• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自信がない女子は恋愛下手に…自信がなくても恋愛成就させる方法!

Date:2016.06.09

shutterstock_189713246みなさんは自分に自信があるでしょうか?胸を張って「私は自信があります!」と言い切れる人はそうそういないと思います。

誰だってコンプレックスの1つや2つはあるものです。そのせいで人目が気になって思うように行動できないことってたくさんありますよね。

特に恋愛は1対1のやり取りになるので、自信がないことが大きな失敗につながりかねません。

今回は、自信がない女子が恋愛下手になりやすい理由と、どうやって恋愛を成功させたらいいのかについてまとめました。

恋愛で損をする!?自信がない女子にありがちな恋愛トラブル

まずは、自信がないせいで起きてしまう様々な恋愛トラブルの中から、代表的なものを7つご紹介します。

1.アプローチを受けても信用できない

出会いがどこだろうと、恋愛の始まりには相手ともっと親しくなるためのアプローチが必要です。

たくさん話しかけたり、デートに誘ったり、アプローチの方法は人それぞれです。

けれど、他の人に対する行動と自分に対する行動が違えば「もしかして、アプローチされてるのかも?」と思いますよね。

ところが、自信がない女子はわかりやすいアプローチをされたとしても
「私の思い込みかもしれない…私なんて好かれるはずがない…」
と思ってしまいがち。

どんなにわかりやすいアプローチをされたとしても、面と向かって「好きです」と言われないと好かれていることに自信が持てないのです。

もしあなたが好きな人にアプローチする側だったとしたら、どんなにアプローチしても応えてくれない相手に根気よくアプローチし続けるでしょうか?

どこかの瞬間で心が折れて
「この人は自分には興味がないんだ。迷惑かもしれないから、もう声はかけないようにしよう」
そう思ってしまいませんか?

それは誰でも同じことです。アプローチを受けてうれしいのなら、きちんとその気持ちを相手に伝えないとせっかくのチャンスが消えていってしまいます。

2.自分の話はせず、相手の話を聞くだけ

自信がない人は「こんなつまらない私の話を聞いてもらうなんてできない」と考えがち。

この考えの裏側には、

  • 相手につまらない話を聞かせなくないという謙虚さ
  • 自分自身がつまらないと思われて見捨てられたくないという恐怖心
  • もし会話が盛り上がらなかったらどうしようという戸惑い

など、さまざまな自分に対する否定的な気持ちが存在しています。

どちらにしても、自分の話がつまらないと思いこんでいると、自分の話はせずに彼氏の話ばかり聞いてしまう形になります。

彼氏や相手の男性は、最初のうちは「何でも聞いてくれる優しい子だな」と思ってくれるかもしれません。

でも、何度も話すうちに自分の話ばかりしていることに気付いた時、
「どうして何も話してくれないんだろう?」
と思うようになります。

会話はコミュニケーションをするためにあるものです。どちらか一方が話すだけでは会話が成り立ちません。

また、自分の話を全くしてくれないあなたを見て、「心を開いてくれない=警戒されている」と思われ、あなたから離れて行ってしまう可能性も。

興味を持った相手のことはもっと知りたい、共通点を見つけて盛り上がりたいと思うものです。

一方的に聞くだけでは誤解されてしまうかもしれません。

3.彼氏の気持ちも言葉も信じられない

恋愛に関する悩みや相談でよく耳にするのが「私には魅力がないから、彼氏から好かれている自信がない」というもの。

外見や内面に大きなコンプレックスがあると、どうしても「こんな私を好きになってくれる人なんて…」と思ってしまいがちです。

そう思ってしまう気持ちもよくわかるのですが、お互いにどこかに魅力を感じて好きになったから付き合っているのに「好かれている自信がない」というのも何だか変な気がしませんか?

彼氏が浮気していたり以前より態度が冷たいというのなら話は別ですが、そうでないのなら「好かれている自信がない」というのは彼氏の気持ちを疑っているのと同じことです。

もし彼氏から「本当におれのことが好きなの?信じられないよ」と言われたら、かなりショックを受ける女性が多いのではないでしょうか?

本当に好きなのに「信じられない」なんて言われたら悲しくなるのは当たり前ですよね。

相手の好意を信じられずに否定してしまうのは、相手を傷つける行為にもなります。

それに、彼氏の気持ちを信じられないと、ちょっとしたことでも浮気や心離れを疑って不安になったり、不安から彼氏に八つ当たりしてケンカになったりする確率が高まります。

そこから別れ話に発展…というケースは珍しくありません。

4.全てが彼氏任せの恋愛になってしまう

自分に自信がない人は、何に対しても受け身で消極的な態度が特徴的です。デートの行き先やランチの内容など、何もかもを彼氏に任せっきりにしていませんか?

