• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

タイルの目地にも!カビ取り洗剤を使わずに安全に掃除する方法

Date:2013.09.19

ナチュラルな素材でもカビを取ることは出来ます!

タイルの目地って放って置くと、あっと言う間にカビが映えますよね。タイル自体も気付けば石けんカスや水垢で汚れていることが多いはず。浴室のお掃除には塩素系のカビ取り洗剤が主流だと思いますが、ナチュラル素材でも浴室のお掃除に対応できる洗剤が作れます!

この洗剤は、カビ取りや浴室のお掃除だけではなく、トイレ掃除、キッチンのお掃除にも使える万能なものです。今回は、ヒド過ぎるカビには効果が弱いですが、出来始めのカビや、タイルの汚れをキレイにそして安全に落とすお掃除方法をご紹介します!

準備するもの

  • 酸素系漂白剤
  • 粉石けん
  • プリンやゼリーなどの空き容器
  • スプーン

今回使用した『酸素系漂白剤』の中身は、過炭酸ナトリウム100%の自然にやさしい漂白剤です。『粉石鹸』の中身は、シャボン玉石けんの純石けん分99%の無添加シャボン玉スノールです。

洗剤を作ってみましょう

とてもカンタンです!まず、ゼリーなどの空き容器に、酸素系漂白剤と粉石けんを1:1の割合で入れます。目的に応じて比率を変えます。今回は酸素系漂白剤を多めにしました。(酸素系漂白剤をスプーン3杯、粉石けんをスプーン2杯)

酸素系漂白剤と粉石けんが合わさるように良くかき混ぜます。

混ぜたら少しずつ水を加えます。

このくらいのペースト状になれば完成です!今回はスプーン2杯の水でこの状態になりました。

それではお掃除開始!

まずは浴室のタイルです。石けんカスや水垢で汚れているのがわかります。

まずは掃除用ブラシだけで落ちるのか擦ってみました。

擦って水を流した後の様子です。目地などの軽いカビは取れたかも知れませんが、擦る前とさほど汚れは変わりません。

それでは先ほど作った洗剤を使ってみましょう。スプーンの半分ほどをタイルに乗せました。

洗剤を置いて伸ばした直後の様子です。すでに目地から泡が出ています。このあと、タイルの目地に洗剤をまんべんなく伸ばしました。

洗剤を置いて、5分ほど経過した様子です。目地部分にだいぶ泡が出ています。洗剤をつけて、時間を置けば置くほど良いです。今回は15分程置きます。

15分が経過しましたので、ブラシで擦ります。タイルの目地を擦る時は、使い終わった歯ブラシを使うとより良いでしょう。

水で洗い流した後の様子です。汚れが落ちて、かなりキレイになりました!

近くで見ても白くなっているのがわかります。

掃除前後で比べてみると、キレイになっているのが更にわかります!

タイルの目地のカビが気になる場合は、夜のうちに洗剤を目地に塗って一晩置き、翌日お掃除すると効果が出やすいです。浴室のタイル(床)をお掃除するだけで、浴室全体が明るく感じられますので、ぜひやってみて下さい!

キッチンで使ってみましょう!

続いては、キッチンのシンクをお掃除してみましょう。油や石けんカスで、なんだかちょっと曇っています。

そこへ作った洗剤をスポンジやスコッチブライトなどにつけて磨きましょう。

水を流して終わりです。あっと言う間にピカピカになりました!

掃除前後で比べてみると、水のはじき具合が違うのがわかります。シンクの表面がキレイになったので水が滑ってサッと流れていき、シンク内の乾きも早くなります。

普段のお掃除にも万能です!

普段から汚れたところやカビに気付いた時に、その部分だけでもサッとお掃除すると、あれこれ洗剤を用意せずに済みます。年末の大掃除も億劫になりません(笑)。

さっとカンタンに作れて、そのうえ安全で環境にもやさしいので、お掃除の際にはぜひこの洗剤を作って使ってみて下さい!※お肌の弱い方や、長時間素手で触る場合は、ゴム手袋を着用して下さい。

この記事をシェアする

関連記事