• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自炊でめざせ節約女子!余らせない上手な食材選び

Date:2013.03.29

自炊を今年は頑張りたい!と新年に決意した人も多いですよね。それでも今できていない人はコンビニや外食より自炊が断然お得なのはわかっているけど、食材が上手く使えないから困っている人なのではないでしょうか。

そんな人には、必見の余らせない賢い食材の選び方、使い方をお教えします。

肉を買おう!

まず自炊に便利なのは肉です。しかもお肉はできるだけファミリー向けのスーパーで特売を狙って買うようにしましょう。

一人暮らし向けのスーパーでは1回分の一見便利そうに見えるものも売っていますが、それよりは多く買うほうが100gでの単価が安い場合が多いです。

お肉の場合は帰ったらすぐ、1回分に分けて、3パック以上になる場合は冷凍庫に入れておきましょう。お肉は塩コショウでいためたり、トマトケチャップで煮込んだりといろいろなレシピに活用できます。

野菜は冷凍に頼るのも大事!

すぐに余らせて腐らせてしまうことが多いのは野菜ではないでしょうか?そんな野菜、ホウレンソウ、かぼちゃ、ブロッコリー、ニンジン、さといもなどは冷凍で売っている場合があります。

特に100円均一で売っている場合もあるので、そういったものが近くで売っているようであれば活用しましょう。

先ほどのお肉と一緒に冷凍しておくとちょっとしたときに使えるので便利ですね。ニンジンと炒めれば野菜炒めも作れますし、ちょっとした煮物もつくれますよね。

一番難しい生野菜

一番難しい生野菜はどうやって買うかですよね。まずは大根、白菜、カボチャなど日持ちするものがおススメです。白菜は自分で浅漬けにしてもいいですし、油揚げなどと一緒に煮て、煮物を作るのもいいでしょう。

大根は初めは生でサラダなどにして残ってきたら煮物にしましょう。カボチャは切ってシリコンスチーマーで温めて、そのまま食べてもいいですし、マヨネーズを入れてサラダなどにしてもおいしいです。

買うときのコツ

まずは一週間のレシピを考えながら買うようにしましょう。特に生野菜を買うときは、1週間でどう処分するかをしっかり考えたうえで買うほうがいいでしょう。1週間分のレシピが思いつかないものは安くても買わないようにしましょう。

また週末若干残った食材をどうしていいかわからないときは、レシピサイトを利用して、その材料を処分できるようなメニューを考えたうえで足りないものを買いに行くといいですね。

食材管理ができるようになれば自炊が断然楽しくなります。ぜひ体のためにも自炊生活始めてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事