自分の意見を言えない人は、自信がないために「この発言がきっかけで嫌われたらどうしよう」とマイナス思考になりがちです。

「どこに行きたい?何が食べたい?」と聞かれても、毎回

  • どこでもいいよ
  • あなたが決めていいよ
  • 私はよくわからないから…

などといった、相手に判断を任せる発言ばかりしていると、自分の意思がなく相手に責任を持たせようとする無責任な女性に見えてしまいます。

一見すると決める権利を相手にゆだねる謙虚な姿勢にも見えますが、自分がこんな返事をされる側だと考えると何かを決めることがすごく責任重大に感じて大変だと思いませんか?

「あなたが決めて」という言葉は相手に責任を押し付ける発言になりかねないのです。

彼氏任せにし続けた結果、自分の意見を言ってくれない彼女にしびれを切らした彼氏と口論になったり、ケンカから別れ話に発展してしまったという話もよく聞きます。

5.何でも彼氏の言いなりになってしまう

自信がない女性が陥ってしまう恋愛のトラブルで、最悪なパターンが何でも彼氏の言いなりになってしまうことです。

極度に自信がない女性は彼氏から嫌われたくない・別れたくないという一心でワガママを言わず、彼氏の言うことは何でも聞くようになりがちです。

すると、最初のうちはきちんと扱ってくれていた彼氏が、だんだんとワガママで自己中心的な振る舞いをするようになる可能性があります。

本当は嫌だと思っていてもそれを口に出さずに彼氏の言うことを聞いていたら、彼氏はあなたもそれで納得しているんだと思ってしまうからです。

誠実に付きあってくれて気が利く彼氏ならあなたの本心を見抜いてくれるかもしれません。

そこまでしてくれなくても、いつも尽くしてくれるあなたに感謝してくれるかもしれません。

けれど、あなたの何でも言いなりになる態度を利用しようと考える彼氏だったとしたら、浮気をしても隠そうともしなかったりお金を要求してくるようなダメ男に豹変してしまうかもしれないのです。

6.彼氏に依存してしまう

依存とは、それがないと生きていけないという状態をさします。

「彼氏なしでは生きていけないの」なんてずいぶんかわいらしいセリフにも聞こえますが、ある程度の依存はかわいげがあっても行き過ぎた依存は自分も相手も疲れるだけです。

例えば、彼氏からのLINEやメールがいつもよりほんの少し遅いだけで不安になって悪いこと(浮気や事故など)しか浮かばなくなるような状態は行き過ぎた依存です。

普通、彼氏から返事がなくても「忙しいのかも」と思って他のことをしながら待つことができます。

大人なら色々な予定があるから連絡がちょっと遅れるくらいよくあることですもんね。

けれど、依存状態の場合、

  • 「どこにいるの?」「何してるの?」と立て続けにメッセージを送ってしまう
  • 彼氏のことが気になって他のことが手に付かない
  • ネガティブな妄想がヒートアップして泣いたり怒ったり精神的に不安定になる
  • 「自分に魅力がないから捨てられたんだ」と思い込んで自分を責める

などなど、ちょっとやり過ぎな行動をしてしまいます。自信がないために、こうしていないと不安で仕方ないのです。

彼氏も余裕がある時はあなたを最優先して、依存心からくる無理なお願いも聞いてくれると思います。

けれど、ある程度自由でいたいと思う男性なら、彼女から依存されることを苦しく感じます。

また、仕事やプライベートがごたごたしていたり、自分に余裕がない時は依存するばかりの彼女を重たく感じてもおかしくありません。

7.激しい束縛をしてしまう

カップルが別れた理由でそこそこ多いのが、「恋人の束縛が激しくて…」というもの。

彼氏が大好きで誰にも取られたくないという気持ちや、自分よりも魅力的な女性が彼氏にアプローチされたらどうしようという気持ちはよくわかります。

しかし、彼氏を信頼せず束縛をしてつなぎ止めようとするのは逆効果です。

  • いつどこに行くのか
  • 今はどこにいるのか
  • 一緒にいる人は誰なのか

これら全てを把握しようとするのは、はっきり言って無理です。

あなたが不安がっている様子を見れば、安心させるために全てを教えてくれる彼氏もいると思います。

けれど、よほど理解がある人でないとずっと監視されているような状態や、いつまでも信頼してくれないあなたにうんざりするようになってしまいます。

どうしてこんなにネガティブに?自信をなくす理由や原因とは?

