• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

驚愕!男性目線で見た”女子力の高さ”を感じる意外な特徴とは?

Date:2015.09.30

shutterstock_251215267 - コピー

女性にとって「女子力」とは、かわいいものに敏感で上手に取り入れている女性をさすことが多いですよね。また、料理が上手な女性も女子力が高いとよく言われます。

美容やファッションについて女友達から「かわいい~!」と言われたり、手作りのお弁当に女性の同僚から「女子力高いね~!」と言われて満足していませんか?

男性と女性では女子力を感じるポイントが違い、女性が感じる女子力の高さは男性にとって女子力ではないのです!今回は、男性が女性のどこに女子力を感じているかをご紹介します。

男性が「女子力が高い」と感じる女性の特徴とは?

男性目線で女子力が高いと思われる女性には以下のような特徴があります。

精神的にも金銭的にも自立している

今の世の中は女性も働いていて当たり前。結婚して子供ができてからも、家計を支えるため、自分で自由に使えるお金を作るため、働いている女性はたくさんいます。

男性は女性におごるものだと思いこんでいたり、何から何までエスコートしてもらおうという男性に任せっぱなしの行動は女子力以前に「人としてどうなの?」と男性から思われるようです。

こんな態度も20歳そこそこならかわいいと思ってもらえるかもしれませんが、アラサーを超えたなら自立した大人の女性としての魅力がないと男性からはだらしないと思われてしまいます。

相手の話をきちんと聞く

女性の多くが意外とできていないのがコレ!女性は共感や共有を大切にする性質があり、つい自分の話を相手に共有してほしいばかりに一方的に話しまくってしまい、自分で思っているよりも相手の話をきちんと聞けていないのです。

男性が話している時はきちんと聞いて、望んでいるだろうリアクションができるのも男性目線から見た女子力の一つです。

いつも自分の話ばかりしてしまうという元気いっぱいの女性はたまには相手の話をじっくり聞いてみてはいかがでしょう?いつもとは違うギャップでドキッとさせられるかもしれません。

丁寧な言葉遣い

最近は男性と同じようにちょっと乱暴な言葉遣いをする女性が増えています。また、男友達が多かったり、男性とよく飲み会を開くようなアクティブな女性はついつい周りの男性に流されて言葉遣いが荒くなりがちです。

そういう女性が増えている中で、ちょっとだけ言葉遣いが丁寧な女性は男性から「女子力が高い!」と思ってもらえます。

ほんの少し言葉遣いや口調が違うだけで女子力が高いと思われるなら、実践しないなんてもったいないですよね。

笑顔が多い

一昔前は「男は女の涙に弱い」というのが定説で、「ここぞと言う時は泣き落とししちゃえ!」という強引なモテテクニックを使う女性も多かったです。

ところが、最近はそんなテクニックも男性側にばれてきて、泣いている女性を見ると「うわぁ…めんどくさい」と感じる男性が増えています。ネガティブ発言に対しても同様です。

女性から見ても、どよ~んとしたお疲れ顔で暗い話ばかりする女性より、笑顔で楽しい話をする女性の方が魅力的に見えますよね。また、男性といる時にニコニコしていると「いつも笑顔で話を聞いてくれてかわいいな」と思ってくれて好感度が上がるのでお試しあれ!

仕草が女性らしい

男性が意外と見ているのが女性の仕草です。

  • 箸の持ち方
  • しゃがむ時の格好
  • 電車やバスで足を開いていないか

などなど、こんな仕草から「女子力のある・なし」を判定しています。

誰から見てもかわいい女性ほどちょっとした仕草がオジサンくさかったりオバサンっぽいだけで幻滅されがちなので、癖が出ないように普段から細かい仕草にも気を付けましょう。

小物から女性らしさを感じる

皆さんはハンカチやティッシュは普段持ち歩いているでしょうか?最近はペーパーやエアータオルが置いてあるトイレが増えているせいか、ハンカチを持ち歩かない女性も多いのだとか。

つまり、ハンカチやティッシュを持ち歩いていて、いつでも人に貸せる女性はそれだけで他の女性と差を付けられるということです。

また、ハンカチ、ティッシュケース、メイクポーチなどは女性らしくてかわらしいデザインのものも多いですよね。さりげなく取り出したハンカチの柄の品の良さに女子力を感じる男性もいます。

普段の服装がカジュアルやボーイッシュだと、女性らしい品の良い小物を持っているギャップにくらっとする男性も。女性らしい服装や仕草に抵抗がある方はこんな女子力のアピール方法はどうでしょうか?

ハンカチは手を拭く時だけでなく、食事をする時ひざの上に広げるとナプキンとしても使えますし、さりげなく柄をアピールすることもできます。

スカートやワンピースを着ていると座った時に足が見えすぎて下品になりがちですが、ハンカチをひざの上に広げておくと足を隠すこともできる一石二鳥のアイテムです。

意外とシビア!男性にとって女子力じゃないアピールとは?

男性にとって女子力を感じるポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?意外と外見よりも内面や細かい部分が見られていることがわかりますよね。

ここでは、女性がついついやりがちだけど男性にとっては女子力だと思えない、最悪の場合は「そんなことアピールされても…」とドン引きされてしまう可能性がある勘違い女子力をご紹介します。

「私、家事できるんです!」アピール

料理、掃除、洗濯など、家事ができることをアピールする女性っていますよね。これを読んでいる女性の中にもそんな方がいるかもしれません。

一昔前の「男子厨房に入らず」な時代ならともかく、今は一人暮らしの男性も増え、男性も身の回りの家事は自分でするのが当たり前です。料理なんて男性の方が女性よりがっつりハマる傾向があるほどです。

それに気付かずドヤ顔で「今日は手作りのお弁当なんです」なんてやっていると「大人なら当たり前だろ…」と冷めた目で見られてしまうので、家事ができるアピールはあまりしない方がよさそうです。

お金のかかるオシャレ

ブランド品の服やバッグ、流行のネイルなどなど。オシャレをするにはお金がかかります。頭からつま先までお金がかかっていそうな女性は、男性から「恋人にしたらお金のかかりそうな人だな…」とちょっと引き気味に見られています。

「そのお金はどこから出ているんだろう?」
「節約とか貯金とかしないのかな?」

ある程度の年齢になれば上記のような疑問を持つ男性も少なくありません。

お金をかけて外見を維持する女性より、清潔感を感じたり、こまめにお手入れしているきちんと感を感じる女性に対して女子力を感じる男性が増えているようです。

アラサーを過ぎたら外見のかわいさだけじゃ通用しない!

shutterstock_250351495 - コピー
男性は女性を外見で判断していますが、外見のかわいらしさだけの女子力が通用するのは若い女の子だけです。

ふわふわしたワンピースで甘え上手な性格をアピールしてかわいいと思ってもらえるのはせいぜい20代前半まで。アラサーを過ぎると内面的な女子力の方が重要になってきます。

スキンケアやスタイルキープも大切ですが、大人の女性には大人の女性らしい女子力アピールがあります。外見ばかりではなく内面も磨いていきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント