• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自宅でできるの?まつ毛エクステもセルフなら格安でつけ放題!

Date:2014.07.07

つけまつげが定番アイテムとなっている今、より自然な仕上がりのまつ毛エクステをしている人も増えています。

でも月に1回は予約をしてサロンに行って付けなければならず、サロンで付けると1回で5000円〜1万円ぐらいかかってしまうのが負担にもなりがち。本当は続けたいけどお財布が厳しいからと、続けることを断念する人も多いようです。

そんなまつ毛エクステが自宅でできることをご存知でしょうか?簡単に始められるセルフまつ毛エクステについてご紹介します。

サロンではプロがやってくれるとは限らない!

まつ毛エクステをする技術者には美容師免許が必要です。しかし、まつ毛エクステをする技術自体には特に資格というものがありません。簡単に言えば、「美容師資格を持っていれば誰でもできる」ということ。

実際に美容師の学校では全員にまつ毛エクステを指導するわけではありませんし、独学やスクールで技術を身につけて施術している人がいるのが現状です。

薬品によるトラブルやそもそも美容師資格も持っていない違法サロンのトラブルなども多発していて、サロン選びも細心の注意が必要なのです。お金を取ってお客さんに施術するのは違法でも、自分で自分に行うのは問題ありません。

技術が上がれば、もしかするとサロンを超える仕上がりもあるかもしれません。

まずは道具を揃えよう

まつ毛エクステに必要な道具はそれほど多くありませんが、薬品やエクステなどの材料も含めて一つ一つ揃えるのは少し面倒かもしれません。

届けばすぐにでも始められるキットも1万円以下で手に入るので、まずはキットで一気に揃えてしまうのがオススメです。エクステは自分でやるのでもちろんつけ放題。キットに付いている場合もありますが、自分の好みのものを用意します。

自分がサロンで付けてもらっていたものがどのぐらいの長さで、どのような形だったかを覚えておくと失敗がありません。

少しずつ練習していきましょう

いきなり全部を付けようとするとうまくいかずに嫌になってしまうことも。まずは付けやすい目尻や下まつげで練習してコツをつかみましょう。右ききであれば左の方から付けていくと、先につけたまつげが邪魔になりにくくなります。

接着剤の量も何度かやっていくうちに取れにくい量などが分かってくるので、最初につけたものが取れやすくてもガッカリしなくて大丈夫。

「まつ毛を先に少し上げておく。」「束になったエクステを使ったほうがうまくいく。」など、徐々にそれぞれに合った自分のやりやすいやり方が分かってきます。

自分でうまくできるようになると「他の人にもやってあげたい!」「開業できるかも!」などと思う人も多いようですが、美容師資格が無ければ違法になることをお忘れなく。

この記事をシェアする

関連記事