自信がないとクヨクヨ・ネガティブ思考になって、余計な疑いを持ったり不安になったりして上手くいくはずの恋愛も台無しにしてしまいます。

どうしてそんなに自信をなくしてしまったのか、その理由や原因として考えられる5つのものについてご説明します。

恋愛の経験が少ない

経験したことないもの、経験が少ないものが怖く感じるのは誰でも一緒です。

例えば、私たちは毎日当たり前のように日本語を話して日本で生活をしていますが、言葉も通じない海外で生活しろと言われたらすごく不安になります。

文化圏が違えば常識も違うので、自分の行動や価値観にも自信を持てなくなりますよね。

これと同じで、恋愛経験がなかったり年齢に対して恋愛に関する経験不足が多かったりすれば、不安なことばかりで自信がなくなるのは当然です。

また、過去の少ない経験の中で失敗経験があると、成功するイメージを持てずにもっと強い不安を感じてしまいます。

外見や内面にコンプレックスがある

合コンや街コンを始め、女性は容姿がモテる・モテないにつながる場面がすごく多いです。

かわいい女子が男子からモテているのをずっと見てきたうちに、「自分がモテないのは見た目が悪いからだ」と思い込むようになっていませんか?

また、ネガティブで消極的な性格が悪いと考え、自分のことばかり責めているケースも多いと思います。

外見や内面にコンプレックスがあると、人から馬鹿にされたり嫌われることが怖くてどんどんマイナス思考に陥っていき、さらにコンプレックスが強まっていきます。

人目が気になり過ぎる

いつも自信がなさそうな振る舞いをするのは、人目を気にしすぎるからという理由もあります。

人目が気になり過ぎる背景には、

  • 長女・良い子気質で常に正しいことをしていないと落ち着かない
  • 完璧主義で自分に多くのことを求めすぎる
  • 極端に自己評価が低い

など、さまざまなものがあります。どれにも共通しているのが、人からの評価や比較をすごく怖がっているということ。

確かに、人からどう思われるかを考えると怖くなることってたくさんありますよね。自信がない人はこういった感情が強すぎるのです。

特に恋愛となると、彼氏から嫌われたくないという気持ちから何でも言うことを聞くようになり、彼氏に都合の良いように扱われてしまうこともあります。

深く考えすぎてしまう

何に対しても慎重な人は、難しく考えすぎてしまうことが多いです。

そのため、単純に考えれば喜んでいい場面でも考えすぎた結果、ネガティブにとらえて不安ばかり増えたり相手を疑って責めたりしてしまうのです。

仕事や人間関係が上手く行っていない

仕事や人間関係が上手く行っていないと「彼氏さえいれば何もいらない!」と思ってしまいがち。

他に楽しいことがなければ彼氏に依存していくのも理解できますよね。

けれど、依存しすぎると彼氏と少し連絡が取れないだけで精神的に不安定になったり、不安さや心細さから彼氏を束縛するようになります。

脱・恋愛下手!自信を持って恋愛を成功させる5つの方法

上で紹介した通り、自信のなさは上手く行くはずの恋愛もダメにしてしまいがちです。

幸せな恋愛や結婚をするためには、自信を持つのはとても必要なこと。

けれど、自信を持ちたいと思っても、一体どんなことをしたら自信が持てるのかってよくわからないですよね。

仕事では自信を持てても恋愛となると自信がなくなってしまう方もいると思います。

そこで、ここでは恋愛に自信を持てるようになる、5つの方法をご紹介します。

1.経験不足はコイバナで解消!

恋愛の経験不足を補うには自信を持たせてくれるような相手と恋愛することが手っ取り早いのですが、なかなかそんなにうまく行かないですよね。

そこでおすすめしたいのが、友達からリアルな恋愛の話を聞くことです。

たくさん恋愛をすることが経験不足による自信のなさを補う方法ですが、自信をなくしていると行動することも怖くなってしまいます。

そんな時は、恋愛経験豊富な友達や、恋愛が上手く行っている友達から、

  • どこで出会ったのか
  • どんな風に付きあうことになったのか
  • 楽しく恋愛するためにしている努力やコツは何か

など、色々なことを聞いて、自分が恋愛する時の参考にするのがおすすめです。

2.コンプレックスは努力で補う

コンプレックスがあると何かと悪い方向に考えてしまいますが、自分のコンプレックスがどこにあるのかを自覚しているのなら、それに対して適切な対応をしてばいいだけです。

外見にコンプレックスがあるのならメイクやファッションを自分がなりたいイメージに近づけていきましょう。

眼鏡姿が地味で冴えないと思うのならコンタクトにすればいいし、顔やスタイルに自信がないのならメイクやダイエットをがんばればいいのです。

がんばった分だけ自分に自信を持つことができるし、外見の雰囲気が変われば声をかけてくれる人も増えてきます。

また、性格にコンプレックスがある場合、無理に性格を直そうとするとストレスがたまってしまうので、余裕がある時は相手の立場に立って考えて行動するように心がけましょう。

