• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

小さなバッグを使いこなそう!女子力アップの必需品

Date:2013.07.24

バッグの中身はどんどん増えますね

バッグに必ずはいっているものは何ですか?マストアイテムとしては・・・お財布、携帯、家・車などの鍵類、ハンカチ、テッシュ、などでしょうか。実際はもう少し多いかもしれません。

メイク直し用ミニマムのコスメ、スケジュール帳などが追加でしょうか。さらに、女子的心遣いに溢れた方はこんなものもバッグにいれています。

除菌ウエットテイッシュ、ソーイングセット、バンドエイド、予備用ストッキング、ハンドクリーム、ダイエットバーなどなど。そうです、バッグの中身はどんどん増えるのです。

持っていれば安心ですが、たまには持たない緊張感で自分をブラッシュアップ

バッグのなかに持っていれば安心というグッズには、キリがありません。時には、今日は・・・○○をもっていないけど・・・という緊張感を持って外出してみましょう。

いつも、「あとで直せばいいや」と、いい加減にぬっているマスカラやファンデーションも、しっかり丁寧にぬります。ウエットテイッシュを持ち歩かなければ、ちゃんと洗面所で手を洗いそのたびに鏡をチェックできます。

ソーイングセットがなければ、事前に自分の服に気を配ってチェックするようになります。かわいい小ぶりバッグに、長財布が収まらなければ一時的にコンパクトなお財布に入れ替えましょう。

ポイントカードやメンバーズカード、診察券などを持ち歩かないセレブの仲間入りになる日も悪くありません。

時々は、小さめのバッグで心を軽く

着物をはじめパーテイーファッションでは、バッグはかなり小さいです。時には実用性から開放されて、ファッション重視で出掛ける日があっても素敵です。

ファッションにこだわりたいおしゃれ女子世代にとって、大きすぎるバッグは、「しっかりもの」のアクティブ度は上がっても、エレガンス度が下がることがあるのです。

分かりやすい例では・・同じスーツで、A4ファイルも入る程度の大きなバッグを持った場合と、デザインのはいった薄めのセカンドバッグをかかえた場合では、イメージが変わってきますね。

デニムファッションの時も同様です。デニムにガーリー系の小ぶりバッグなど合わせただけで、かわいいに印象に変わります。

時々は、小ぶりでデザイン性が素晴らしくチャーミングなバッグを持ってみましょう。着古したワンピースやデニムが生き返ります。そして、「持っていると安心」という気の緩みより・・外出時の緊張感が輝きとなってどこかにプラスされているはずです。

スケジュールやメイク直し、プチアクシデントへの対応からしばし開放されて、軽く、自由に心地よい緊張感を持って出かけてみましょう。何か・・きっと新しいことに気付くはずです。

細かいことを気にしない清々しさが伝わってくるから・・「小さいバッグ」を持つ人は潔くかっこよく見えるのかもしれません。

ちなみに、セレブたちは小さいビジューバッグにリップグロスとコロンだけいれてパーテイに出掛けます。

この記事をシェアする

関連記事