• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

カバンの中身で勝負!女子力と母性を感じさせるアイテム!?

Date:2014.03.24

サッとかばんから取り出すアイテムで、女子力の高さや、いい奥さんになりそう♪というところをさり気なくアピールしちゃいましょ。

今も昔も、定番は絆創膏!?

サッと差し出されて女性らしさを感じるというアイテムと言えば、やはり「絆創膏」ではないでしょうか。私も、ここぞという時に、カバンの中に入れていなかったことを何度悔やんだことでしょう(笑)。

という訳で、不動の定番は絆創膏。では、他にはどんなアイテムが女性らしさを感じるのか調査してみたところ…!?

カバンに備えたい、女子力と母性を感じさせるアイテム!

~女子力編~

・ハンカチ、タオル

当たり前!と思うかもしれませんが、意外と忘れてしまう女性も多いのが事実。お手洗いから、濡れたまま外に出たり、洋服で拭きながら出るなんて絶対NGですよ。

親しい意中の男性であれば、拭くものに困っているときに「これで良ければ使う?」と差し出してあげるのも良いかもしれません。

・ティッシュ

これも当たり前と言えば当たり前ですが、花粉症の季節などは1つと言わず2つ位あると安心かも?可愛らしいケースに入れておくと、さらに好感度が高いようです。

・裁縫キット

出先で、コートやジャケットのボタンが取れてしまった!というシーン。そんな古いドラマみたいな…と思うかもしれませんが、意外と出くわすものです。

「どうせ持ち帰っても付けないんでしょ?」と、ササッと直してあげられれば女性らしさのアピール度はMAX。もちろん、キレイにつけられない人は、要練習ですよ!

・鏡

コンタクトがずれたり、目にゴミが入ってしまったりして、ふいに鏡を見たくなることってありますよね。

女性は、コンパクトなどについていることが多いですが、男性は滅多に鏡を持ち歩いたりしないので、まわりに映るものがないか、きょろきょろするパターンが大半。そんな時、「はい、どうぞ」と鏡を差し出してあげたいものです。

もちろん、手垢やファンデなどで汚れていては逆効果。ごてごてにデコレーションされた、スタンドタイプのミラーなどもちょっと引かれてしまうかも。女性らしいデザインの小さな手鏡や、コンパクトタイプがベストです。

~母性編~

・薬(胃腸薬・鎮痛剤など)

これは、個人的な経験からなのですが、出先で頭痛がひどくなってしまった時に
友達が、“私も頭痛持ちだから、持ち歩いてるんだ”と、可愛らしいピルケースから
鎮痛剤を出してくれたんです。

これには、彼女の優しさと、母性を感じて感動したのを覚えています。あらゆる薬を持ち歩いているのは、ちょっと不自然すぎますが、胃腸薬・鎮痛剤くらいなら、持っていて困ることはないですよね。

・ビニール袋

ゴミを捨てたいけど、ゴミ箱がない!というようなシーンで一緒にまとめてあげられるし、カバンを汚さない。意外と使えるアイテムです。

コンビニやスーパーの袋だと、あまりにも生活感がにじんでしまうので、100円ショップなどで売っている、ギフト用の少し可愛いビニール袋を小さくたたんでカバンに忍ばせておくと良いかも。

・ウェットティッシュ

これは、レジャーシーンでは必須アイテム。お花見やバーベキュー、花火大会、遊園地など、屋外のシーンでは手を洗いたくても洗えないことが多いので、ウェットティッシュは皆の必需品。

大人数のシーンなら、あえて大容量のパックで持っていくのも、家庭的でアリ。

いかがでしたか?どれも一度は、出先で欲しくなったことのあるアイテムではないでしょうか?男性は基本的に荷物を最小限にとどめたい生き物。出かけるシーンにあわせた“気の利いたアイテム”で、女子力と母性をアピールしちゃいましょう!

この記事をシェアする

関連記事