• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌に必要な女性ホルモンを減少させるこんな生活習慣

Date:2013.03.23

加齢とともにシワが増え、シミが目立つようになるのも、肌が乾燥したり化粧ノリが悪い日が増えるのも女性ホルモンが減少するからです。

女性ホルモンのエストロゲンが減少していくことで、肌の新陳代謝が衰え、水分を保持できなくなり、コラーゲンの生成もうまくいかなくなり、肌の弾力もハリも失われていきます。

女性ホルモンは美肌にとってとても重要なもの。しかし、女性ホルモンが増えることはめったにありません。大事にしなければいけないものなのです。ただでさえ減少していく女性ホルモンなのに、生活習慣によってさらに減少させてしまっている場合があります。

そんなもったいないことを避けるために、女性ホルモンを減少させてしまう生活習慣を今すぐ改めましょう。

偏食の多い食生活

野菜を食べない、海藻や魚を食べない、お肉や揚げ物ばかり食べる、といった栄養バランスを考えていない食生活は女性ホルモンのバランスを乱します。

女性ホルモンの原料になる肉や魚、納豆、豆腐などのタンパク質をしっかりと摂るとともに、血行をよくして体を温める生姜なども摂るようにしましょう。特に月経時には体を温める食材を摂るといいですよ。

また、女性にありがちな貧血を予防するのも大切です。レバーやひじき、小松菜、煮干しなどを積極的に食べましょう。さらに食物繊維や発酵食品も多く摂り、便秘予防をしましょう。

睡眠不足

睡眠不足は美肌に悪いこと、というのはよく知られていることだと思います。睡眠不足は視床下部に悪影響を与え、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

仕事で遅くなった日も、できるだけその日のうちにはベッドに入るようにしたいですね。また、寝る時間が多ければいいということではなく、眠りの質も大切です。適度な運動やストレッチ、寝室の環境などにも配慮して、質のいい睡眠を取れるようにしましょう。

運動不足

適度な運動は自律神経を活性化させます。運動不足だと女性ホルモンのバランスが乱れやすくなるのです。適度な運動を毎日していると、ホルモンバランスの乱れも少なく、調整しやすくなるのです。できれば毎日、運動をするといいでしょう。

疲れている日に無理に体を動かすことはありませんが、ストレッチだけでもして体を動かす習慣をつけましょう。やったりやらなかったりではなく、毎日行うことが大切です。

ダイエット

食事制限は美肌に必要な栄養素も摂れないので美肌にはよくありませんね。食べたいものをひたすら我慢するダイエットはストレスにもなり、ホルモンバランスを乱します。

さらに生理不順を引き起こし、健康にも悪い影響を与えてしまいます。無理な食事制限をするダイエットを繰り返していると、肌がボロボロになってしまいますよ。

ストレス

ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す大きな原因になります。ストレスがたまって元気がなくなると、肌のハリもなくなりますよね。

ストレスをためないというのは難しいことかもしれませんが、自分のストレス発散の方法を見つけましょう。分からなければ、楽しいと思うことをやってみましょう。または、いやなことを忘れられることは何か、を考えてみましょう。

喫煙

喫煙さまざまな理由でシワやシミ、乾燥の原因になりますが、女性ホルモンの分泌を妨げるという悪影響を及ぼします。女性ホルモンの分泌が低下して老化を早めてしまうのですね。

さらにンニコチンは血管を収縮させて血行を悪くしてシワができやすくなり、活性酸素もふえてコラーゲンやエラスチンを破壊します。ビタミンCも破壊されてシミやくすみが生じやすくなります。喫煙は毛穴を開かせてしまう原因にもなります。

喫煙は肌に悪いことばかりですね。

恋愛をしない

恋愛をすると女性は美しくなる、と言われるのは女性ホルモンの分泌がさかんになるから、と言われています。

確かに、いい恋愛をしている女性は肌もピカピカですね。好きな男性に美しい女性とみられたいためスキンケアに手を抜かない、ということもありますが、精神的に幸せなことが大きな理由ではないでしょうか。

女性は幸せを感じると女性ホルモンの分泌が盛んになると言われています。恋愛をしていないと、心も乾き、肌も乾いてしまいます。女性としての幸せを感じられる生活をするのが女性ホルモンのためには大切ですよ。

この記事をシェアする

関連記事