• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性ホルモンを増やすには?若さと美に効く5つの生活習慣

Date:2014.07.08

普段生活していて、病気というわけではないけれど気分が沈んだり、何故か体調が良くないように感じることはありませんか?それは、ホルモンバランスが乱れているせいかもしれません。

女性はホルモンバランスや女性ホルモンの分泌量によって気分や体調に変化が起きます。そして、女性ホルモンが正常に分泌されていれば肌や髪が美しくなり、体を健康に保つことが出来るのです。

今回はこの「美」とは切り離せない女性ホルモンを増やすための生活習慣を5つご紹介します。

1.お気に入りの香りを見つける

あなたの好きな香りが女性ホルモンを増やします。香りといえば香水やアロマテラピーを想像しがちですが、その他にも入浴剤に柔軟剤、ヘアフレグランス、ボディクリーム、ハーブティーや紅茶の香り、美味しい料理の香りなど…周りを見渡せば、香るものが多くありますよね。

また、香りによって思い出される良い記憶も、女性ホルモンを分泌したり、精神を癒す効果があるようです。

ちなみに、筆者が好きな香りは木の香りなので、登山や森林浴によく出かけては深呼吸しています。好きな匂いなら何でも良いそうなので、お気に入りの香りを見つけてみてはいかがでしょうか。

2.感動出来ることを見つける

気分を高揚させて女性ホルモンを増やしましょう。例えばドラマや映画、お芝居を見たり、小説や漫画など、感動出来るものを探してみてください。涙はストレスを軽減する効果もあるため、一石二鳥です。

なお、感動といえば泣くイメージがありますが、気分を高揚させるという意味では笑うことも良い方法です。心から笑ったり、泣いたり出来るものがあると良いですね。

3.冷えから体を守る

女性ホルモンは増やすだけでなく、減らさないための工夫も必要です。普段から体を冷やさないように気をつけましょう。何故なら、体を冷やすことによって起こる血行不良は卵巣にも影響するからです。

体を温め血行をよくする習慣といえば、入浴が挙げられます。普段シャワーで済ませてしまうという場合は入浴する習慣をつけたり、たまには温泉に行って気分よく湯船につかってみてはいかがでしょうか。

4.眠る時間を大切に

睡眠時間を大切にしない女性は、必ずと言っていいほどホルモンバランスを乱しています。

残業やストレス、スマホやパソコンによる液晶画面の見すぎが睡眠不足の原因になることは多くの人が知っており、たとえ睡眠不足でも気付かないふりをしている人もいるでしょう。

しかし、睡眠不足であるのが普通になると、今よりさらに年齢を重ねた時にさらに睡眠が浅くなる危険があるのです。少しの不調と思いがちですが無視せず、睡眠不足は今のうちに解消するようにしましょう。

5.恋をする

充実した恋愛を楽しんでいる女性や、結婚する女性がキレイに見えることがありませんか?これは、恋によってときめく気持ちが女性ホルモンを増やしているからなのです。

パートナーとの恋愛はもちろんですが、頭の中で好きな芸能人との恋愛を妄想した場合も同じ効果が得られるので、様々な形で恋愛を楽しんでみてくださいね。

ただし、無理に恋愛をしよう、恋愛を妄想しようとする必要もありません。例えば好きなモノに囲まれたり、ウインドウショッピングなどで実際に好きなモノに見たり触れたりすることで、心をときめかせるという方法もあります。

若さと美しさをいつまでも保つためにも、是非女性ホルモンを増やす生活を続けてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事