• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自信のある女は美しい!自分を信じて輝かせるための10の方法

Date:2014.09.05

あなたは自分に自信がありますか?周りからどう見られていようと、私は私。自分が大好き!と言える人、そうでない人は小さなときにどう周りに扱われていたかが分かれ道になっています。

小さなときにどういう環境にいたか、ということが今現在のあなたの状態を作っているというわけです。成長過程においての成功体験や失敗体験も、あなたの自信を形作るのに大きな役割を果たしています。

今あなたが自分に自信がなくても大丈夫。自信を持っている人の考え方を身に着けていくことで、これからの人生をまったく違ったものに作り替えていくことができます。

この記事では、自分に自信を持つためのヒントについてご紹介します。

周りのいうことを気にしすぎない

自分に自信のある人たちは、周りが彼らについて言うことに、一喜一憂したりしません。

人の意見を聞かないという頑固者ということではなく、一応聞くけれども一部の理不尽な批判に対していちいちくよくよしたりストレスに感じたりしない、ということです。

この考え方の基礎になるのは、「自分たちは周りの人に媚びるために生まれてきたのではない」ということ。あなたが思うほど、周りはあなたのことを気にしてはいません。

彼らは特に考えもなく自分の思うことを口にしているだけで、それはあなたの本質とは全く関係のないものだ、と割り切ってしまうと、かなり心が楽になります。

見て見ぬふりをしない

困難な出来事が起きた時、あなたはどう対処しますか?解決しなければと思っているのに先延ばしにして、余計問題が大きくなってしまったことはないでしょうか。

自分に自信のある人たちは、問題が起きた時にはそれを見て見ぬふりをしません。見ていないからといって、その問題がなくなるわけではないと知っているからです。

彼らは「問題があるのはしょうがない。ではこれをどうやって解決するか?」というところにエネルギーを注ぐのです。そうして真正面から問題にぶつかっていくことができます。

ぶつかってみると、案外そんなに大した問題ではなかったことが本当に多々あります。こうして、彼らはより明るい物事に集中していくことができるのです。

欲しいものは欲しい!

自分に自信のある人たちは、自分の願いについて積極的に口に出しています。彼らはわがままでそうしているのではないので、もちろん妥協をすることもできます。

けれど、もし口に出さなかったら、周りもあなたの願望に気づくことはなく、欲しいものが永遠に手に入らないままだと知っているのです。

いつか手に入るはずと心に秘めたままの願いが叶うことは本当に稀なこと。あなたが何を望んでいるのかどんどん言葉にしましょう。

言い訳はしない

彼らは失敗したとき、言い訳をしません。すべてが自分の行動から起きたものだと分かっているからです。たとえば渋滞で仕事に遅れるという事態は彼らの中にはなく、ただ単に彼らが渋滞を見越して家をでなかった、というだけのことなのです。

諦めない

成功している人たちは、物事を諦めません。なぜなら諦めずに挑戦し続ければいつか成功すると分かっているからです。自信のある人たちはラッキーで成功しているわけではなく、努力し続けることで成功と自信を得てきたのです。

真似しない

誰か憧れの人を真似しようとしても、あなたは永遠にその人にはなれません。あなたが自分自身をかけがえのないものとして受け入れてこそ、本当の自信は生まれるのです。

自分に自信のある人たちは、憧れの人の何かを取り入れることはあっても、決してすべてを真似したりはしません。

自分の殻から出る

自分にとって居心地のいい環境にいるのはとても楽です。けれど、そこから一歩踏み出さなければ成長はしません。

新しい環境や新しい経験に怖がらずに挑戦してみましょう。それが失敗に終わったとしても、その一歩を踏み出したことがあなたの自信になります。

自分を認める

自分はこれができない、あれもできないと自分を責めてばかりの人は自信がつきません。人には誰でも得手不得手があるもの。できないことよりも、できることに目を向けましょう。

自分にはできることが何もないと思っているあなた。まだ誰にも負けない特技が見つかっていないだけかもしれませんよ。

人を決めつけない

あなたのことをとやかく言ってくる人は、その人自身が自分に自信のない人なのです。自分に自信のある人は、周りの人を意味なく批判したりせず、違う意見として認めることができます。

周りのせいにしたくなる気持ちがあるとしたら、それは自分の弱さと認識しましょう。

間違いを認める

傲慢な人は、自分がいつも正しいと信じていて、困難なことが起きたらそれは周りの人のせいだと思っています。

一方、自分に自信のある人は、間違いを指摘されることで、新しいことが学べたと感謝の気持ちを持つことができます。傲慢さと自信はこの点で決定的に違います。

自分を信じて輝かせるための10の方法、いかがでしたか?これらのことを実際に行動に移していくことは簡単ではありません。しかし、決して難しいことではありません。

自分のできる範囲から、少しずつやっていきましょう。1年後には見違えるようなあなたになっているはずですよ。

この記事をシェアする

関連記事