• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知っておきたい除毛の方法!目指せ!つるつるしっとり肌

Date:2012.11.25

知っておきたい除毛の方法!目指せ!つるつるしっとり肌

毛を処理する前は肌を温め、処理した後は冷やしましょう。

これは鉄則です。

実際に除毛を行う際の基本的なルールをこちらにご紹介します。

これは器具によらず、「剃る」時も「抜く」時も注意したいポイントです。

皮膚を清潔にする

毛を処理する部分の皮膚を、石鹸でよく洗って清潔にします。ちなみに石鹸で洗うだけで十分除菌になるのです。

皮膚を温めてから行いましょう

皮膚も毛もケラチンというタンパク質からできています。これは温度が下がると固くなるといった性質があります。固くなったところを削ったり抜いたりすると、皮膚が傷つきやすくなります。

そこで特に冬場などは、石鹸で洗った後皮膚を蒸しタオルで温めてから行うか、入浴の後の皮膚も毛も柔らかくなっている時に行うと良いでしょう。

終わった後は、よく冷やしましょう

除毛による炎症を鎮める為に、水で冷やしたタオルを、毛を処理した部分の皮膚にしばらく当てておきます。

体調が悪い時には除毛はしないこと

皮膚の免疫は、体調によって変化します。体調がすぐれない時は、処理した部分の傷の治り方も遅いですし、また、侵入した菌によって化膿しやすくなっています。

生理前や風邪気味、寝不足などの時には、除毛は控えましょう。処理の頻度としては、肌へのダメージを最優先に考えるのであれば、理想は1ヶ月に1~2度くらいが無難とされています。

手軽さよりも肌に合う方法を選びましょう

毛を剃る事は、カミソリを肌の上に滑らせて行います。その際には、石鹸や、乳液など、滑りが良くなるものもあらかじめ皮膚に塗っておきます。逆剃りは肌へのダメージが大きく、カミソリ負けの原因にもなりますので極力避けてください。

また、毛を抜く事は、毛抜きやテープを使って毛根から毛を取り除く事です。剃る事に比べて見た目もスッキリするのと、「もち」が良いという理由で好む人も多いですが、基本的には除毛の中でも抜く事の方が、肌へのダメージが大きくなります。

それは、毛を抜くという事は、毛根の部分の皮膚を、1部ちぎる事になるからです。ですから痛みを伴う事もありますし、毛穴の奥では見えない出血を引き起こしているのです。恐ろしいっ!そうは言っても毛の処理をしない訳にもいきません。

毛の処理方法も色々あります。自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか?また、除毛のダメージは道具の選び方や使い方次第で大きく変わります。何より大切なのは、体調の良い日のお風呂上りがベストタイムだということです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント