• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

外見の美しさだけでよいですか?自分に自信のある女性はモテる!

Date:2014.09.13

スラッと長く細い脚で人気女優似の女性って憧れるし、男性にさぞかしモテて「充実した毎日を送っているのだろうなぁ~」なんて羨ましくなります。  

でも、自分の見た目、あるいは容姿だけを好きな男性に気に入られたとしたら…果たしてあなたは本当に幸せに、そして「愛されている!」と感じることが出来るのでしょうか?

美しい女性は実は自分に自信が無い?!

小さな頃から親や周りの人から「可愛い!」、「将来が楽しみですね?」なんて褒められたのに、大人になった時に周りから「子供の頃は可愛かったのにね?」なんて言われたらショックですし、プレッシャーを感じますよね? 

これは美しい20歳を過ぎた大人の女性でも同じで、20代後半そして30代と年齢を重ねて行った時に、長い事付き合っているカレや旦那さんから「詐欺だ!」と別れを告げられてしまうのではないかと不安に陥りやすいのだそうです。 

また常に「美しくなければならない」と自分にプレッシャーをかけ、少しでもエイジングのサインである小じわやシミが出来ると、もうそれだけで「もう私はダメ…」とすぐに自信喪失してしまい心的なストレスを感じやすいとアメリカの心理学者も指摘しているのです。

モテる女性の顔は自信からつくられる

そこへゆくと、自分の内面や能力に自信のある女性というのは多少のエイジングのサインにも動揺せず、年相応の品や美しさが顔に表れる物なのです。  

実際、あのココ・シャネルも「20歳の顔は自然から与えられた物で、50歳のあなたの顔はあなたが与えるメリット(功績)しだい」だと言ったように、25、30歳を過ぎた時にどの位自信に満ちた顔になるかはあなたの自分の内面に対する満足レベルに掛かっているという事なのです。

本当に“モテる女性”は外見ではなく自尊心が魅力的

実際、自信に溢れた女性に憧れる男性も少なくない事が海外の調査でもわかっているのです。 

その調査で、男性の中に「こんな女性に出会えて自分は幸せだ」と感じるのは、女性の容姿ではなく、自分に満足し、自分を認めている自尊心の高い女性だという意見が多かったのです。

というのも、未来の妻として家族に紹介する時に“トロフィー”的な存在として自慢できるからだそうです。 

それを考えると、何年後には薄れて無くなってしまうかもしれない美貌を気に入られて理想の男性と結ばれ毎日不安に過ごすよりも、あなたの能力を自分の事のように自慢してくれる男性に好かれる…これこそが本当に“モテる女性”という事ではないのでしょうか。

自信に満ちたモテる女性になるには…

とは言え、「自分に自信を付けるために…」と周りの人に自分の自慢話をして褒めてもらおうというのも間違いで、これでは周りから煙たがられ、かえって自尊心を傷つきかねません。 

自分に自信を持たせるにはやはり“自分にフォーカス”して、以下の行動を率先してやってみましょう。

相槌を打つ

相手の話を聞きながら、相槌を打ち“あなた話を聞いて同意していますよ!”という意志表示をすると周りの人から好感をもたれる事で自信がつく。

分からない時には素直に「分かりません」と言う

自分に落ち度がある、あるいは対処が出来ない時には「ごめんなさい!」と言える。「素直な人」と職場で信頼されるので仕事を任される事も増える。

逆境を利用する

「ココで頑張らなければ!」と言う時は誰でも緊張や不安に襲われ、周りの雑音や人からの思わぬ嫌がらせにも敏感に反応してしまいそうですが、多少の緊張や不安感をその雑音や障害のせいにしてしまうと、予想以上の能力を発揮する事がアメリカの大学の研究で明らかになっている。

“正念場”に心の拠り所となるお守りやおまじないなどに頼る

有名スポーツ選手や歌手等も大舞台を前にする事は常に決まっている。お気に入りのプレイリストを聴く、勝負時の香水を付けると何でもよいので“儀式”をする。

感情のままに…

何事も計画的に、落ち着いてしないと良い成果が生まれないと思い込んでいる人も多いが、意外に高揚、興奮している時の方が思わぬ良い結果を生む事もあるので、感情のままに無計画で物事に取り組む。

また、いくら外見を重視せず能力を高めて自分に自信をつけると言っても、メイクもファッションにも全くの無頓着でも自尊心は上がりません。

それを楽しんで、あるいは仕事や資格の為の勉強の息抜きとして、メイクやファッションで自分の美しさにある程度の磨きをかけるのは自信にも繋がりますので是非やりましょう!

この記事をシェアする

関連記事