• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性のインフルエンザや風邪は男性よりも長引き悪化し易い?!

Date:2014.02.24

いよいよ、インフルエンザや風邪本番の時期に入りましたが、みなさん体調管理は万全ですか?そこで、女性だからこそ知っておきたい風邪に関する情報や対策についてご紹介します。

女性は風邪やインフルエンザになり易くて治りにくい?!

電車内、オフィスなどでマスクをしている人も増えてきましたが、年末年始に休暇を取ってしまい、いくら体調が優れないからと、早々休んでもいられないのが現実。 

実際、アメリカで去年行われた調査によると90%の人‚”が、感染性の高いインフルエンザになっても仕事に出てくると答えたそうで、しかもこの割合は年々増えているのです。 

このような状況下で1番被害を受けているのは私達女性なのです。最近発表された調査結果で女性は男性よりインフルエンザの症状が20%悪くなる確率が高く、しかも長引くという事が分かったのです。

更に、子供を持つママ達はそうでない女性に比べると倍の確率で年に4日以上仕事を休む事も同調査で明らかになり、職場、家庭、子供を介して病気感染のリスクを背負い、しかもより多くの被害を女性は受け易い事が判明したのです。

風邪を予防する為にできる意外な対策

そんな風邪の被害をより多く受ける女性だからこそ体調管理や対策を常に万全にしておきたいですよね? 

手洗い、うがいは勿論の事、十分な栄養や睡眠そしてなるべく大勢人のいるところではマスクをするのが基本です。でも、それ以外にも簡単にできる風邪対策をご紹介します。

1.毎朝ベッドの中のチョコッと運動と良い姿勢でエンジン始動

朝目が覚めたら、つま先を寝かせたり立てたり足首を右と左に回し、体のエンジンでもある足を動かして血行を促して起きて直ぐに寒さ対策。 

血行を良くするのは起床後の姿勢も重要なのでコートのポケットに両手を入れて歩くと猫背になり易いので手袋をして歩くテンポに合わせて両腕を振り動かす事だけでも血行促進の効果があります。

2.タンパク質を取って体の中から温まる

脂肪や炭水化物とは対照的に、タンパク質を体内で消化するには高いエネルギーが必要なので高タンパクな食事をすると体温が上がります

高たんぱく低カロリーの豆腐や良質なタンパク質の元である魚を使った鍋は美容だけでは無く風邪にも効果的です。

3.コーヒーやお茶は禁物?!

寒~い日に温かいコーヒーやお茶は体を温めてくれる…はずですよね?ところが、コーヒー等に多く含まれるカフェインは血管を広げて収縮を防ぎ体温を逃がしてしまうのです。

よって、温かいコーヒーやお茶を飲みたい場合はディカフェ(カフェインフリー)のコーヒーおよびハーブティー等を選びましょう。 

風邪の時でも美しさに妥協なし!

女性が風邪を引くと、その症状自体も辛いのですが、肌の乾燥や血色が悪くなり、カナリ美容の面でも辛い状況に陥ってしまいがち…。しかも体調を崩している、あるいは回復直後に限って仕事や用事で人前に出なければならない事も多いですよね?

そういう時にこそ、メイクを駆使して疲れや体調の悪さを表に出さず常に美しくありたいものです。

1.腫れぼったい目

体調を崩した時に朝鏡を見るとまぶたが腫れぼったくなって、いかにも具合が悪いという顔をしている事って多いのですが、こんな時はブルーやグリーンなどの寒色系ではなく華やかな印象を与える暖色系のオレンジやシャンパン系にすると腫れて重たい目元もカバーできます。

そして、風邪特有の涙目にも対応できるウォータープルーフのマスカラでいつもより一層目をパッチリさせましょう。

2.赤鼻

コンシーラーにも色々な種類がありますが、薄いミントグリーン色をしたコンシーラーは鼻炎などの鼻の赤みを上手にカバーしてくれるってご存知でしたか? 

普段使うBBクリームやファンデーションを使用する前に鼻のかみ過ぎで赤くなった部分に塗りファンデーションと境目をなくす為にもよく周りをパッティングして馴染ませるのもお忘れなく。

3.肌荒れ、ガサガサの唇に風邪の華

顔のお手入れをしていても荒れてしまうのが唇。「家で寝ているだけだから…」といえども、リップクリームやグロスを利用してガサガサになるのを防ぎましょう。

それでも、体が弱ると出来る口唇ヘルペス、いわゆる‘風邪の華’が出てしまうともうお手上げ状態。でもここでも、ミントグリーンのコンシーラーを利用し、その後ファンデーションの色を載せて隠し、口紅を上から塗りカバーしてしまいましょう。

但し、口唇ヘルペスは感染性が高いので、コンシーラーおよび口紅もアイスの棒や木製のマドラーに少量取り、綿棒やリップブラシを毎回使い捨てて、感染を防ぐことがとても重要になります。

ただでさえ乾燥して肌に厳しい冬。更に女性は風邪やインフルエンザにもなり易いとなったら、普段からきちんと体調や肌の調子を整えておきたいですね?

この記事をシェアする

関連記事