• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

怖いだけじゃない!今こそ大阪のオバちゃんに学びたい女子力のワザ

Date:2012.09.29

おばちゃんの中でも、最強でもある「大阪のオバちゃん」。トレードマークの豹柄の服(365日、みんな豹柄を着てるワケじゃないケド)をとっても、そこには自分達を客観的に見る眼や、いつまでもオシャレでいたい気持ち、流行に流されない姿があったりします。

見習いたくない部分もたくさんありますが、見方を変えると彼女達に学ぶべきことも多いのでは?

他人につっこむー見習うベキ:鋭い観察眼を持つ

ある都内在住の男性のブログでも紹介されていましたが、大阪のオバちゃんたちの観察眼は、実はとっても鋭く、また情報も早くて的確。(ただし、自分の生活圏内のことに限りますが)

普段のオバちゃんたちの的確な突っ込みは、この鋭い観察眼から。人だけでなく、店やテレビ番組に至るまで、何でも突っ込むのが常識。

これを真似て店の内装、販売価格から、相手の表情までよく観察していれば、仕事だけでなく、彼氏の浮気の兆候にも気付けるなど、役に立つこと必至です。

また突っ込もうと考えることが、反対に観察眼を鍛える結果にもなるので、普段の生活でも、心の中で実践してみては?

自信があれば突っ込んでみると、アナタの違った一面に、株も上がるかも?そして、良くない部分だけでなく、優れた部分、良いところもバッチリ観察して、相手を誉めましょう。

安く良い物を買って自慢する、値切るー見習うベキ:「始末する」という金銭感覚

「始末」という言葉は、大阪では節約する、無駄使いをしないといった意味で使われます。このスペシャリストがオバちゃんたち。でも、ケチとは違い、必要な物にはお金を使い、「もったいない」を基本とします。

見栄を張ってつい必要のない物を買ったり、ブランドなどにこだわらず、自分の身の丈にあった生活、金銭感覚を持つことが、「始末」の精神です。だから値切ると、他にも何か買えるので、彼女たちは値切ります。

そして値切りのテクニックには、その人の人間性も出るのです。相手を誉めてマケて貰うと、自分も店員も気分がいいから成功します。

また大阪のオバちゃんたちは「安くで良い物が買え」たら、周りのみんなに自慢し、聞いたほうも「高そうに見える」と誉める。誉められたり、羨ましがられたりして、気持ちよく「始末」が続く、というサイクルです。

食べられない量は買わない、多すぎたらおすそ分けする、もったいないからリサイクルする(息子の学校のジャージーを着るのは、家の中だけにして欲しいですが)、できるだけ自分で作れる物は手作りするなど、エコにも通じると思います。

そして、「始末」したお金で、自分のために価値あるお金の使い方をする、この精神でお金の管理をすれば、結婚相手としての、アナタの得点もアップするはず。

アメを配るー見習うベキ:自分からコミュニケーションをとる

大阪のオバちゃんの変わった行動として、知られているアメ配り。私も在住時代、特に子供が小さかった頃は、知らないオバちゃんから、よくいただきました。大阪だけでなく、関西一円でです。

さすがに知らないイケメンにいきなり、アメを勧めたら、ドン引きされると思いますが、これを応用して、職場やグループのあまり知らない人や、壁がある人などとコミュニケーションするツールとして、使えるのでは?

話す機会がない他部署の先輩(男女問わず)や、上司などと二人になって間が持たない時、プレゼンなどで緊張する場へ行く前、夕方の疲れた時間帯などに、話をする糸口を作ったり、ホッと和む雰囲気を作れます。

アメでなくても、ガムでも良いですし、合コンや婚活などにも、使えるでしょう。「疲れたので、ちょっと甘いものいかがですか?」とか、「乾燥して喉おかしくなりますね・・」などと勧めることで、相手が断ったとしても話すきっかけ作りになります。

苦手な人を作らず、いろいろな世代や仕事の方と話すことは、仕事にもプライベートにも役立つはず。

ボケる、豹柄の服を好むー見習うベキ:プライドは適正に。自分を客観視する

笑いをとる、自虐ネタでボケるのは、オバちゃんたちの得意技。でもこれは、実は自分を客観視しているからこそ。また「自分はこんなもの」と偉ぶらず、プライドも適当な高さであるからこそできること。

自分を客観視できることは、大人の女には欠かせない資質。ムキになったりカリカリせずに、笑って切り返せれば余裕も生まれ、仕事も恋も上手くいき、友人からも、後輩・上司、そして彼からも頼られる存在になれるはず。

またオバちゃんたちが、豹柄を着るのは好きだからという理由だけでなく、豹に眼を引き付けることで、容姿の衰えも誤魔化しちゃう、凄ワザでもあります。イタイ女子にならないためにも、服装を含め自分自身を良く知ることは、大切ですね。

他にも「どうせ私は・・」「どうせ30過ぎたから」と、後ろ向きに考えるクセも考え物。客観視することで、適正なプライドを持って、自分に自信も持ちながら、他人のことも認められる、そんな大人女子は高感度も高いはず。

他にもこんなところがヒントに

  • 人と本音で付き合う→世代を超えた友人もできる。本当の親友が見つかる。
  • テキパキ、ダンドリ良く物事を片付ける→迷う時間はもったいない。やることはサッサとして、自分の時間を見つけるのが上手に。
  • ブレない自分をもつ→豹柄を酷評されても、好きな物は好き。流行にも乗るが、自分らしさを大切に。

この記事をシェアする

関連記事

コメント