• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食べ物で女性ホルモンを活性化してスベスベて美肌になろう!

Date:2012.07.09

突然の肌荒れや大人のニキビと、肌の悩みは尽きる事がありません。そして女性らしい身体のラインなどを作りだすなど、女性らしさを出す為にも重要なのが女性ホルモンです。

しかし美肌を作るのも、お肌のトラブルを招くのも女性ホルモンと密接に関係していました。そこで、知っておけば美肌をつくる為に役立つ知識をまとめてみましたので、ご紹介していきます。

女性ホルモンとは

女性らしさを作りだす女性ホルモンは、エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンの2種類が存在しています。

女性ホルモンは、月経とも密接に関係しており、月経周期により2種類のホルモンのバランスが変化していくのです。増加する女性ホルモンの種類により、肌の乱れが起きる時期や調子の良い時期などが周期的に訪れてきます。

女性ホルモンは、20代で分泌のピークを迎え、一番女性として魅力のある時期を作りだします。そして、30代後半から卵巣機能の低下が始まり、女性ホルモンの分泌が減少し始めるのです。

更に40代では、女性ホルモンの分泌は、20代の半分以下になるといわれているのです。

その為40代前後から、ホルモンバランスの変化が大きくなり、お肌のたるみやシワやしみというお肌の悩みが出始め、卵巣機能の低下による更年期障害を引き起こすとされているのです。

美肌の素はエストロゲン

女性ホルモンは、2種類ありますが、ここで2種類の女性ホルモンをご紹介していきましょう。まずは、プロゲステロンという黄体ホルモンです。この女性ホルモンは、妊娠を継続させたりする役目があります。

お肌のつややハリ、そして潤いを与えるホルモンといわれていますが、皮脂量を増やしてしまい、メラニン生成を活発にします。

プロゲステロンが増加する時期には、大人ニキビや顔がべたつき易いなどの肌トラブルの原因になり、美肌をつくるには大敵なホルモンになるのです。

ではもう1つの女性ホルモンはといえば、エストロゲンという卵胞ホルモンです。エストロゲンは、別名美肌ホルモンともいわれる程、美肌を作るには欠かせない女性ホルモンになります。

エストロゲンとは、卵巣で生成される女性ホルモンです。エストロゲンが分泌される事により、月経や妊娠が起こり、更に女性らしい身体つきになります。又、お肌の水分量の調節をする役割があり、コラーゲンを増やす作用もあるのです。

美肌を作るには、このエストロゲンが不可欠になります。エストロゲンが減少するとお肌のたるみが起きてきますので、減少させないようにする事が重要になってきます。

しかし、人間はホルモンの調節をする事ができないのです。足りない分は、外から補うしかないという事になります。

では、どのように補っていくのか?それは、食事です。食事からエストロゲンを摂取して、老化を防いでいきましょう。食事では、イソフラボンを多く含む大豆や、ビタミンが豊富な緑黄色野菜や果物が良いとされています。

又抗酸化作用のある食品も、美肌には有効といわれていますので、このような食品類を積極的に摂取にて、エストロゲンの生成がされ易い体内環境を作っていく事が大切なのです。

美容に良いのは、エストロゲンですが、2種類のホルモンがバランス良く分泌される事により女性の身体が出来ていきます。

年齢を重ねると、色々なお肌の悩みがでてくるものですが、予防できる部分は手を抜かずに、いつでも素敵な女性でいたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事