• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

納得の結婚式がしたいなら!人前式で挙げるメリットと実際の感想は?

Date:2015.09.16

shutterstock_165808910 - コピー

最近結婚式に出席した人ならば、「人前式」というスタイルに参加した、または耳にしたことがあるのではないでしょうか。

初耳という人もこれから結婚を考えている人も知っておくべき、今話題の結婚式のスタイル「人前式」についてご紹介します。

“人前婚”を選ぶカップルが急増中!どんな結婚式になるの?

結婚式と言うと、一般的には「教会」「神前」の2パターンでしたが、最近では大手の結婚情報誌やサイトでも3つ目のスタイルとして人前式を取り上げているほど定着しつつあります。

そんな人前式、具体的にはどのような式になるのでしょうか。

ゲストに対し結婚を誓う

教会、神前どちらも神様に結婚を誓うのに対し、人前式(じんぜんしき、ひとまえしき)は文字通り人に誓いを立てます。つまり、式に出席した家族や友人達など、二人の大切な人達を証人として結婚を誓うのです。

決まった形式のない人前式ですが、一般的には

  1. 通常の結婚式と同様に入場
  2. 自分達で誓いの言葉を述べる
  3. ゲストは拍手や鈴、またはあらかじめ記入した証明書等で結婚の誓いを了承する
    という流れが多いようです。

場所や段取り、すべて自分達が決める

教会や神社などの決まった施設は不要なスタイルなので、場所の選択もカップルの考え次第。人前式に対応している結婚式場ではもちろん、貸し切り可能なレストラン、庭園など、条件が合えば選択肢は無限大です。

ただ、式と1.5次会までまとめて行うようであれば、飲食スペースが確保されていたり、パーティーの接客に慣れている場所を選ぶことがほとんどです。

人前式のスタイルで宣誓した後は、一般的な披露宴と同様にケーキ入刀やお色直しが行われることもあります。

選ばれるにはワケがある!人前婚のメリットとは?

今多くのカップルから支持されるには、それ相応のワケがあるはず。人前式スタイルのメリットは何があるのでしょうか。また、デメリットはないのでしょうか。

型にはまらない、自分達らしい式

人前式の最大のメリットは、その自由度の高さです。

教会や神社での結婚式のようにしきたりがなく、まったくゼロベースから決められると言っても過言ではありません。

また、条件が合えば自分達の思い出の場所やレストランで式を挙げることも可能です。決まった施設、資材などはありませんので、フレキシブルに企画を組み立てることができます。

また、二人の思想的に「結婚式の時だけ教会に行くのはおかしい気がする」「神社で式を挙げるのは気が引ける」など、宗教観のズレや既存の結婚式のスタイルに馴染めない時にも、二人の理想の結婚式を考えることが可能です。

費用を低く抑えられる

極端な話、カップルと証人になるゲストさえいれば実現できるのが人前式。ウェディングプランナーや結婚式場のサービスを一切使わず自分達だけで準備できれば、人件費や結婚式場に支払う費用などがかなり抑えることができます。

人前式の費用としては、

  • 会場費
  • 食事代
  • 衣装代
  • 引き出物代

となり、また式と披露宴、または1.5次会まで兼ねることができるので、会場代も最小限に抑えることが出来ます。

レストランで行う場合、結婚式場ほどの高額な予約金は不要なので、低予算で結婚式を挙げたい場合にもおすすめです。

デメリットはあるの…?

デメリットとしては、やはりまず「最近広まったスタイルであること」が挙げられます。

年配の方、格式にこだわる方の中には、「結婚式は教会か神前で挙げるもの」「歴史あるホテルで挙げてほしい」といった考えを持っていることが少なくありません。

結婚の証人になって欲しい人であればなおさら、あらかじめ話を通しておく方がその後の親族関係でのトラブルが避けられるはずです。

また、自分達だけですべて作り上げるからこその苦労もあります。

ウェディングプランナーなどプロの手を借りないで人前式を挙げる場合、自分達が満足できる式であると同時にゲストにも楽しんでもらえる式にするため、事前にしっかりと式の流れや企画を練ることが必要です。

実際どうだった?人前婚を挙げたカップルの感想

実際に人前式で挙げたカップル、ゲストの感想を聞いてみました。

カップル側の感想

  • 教会で挙げることに違和感があり、人前式にした。生涯の誓いを、自分が納得するスタイルでできたことが良かった。
  • 人前式はゲストに誓いの証人になってもらうことから、ゲストと一体感が持てる。ゲストから笑顔で見守ってもらえることが嬉しかった。
  • 海外で親族のみで式を挙げた後、ゲストに楽しんでもらうためにもう一度国内で、人前式で挙げることにした。コストも抑えられる上、たくさんのゲストに新生活を応援してもらえていることを実感できた。
  • 宣誓の言葉など自分達で考えること、決めることが多く、プレッシャーがあった。
ゲストの感想

  • 二人が幸せになって欲しいという気持ちを、証人になるという形で現せることが嬉しい。
  • オリジナリティのある誓いの言葉やイベントが多く、格式張らないムードが良かった。
  • 会場で初めて人前式の形式を知らされとまどった。

このように、人前式で挙げたカップルも参加したゲストも満足したという感想が多いようです。しかし、やはりお互いに初めてのことば多い形式ですので、事前準備とゲストへの案内は徹底した方が良いかもしれません。

大事な人達にこそ、結婚の証人になって欲しいから…

shutterstock_270290480 - コピー
二人のこだわりを実現できる、コストを削減できる、そういったメリットももちろん魅力的ですが、何よりやはり、家族や友人など、自分達を近くで見守ってくれた人達に結婚の証人になってもらうというのは、とても喜ばしいことではないでしょうか。

今後ますます知名度を高めそうなこの結婚式のスタイル、ぜひお互いに幸せな気持ちで臨めるように理解を深めていきたいですね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント