• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性からのプロポーズを成功させる演出の方法とタイミング

Date:2013.03.13

女性は男性からのプロポーズを待っているものです。しかし最近の男性はなかなかプロポーズしてくれない男性が増えていると言われています。

それは、男性に原因があることもありますが、女性がそれほど結婚を望まなくなった、ということも原因なのかもしれませんね。

それでも、一生独身でいることを望んでいる女性は多くはありません。できれば子どもの産める年齢で結婚したいと思っているはず。男性からのプロポーズを待っているだけでは妊娠できなくなってしまいます。

女性からのプロポーズを成功させて、結婚するためには、どうしたらいいのでしょうか?

タイミングを見計らう

男性がプロポーズしてくれないのはきっかけがないから、というケースがあります。現在の二人の関係に満足しているせいで、生活を変えようとは思っていないのです。

そんなときに女性から結婚したいと言っても「今のままで幸せだからいいじゃないか」と言われてしまうのがオチ。プロポーズするときには男性の心理に何か変化があったとき。その変化を見逃さないようにしましょう。

例えば、仕事を変えようとしているとき。新しい生活に変わろうとするときに一緒にいれば協力できるから、というタイミングでプロポーズ。

または仕事で大きなミスをしたときや忙しいとき。あなたがそばにいて癒してあげましょう。その癒しがずっと必要だと思ったときに結婚したくなるかもしれません。タイミングを探るのが、女性からのプロポーズを成功させるコツです。

友達の結婚式の後に

結婚したいと思う瞬間は友達の結婚式に出たとき、というのは男性も女性も同じこと。同年代の男性が家庭を築いていく決意を見たとき、自分も男としてそうしなければ、という責任感を感じるのですね。プロポーズするならそんなときです。

友達の結婚式の後や子どもが生まれた、というニュースを聞いたときに結婚の話を出してみましょう。

結婚する意志を確認する

二人のお付き合いが長くても、いい感じで付き合っていても、男性側が結婚を全く考えていないというケースもあります。その場合はプロポーズをしても断れることが多いでしょう。

彼に今後の話しや結婚をイメージさせる会話をしてみて、彼の反応を確認しましょう。結婚する意志が見当たらないのなら、あきらめた方がいいかもしれません。

両親に紹介する

自分の両親に紹介するということは、真剣なお付き合いをしているという証拠をつくるようなもの。両親に合わせることで、男性としての責任感をあおりましょう。

男性が「この家族と付き合っていくのだな」と覚悟を決めたところで、女性からプロポーズをすればすんなり受け入れてもらえるでしょう。

気負わず、さらりと

常に結婚を意識させる言動や行動をしていると男性はひいいてしまうことがあります。人は追われると逃げたくなるもの。普段は結婚したいオーラは出さないようにしましょう。

焦っていると思われるのはNGです。そしてふいに「結婚しようか」と笑顔でさりげなく言ってみましょう。それが当たりまえのように思えて話が進むでしょう。

独立した女性であることをアピールする

男性が結婚に二の足を踏むのは、家族を養わなければならないという自信がないからということもあります。それを解消してあげればいいのです。

女性は「自分も仕事をしてアナタを援助するから安心して」と伝えましょう。彼におんぶにだっこするつもりはないこと、二人で働けば生活はしていける、ということを理解させてあげると結婚に進みやすくなります。

彼も年だということを理解させる

加齢とともに外見が衰えていくのは女性ばかりではなく男性もそうですよね。女性が年を感じて結婚に焦るのと同様に、男性も年齢を感じると「遊んでばかりではなく、そろそろ身を固めないと」と感じます。それを分からせてあげましょう。

「あら?髪の毛薄くなったんじゃない?そろそろ落ち着かないとね」と軽くプロポーズしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事