• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もっと稼ぐ女性に変身!女性のビジネスの始め方4つの秘策!

Date:2012.11.15

年々厳しくなっていく経済状況。皆さんも感じてはいませんか?額面では増えてるはずなのに、なぜか減っていく手取り収入…、昇給も以前のようなUPはなく、むしろ頭打ち。

そんな中、収入をがっつり増やそうと思ったら、やっぱり皆さん起業に興味があると思います。女性であっても、ビジネスをはじめてみたい!もっと稼いでみたい!チャンスはきっと転がっています。

アメリカでは、1000万人もの女性が起業しています。個人所有の企業は全体の40パーセントに昇り、そして小企業の30パーセントが女性企業家達です。2008年には、女性企業家は1300人以上の雇用を生み、1兆9000億円の売上高をあげています。

このことからも分かるように、アメリカでは女性たちが大きな成果をあげています。さすが、チャンスの国アメリカですよね!

日本でも女性企業家は増えてはいますが、まだまだ数としては少ないでしょう。ビジネスは根強い男性社会です。

しかし、男性と女性は考え方も違うので、出てくるアイデアも違うと思います。男性社会では思いつかない新しい発想を生み出すのは、きっと女性です。女性のビジネスチャンスは、いくらでも転がっているのではないでしょうか?

女性企業家を目指す4つの秘策

  1. 生活スタイルにあったビジネスをはじめる
  2. 満足のいくビジネスで成功を収めるのに、ひとつの型に当てはめてしまう必要は全くありません。「こうじゃなきゃいけない」ということはないのです。あなた自身をよく知って、あなたにとって何が一番大切かを考えましょう。

    年間売り上げをガンガンあげていくよりも、プライベートタイムや家族との時間を大切にしたいと思っているなら、その気持ちを受け入れましょう。あなたの幸せは、他の成功者のビジョンと同じではないからです。

  3. ネットワークを広げる
  4. ビジネスを成功させるのに、大事な要素として「ネットワーク」はよくあげられることです。今日では、個人の企業家の多くは、オンラインやメール、ソーシャルメディアを利用してネットワークを広げています。

    ビジネス仲間や顧客とのコミュニケーションに、安くて、簡単で、効果的な方法としてこの新しい技術は大いに活躍している一方で、対面でのネットワークもビジネスを大きく成功させるには、まだまだ必要不可欠です。

    オンライン上だけでなく、外に出て、リアルな世界の中で新しい人と出会い、強い絆の関係を作っていきましょう。

  5. 公的資金や助成金をチェックする
  6. アイデアしだいで大きなビジネスチャンスは転がっていますが、それを具体的に形にしていくには、やはり資金が必要になってきます。起業を応援する公的資金や助成金は、資金面でも役に立ってくるでしょう。ぜひチェックしておきましょう。

    会社設立時の助成金は、返済の必要はありません。ただし、事前に事業計画書を提出して、実行が確認されてからもらえますので、お金が入るまでに時間はかかります。

    厚生労働省のホームページに、「これからビジネスを始めようとしている方へ」といろんな助成金の紹介がされていますのでご覧ください。(http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/kigyou.html)

    また、地方自治体・地方公共団体なども助成金や補助金を出していますので、インターネットで検索してみましょう。

  7. 自分の時間と才能を大事に扱う
  8. 女性は男性よりも自分を売り込むことが苦手で消極的な傾向にあります。それに加えて、特に新しいビジネスを始める時によく見受けられますが、自分の時間や商品に対して、安く見積もる傾向があります。

    これはボランティアではなく、ビジネスなんだと肝に銘じましょう。あなたの大事な時間を割いているのだから、仕事に愛情と利益の両方をちゃんと備えておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント