• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性に急増!意外に知られていない痔にならない5つの対策

Date:2012.11.13

痔と言うと少し前までは年配の男性の病気といったイメージが強かったのですが、実は女性の方が痔で悩んでいる人が多いということを知らない人が多いようです。どうして女性で痔になる人が多いのでしょうか。そして痔の予防方法を5つ紹介します。

どうして女性に痔が多いの?

女性に痔の人が増えてきたのにはいくつかの理由が挙げられます。一番の原因は「便秘」とも言われています。いきんだり急な排便で肛門に負担がかかることで痔になりなすくなると言われています。

出産なども関係していると言われているので日頃から痔にならないように気を付けなければいけません。

痔を予防しよう その1(食生活を改善しよう)

痔に大敵なものと言われている「便秘」。実はそれだけではありません。下痢が続くことも痔に繋がると言われています。

痔にならないようにするには腸内環境を整えることが大切で、そのためにも食生活には気をつかう必要があります。腸内環境を整えるには次のようなものが効果的です。

1.食物繊維を多くとる
2.発酵食品をとる
3.朝起きてすぐ、食事前にコップ1杯の水をとる

上記の3つを行うことで腸が活発に動き、排便もスムーズに行われて肛門に負担がかかるのを軽減してくれます。

次に大切なのは辛いものを控えるということです。唐辛子やスパイスといったものは適度に摂取するのは血流などの活性化につながりいいのですが、過度な摂取は刺激を与えるということで病院などでも控えるよう注意されています。

痔を予防しよう その2(アルコール・喫煙に注意!)

食事の唐辛子などと同じく、アルコールやたばこは刺激物に当たるので控えることが大切です。特にアルコールは大量に摂取すると内臓に負担がかかりその影響で腸内環境が悪くなることもあります。

いきなり全くやめることは難しいので適度な量に減らしていくという努力も必要です。

痔を予防しよう その3(お尻を冷やさないように気を付けよう)

案外知られていないのがこれです。お尻もそうですが下半身を冷やすとあまりよくないのです。冷えると血流が悪くなります。もちろんお尻や肛門の血流も悪くなり痔になりやすくなってしまいます。

冬場に限らず夏のエアコンなどで冷えるのもよくないので、なるべく冷やさないような対策が必要です。一番良いのはお風呂の湯船に浸かることです。シャワーではなかなか体が温まらないので、湯船に浸かって温まり血流をよくすることも方法の1つです。

痔を予防しよう その4(長時間同じ体勢は避けよう)

よく座りっぱなしの体勢はよくないと言われています。座りっぱなしの場合お尻に体重がかかるせいで肛門への負担も増えて痔になりやすくなると言われています。それ以外に立ちっぱなしの状態もあまりよくありません。

同じ体勢を続けると冷えと同じで血流が悪くなってしまいます。1時間に1回は体をほぐすようなストレッチなどをすることによって血流も戻ってくるので、同じ体勢が続く仕事をしている場合などは休憩中などに軽いストレッチをすることをオススメします。

痔を予防しよう その5(お尻はいつも清潔に)

一番の予防法はこれです。お尻には雑菌等がたまりやすいので常にきれいに保つことが大切です。痔になっていなくても少し切れていたりしている部分に雑菌が入ってしまうとそれが原因で痔や他の病気を引き起こす原因にもなります。

お風呂に入ってキレイに洗浄すること等も忘れずに心がけるようにしましょう。お尻はみなさんが思っている以上にデリケートな部分です。少しのことで切れたりしそこから痔や他の病気を発症したりする場合があります。

そして痔にならないように予防法を1つずつチェックしていく必要があります。痔は本当に大変です。酷い場合は手術も必要になります。そんな病気にならないよう今から予防をしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント