• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の本音と実態。実は職場の女子会に行きたくない人が大多数!

Date:2014.09.13

女子会という響き。とても楽しそうですよね。女性同士で集まって、美味しい物を食べながら女子ならではのトークを繰り広げます。居酒屋さんやお店でも、女性たちをターゲットにした、女子会プランを提供しているところが多いですよね。

ところが、当の女性本人は、本当のところ女子会が苦手と答える方が少なくはありません。そして学生時代の女友達ならともかく、職場の女子会には行きたくないと答える女性が、大多数を占めているのです。

そもそも女子会自体が嫌い

女子会自体に、否定的な意見も少なくはありません。その理由は、実に奥深いのです。一つは、うわべだけの人間関係を保つために女子会が行われているからです。

女子会を開いているグループは、周りから見れば仲良しに見えますよね。ところが実際はそうでもなく、仲良しを装っているケースが少なくありません。

本当は仲良くもないし、会いたくもないのに、女子会という名目で集合させられることに、ウンザリしているのです。参加者が一番それを良く知っています。

友達の自慢話に耐えられないと言う意見も。話題はみんなのプライベートとなることが多いのですが、自分の自慢話、彼氏とのおのろけ、子供の話など、自分にとって面白くもない、興味のない話題ばかりでつまらない、退屈だと感じてしまうのです。

悪口や噂話。女子会の話のネタで最も多いのがこれです。女性は自分のことだけでなく、他人の噂や悪口で盛り上がることが多いのです。これが苦手という女性も多いのではないでしょうか。

職場の女子会が特に嫌われる理由

女子会の中でも、職場の女性たちと行われる会は、多くの女性が参加を渋ってしまいます。それは気が合わない人と話をしなくてはいけないからです。

職場で一緒の女性は学生時代の友人とは異なります。女性全員が、自分と気の合う人たちではありませんよね。趣味や考え方にも、全く共感できない、むしろ嫌いな方だっているでしょう。そんな人たちと楽しくおしゃべりすることができるでしょうか。

職場で顔を合わせるだけでも精一杯なのに、プライベートまで一緒に過ごすと考えると、ストレスも溜まります。女子会に参加しても気を遣って、どっと疲れるが出るのです。

本音で話をすることができません。女子会だからと気を許して、自分のプライベートの話題や、会社のことを口にすることありますよね。その場で話が終わってくれたらいいのですが、翌日に会社全体にその話題が筒抜けになっているのです。

その会に出ていない女子社員や男性社員までもが、あなたが話した内容を知っていたらどう思いますか。参加者の中には、おしゃべりな女性がいるのです。みんなが喜びそうな話題を、女子会で収集して提供している人も少なくはありません。

本音で話をすることができないので、自分の言動にまで細心の注意を払わなくてはいけないのです。

職場の人の悪口や、噂話が中心となります。女が集まれば、基本は噂や悪口が出始めます。お酒も入るとつい日ごろの愚痴や、不満が出てきてしまうのです。それがどんどんエスカレートしていくと、段々とその場にいるのがイヤになってきます。

上手に断る方法

職場で行われる女子会。できれば行きたくないけれど、どうやったら当たり障りなく断ることができるのでしょうか。

親や兄弟姉妹を使いましょう。一人暮らしの女性は、今日は親や兄弟姉妹が家に来るからという理由で、断ることができます。もちろん嘘ですから、飲み会がある日はむやみに出歩いてはいけません。会社の人とどこで遭遇するかわからないからです。

体調の悪さを理由にしましょう。女性だからこそわかってくれる、生理の辛さを理由にすると、いいでしょう。その日は、何となく体調悪そうな演技をし続けます。

直前で断る方法もあります。最初は行きたいという意志を見せておいて、前日や前々日に予定が急に入りいけなくなってしまった事を伝えます。とても残念そうに断るのがコツです。

ただし何度も断っていると、怪しまれます。何回かに一度は義理で参加したほうが、職場の人間関係が円滑に進みます。会に出たら仕事の一環だと思って、割り切ることも必要です。

この記事をシェアする

関連記事