「どうせ私なんか…」は禁句!

コンプレックスを解消する時に気を付けてほしいのが、「どうせ私なんか…」「不細工な私が何をしたって…」と自分に否定的な言葉を使うことです。

できることなら心の中でもそう思わないようにしてください。

自分自身を否定しているとどんどん自信が持てなくなるし、やる気も起きなくなってしまいます。

3.自分の得意分野で勝負する

恋愛でまず大切なのが出会いを増やすことですが、日常生活面の行動パターンが同じだと出会いは全く増えません。

出会いを増やそうと思うと、最初に思い浮かぶのが

  • 合コンや街コン
  • 結婚相談所
  • 婚活パーティー

などだと思います。出会いを増やすにはうってつけの場所ですが、こういった場所は第一印象で選別されてしまうので見た目がキレイな女性でないと不利になるというデメリットがあります。

また、いきなり初対面の人と話さなければいけないので、人と会話するのが苦手な人にとってもなかなか辛い状況だと思います。

そこでおすすめしたいのが、自分の興味のあることや得意分野で出会いを増やしていく方法です。

楽しいと思って参加できる場所ならそれほど物怖じしないで済みますし、サークルや習い事なら少しずつお互いを知っていくこともできます。

「恋人を作るぞ!」と思っていると緊張してしまいますが、「友達を増やそう」と思うのなら大分ハードルも下がります。

自信がないせいで恋愛でも損をすることが多い方は、容姿の良さや社交力の高さが問われる場所よりも楽しく活動できる場所から出会いを増やしましょう。

4.自分の意見を言えるようにする

自信がなくて何でも彼氏任せ、彼氏の言いなりになってしまう方は、まず自分の意見を言えるようにすることから始めましょう。

難しく考えずに、自分が思ったことを素直に口に出せば良いのです。

「嫌われるかも…」と考えてしまう方は、すでに十分すぎるほど相手の気持ちを考えています。

だって嫌われないようにするってことは、相手にとって嫌なことを言わないようにしているってことですもんね。

だからもうそれ以上ネガティブに考えなくて大丈夫。言いたいことがある時は我慢せずに、自分の言葉できちんと意見を言えるようになりましょう。

自分の意見を言うのがどうしても怖い・苦手という時は、

  • 選択肢の一つとして提案する形にする
  • ちょっとしたお願いから初めてみる
  • 口で言うのが無理ならメールや手紙にする

などの方法がおすすめです。

自分にとって負担がないやり方で、上手く気持ちを伝えられるようになると良いですね。

5.仕事、プライベートを充実させる

友達と上手くいっていなかったり、職場の同僚と話が合わなかったりすると、どうしても彼氏にばかり気持ちが向いて依存状態になってしまいます。

また、彼氏がいない人の場合、仕事やプライベートが上手くいっていないと、ストレスや疲れから恋愛に積極的になれなくなります。

そんな時はまず仕事や人間関係を充実させることを心がけましょう。

人は何か上手くいかないことがあると何に対しても楽しい未来を想像できなくなり、ネガティブなことしか考えられない心理状態になりがちです。

彼氏にばかり依存したり一人で悩んだりせずに、楽しいことを見つけて自分の生活を充実させましょう。

楽しいことがあれば元気になってやる気も出てくるし、新しい場所や人間関係に飛び込んでいく勇気や自信も少しずつ付いてきます。

恋愛以外に熱中しているものがあれば彼氏に依存したり束縛したりすることの予防も可能です。

自信を持てば恋愛は楽しくなる!

自信がないことが原因で起こる恋愛トラブルや、恋愛で自信を持つ方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

素敵な恋愛を始めるためにも、彼氏と楽しく恋愛関係を続けるためにも、自分に自信を持つことが必要不可欠。

幸せになるためにも、自分に自信を持てるようにちょっとだけ何かをがんばったり生活を変化させてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント