• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アベノミクスはまだ続く?初心者のおすすめ株主優待!

Date:2013.10.06

アベノミクスによる株価急上昇で、株に興味を持ったものの、何から買えばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめの、プレゼントがもらえる株主優待についてご紹介します。

プレゼントをもらう分リスクが減る

株の中には、所有している株主に対して、その企業の製品やサービス等を年に1~2回プレゼントをくれる銘柄があります。そのようなプレゼントを株主優待といいます。

株はご存知のように株価が日々上下して、自分が購入した時よりも下がってしまうこともあるわけですが、たとえば株価が1000円下がってしまっても、3000円の株主優待がもらえればトータルでは2000円得をしているわけですから、多少なりともリスクがヘッジできるといえます。

また、株初心者は株価に合わせて日々売買をする、いわゆるデイトレードよりも、信頼できる会社の株を中長期にわたって保持するほうが、ストレスが少なく失敗しづらいともいえるので、優待株であれば保有している間も楽しみがあるといえるでしょう。

優待株の選ぶ基準は大きく3つ

どんな企業が、どんなものを優待としてだしているのかを調べたい場合には、「株主優待」でネット検索してみると、さまざまなポータルサイトが見つけられるので利用してみてください。優待のジャンルからも選ぶことができます。

株主優待で選ぶ時に基準になるのは、まず、自分が実際に使えるもの、欲しいものです。たとえば食事券を優待としてだしている会社があったとしても、店舗が自分の生活範囲内になければ使うことができませんし、飲まない人がコーヒーの詰め合わせをもらっても意味がありません。

利益を重視する人であれば、優待利回りというものをチェックしてみましょう。株価に対して、いくら分の優待がもらえるかということです。

たとえば茨城県を中心に展開しているカスミというスーパーを運営している株式会社カスミの場合、最低単元(購入できる最少の株数)の100株保有していれば、3000円分の優待券を年に2回、つまり1年間で6000円分の優待券がもらえます。

100株の株価は62500円(2013年7月4日現在)ですので、優待利回りは9,6%。優待をしっかり使いきれる人なら、株を10年保有していれば、元がほとんどとれてしまうことになります。

また、企業によっては配当といって、年に1~2回、現金を還元してくれるところもありますから、配当と優待の両方を合わせて利回りを計算してみるのもおすすめです。

とにかく現金が欲しいという人は、現金化しやすい株を狙ってみましょう。オリエンタルランドの株主優待である東京ディズニーリゾートのパスポートや、日本マクドナルドの食事券はネットオークションやチケットショップでも高値で引き取ってくれます。

現金化したいのであれば、全国チェーンなどメジャーな店舗を展開する企業を選んだほうが確実です(ただし転売禁止の株主優待もありますので、購入の際はご確認ください)。

株で優待ももらうための注意点

株主優待をもらうためには、権利確定日に株主名簿に記載されている必要があります。権利確定日は株によって違いますが、大体権利確定月の月末であることが多く、権利確定月も株式情報を見れば掲載されています。

注意しなければいけないのは、株は購入後、株主として記載されるまでに、3営業日必要となるということ。ですから末日が権利確定日の株でも、末日に購入したら間に合いません。必ず権利確定日の3営業日(土日は含まない)前までに購入してください。

3営業日前に購入すれば、たとえば翌日に売却してしまっても、株主優待はもらえます。つまり権利確定日には株を持っていなくても、株主名簿に記載されていればよいというわけです。

わかりにくいと思いますので具体的に説明すると、たとえば2013年の9月30日に権利確定日がくる株を購入したい場合を例に説明します。

9月30日(月) 権利確定日(この日に株主名簿に記載されている人に優待が贈られる)
9月29日(日) 日曜日なのでカウントしない
9月28日(土) 土曜日なのでカウントしない
9月27日(金) 1営業日前
9月28日(木) 2営業日前 この日以降は株を売ってしまっても優待はもらえる。
9月27日(水) 3営業日前 この日の15時までに株を購入しておくこと。

ただし、株主優待の権利がもらえる最終日付近は、優待狙いで株価が上がりやすくなるため、あらかじめ株価をウォッチしておき、2週間から1カ月前ぐらいには購入しておいたほうが安く購入できる場合が多いのでお忘れなく。

また、優待の権利が確定した直後は、一気に売り抜ける人が増えるため、株価は下がりやすくなりますので、売却する場合も、少し間をおいて株価が安定してからにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事