• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性ホルモン「エストロゲン」で乾きをチャージ!ツヤ肌復活大作戦

Date:2012.11.02

女性ホルモン「エストロゲン」で乾きをチャージ!ツヤ肌復活大作戦

恋をすると分泌が増えるといわれる女性ホルモン、エストロゲン。このホルモンが活性化されると、肌が艶やかになり、ぷるんとした恋肌に。

このエストロゲン、白肌やなめらかな女性らしい曲線を作り出す最強の女性ホルモン。エストロゲンを増やし、また、増えたように見せる。内から外から女性らしさをたっぷりと注いで、輝くツヤ肌体質に変身しましょう。

ときめきと快感

恋愛中のドキドキ感や、ときめき。そして性の快感などによりエストロゲンの分泌は促されます。

これは科学と医学でもすでに実証されていますし、最近では広く知られています。

いつも何かにときめいていることで、このエストロゲンが分泌され、お肌も体つきも艶やかに女性らしく変化していくのです。

エストロゲンの増加でバストアップも夢ではありません。

周りの友人でも、彼氏が出来たら急に綺麗になった・・・なんて経験はありませんか?まずは恋をしてみること。昔から言われる「恋する女はキレイ」は、やはり真実なのです。

エストロゲンを食べ物から

恋によって分泌されるエストロゲン、食べ物からも積極的に摂取しましょう。

エストロゲンが含まれている食品として知られているのが、大豆。特に豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ植物性の天然成分です。

肌のハリ、つや、みずみずしさや、コラーゲン生成を促すといった嬉しい効果が期待できます。

その他にも、ざくろにも植物性のエストロゲンが多く含まれているといわれています。

お豆腐、納豆、煮豆、枝豆、そして豆乳など、大豆関連の食品は天然のエストロゲンの宝庫なのです。

ただし、過剰摂取は逆効果。一度にたくさん食べることよりも継続させていくことが、何より大切です。

エストロゲン不足の原因、そして病気

実は、エストロゲンを減少させるのがストレスと食べないダイエットです。

一口にストレスと言ってもさまざまなものがありますが、心理的なストレスから不規則な生活習慣で体が感じるストレスまで多くのものが当てはまります。

例えば、対人関係。こういったストレスは心理的に大きく作用しますが、交感神経の働きにも影響し、体に負担がかかります。

そして次に寝不足。不規則な生活や食習慣、喫煙などの体に負荷の大きい行為は、エストロゲンの分泌を減少させる原因となります。

エストロゲンは年齢とともに老化現象の一つとして、減少します。これが進むと、更年期障害、骨粗しょう症、乳がんといった女性特有の病気や症状の原因にもなってしまいます。

心のときめきを保つようにしたり、食生活に気を配ることでエストロゲン不足な体質にならないよう、十分注意していきましょう。

サプリ選びは慎重に

通販などで多くの種類が発売されているエストロゲンのサプリメント。女性特有の悩み、更年期の症状などに効果があるともいわれています。

サプリの利用は手軽ですが、人によっては副作用がある場合があるので、サプリ選びは慎重に。

意外と怖いエストロゲンサプリの副作用、商品選びは慎重に行ってください。もちろん過剰摂取は危険です。

自然に分泌を促すように

エストロゲンは、思春期の乳腺の発達にも大きな影響を与えるホルモン。

エストロゲンの分泌により女性らしい体つきになったり、お肌や瞳がうるっと艶やかになるのもこのホルモン分泌のおかげですが、ツヤ肌や曲線を追いかけるあまりサプリやエストロゲン注射などに簡単に手を出さないよう、注意をしましょう。

一番自然なのは、恋愛中のときめき感やドキドキ感。

最近ときめく相手がいないわ・・・という方は素敵な恋愛映画や小説で気分を盛り上げてみたり、積極的に大豆製品やざくろジュースなどの摂取を心掛けて。

自然体で輝けることが一番美しい、ということをいつまでも忘れないでいたいものです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント