲学書も販売されています。

物事に対する考え方や受け止め方など、今まで気付かなかったことを知ることで世界が広がることでしょう。色々な哲学者の考え方に触れることでご自身の考え方にも変化が起これば現状に対する見方も変わるかもしれません。

「起こることには意味がある」と思えば、自分を変えたいと思っていることの意味についても冷静に分析することが出来るでしょう。ご紹介した通り、自分を変える為には心を変えることが一番の方法です。

自分を変えたいと思う気持ちは、後ろ向きではなく前向きな考え方です。ご紹介した方法以外にも前に進む方法は沢山ありますので、ご自身に合った方法から試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事