• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

急いでいる時も、5分できれいに!メイクを早く仕上げる方法

Date:2014.05.16

朝寝坊やうっかりぼおっとしていると、あっという間に出かける時間になってしまいます。あと5分で出ないと間に合わない!そんなときもばっちりきれいになれる、メイク方法をご紹介します。

ステップ1.ファンデーション(かコンシーラー)とパウダー

化粧水できちんと潤わせた肌。さっそく、時間の短縮・・・といきたいところですが、ファンデーションとパウダーにそれはないのです。なんといってもベースですからね。

でももし、顔全体を覆う必要がないという場合には、ファンデーションはせず、コンシーラーで目の下やニキビ跡、赤みなど隠したいところだけをおさえ、よくなじませてからパウダーをはたく、というプロセスにすることはできます。もしファンデーションを塗りたい、という場合には、あなたの首の色とマッチする色のファンデーションを指かブブラシ、スポンジで伸ばします。ムラのないように伸ばすことに気をつけて。

最初にも書きましたが、ファンデーションを塗る前には肌をきちんと保湿しておきましょう。その後コンシーラーで気になる部分を隠してお粉をはたきましょう。

ステップ2.色味を足しましょう

あなたの肌色がムラなく決まったら、次は色味を足していきます。チークとブロンザーの出番ですね。

うまく色味を載せるコツ、それは光です。自然に上気したような頬に見せるためには、窓のそばでメイクしましょう。自然光の中でメイクすれば、ナチュラルな仕上がりのチークをつけられることができます(これは、基本的に周りの人があなたを見た時と同じ印象になります)。

軽い感じのローズ系のチークも自然な仕上がりのヒント。大きなブラシを使って、頬のてっぺんにつけましょう。ブロンザーを使うときも、自然光のもとへ。オデコから目の横、頬、顎のラインと顎の順へ滑らせていきます。

ステップ3.目元にカラーと光を

ファンデーション、コンシーラー、お粉、チークとブロンザーで大体2分かかりました。あと3分残っています!ここから目元と口元のメイクです。

まずはニュートラルカラーのアイシャドウをまぶた全体に塗ります。眉のすぐ下にハイライトを入れると、目元がぱっと明るくなるので、起きて間もないです、といった感じが払拭されます。暗めのアイシャドウで、レイヤーを入れて、完成。

それぞれの色をチップでぼかして自然に仕上げます。もし時間があれば、アイライナーでまぶたの際に細いラインを入れていきます。太くなりすぎないように気をつけて。その後、ビューラーで10秒ほどまつげをホールドしてカールさせ、黒か茶色のマスカラを塗りましょう。

ステップ4.リップで完成!

最後は簡単。唇にカラーをオンしましょう。

昼間なら色付きリップグロスか薄い色の口紅にしましょう。口紅を塗ってもいいですが、グロス仕上げの唇の方がよりナチュラルに見えます。

いかがでしたか?5分間メイクアップはコスメの力にフォーカスしてお伝えしましたが、実はこういった一瞬でフレッシュに見せる技というのは、普段のスキンケアがあってこそのもの。

もし肌をしっかりお手入れしていたならば、5分より短い時間で朝の準備を完了させることができるようになるかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事