• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

そろそろ、『勝ち組』に転身しませんか?!

Date:2014.01.03

一社員として、起業家として勝ち続けている人はどこが違う?

昨今の女性達は結婚しても子供ができても、自営業を営み、会社員あるいは起業家として活躍している人が多くなってきました。リーマンショックや経済危機などお構いなく成功し続けている女性も少なくありません。

そんな勝ち続けている人達はどこが違うのか?どこに気を付けているのか興味がありませんか?

自己コントロール能力が高い

同僚、先輩、後輩社員にライバル店、ライバル会社と、打ち勝たなければ競争に勝てない相手ってたくさんいますよね?でも、やはり一番手強い相手は自分自身。

特に、自営業や自分でビジネスを営んでいる人にとって自分をいかに鼓舞して、ユニークでしかも革新的な物にチャレンジするかに事業の将来がかかっているので、自身のマインドコントロールや自己管理が成功への重要なカギを握っている事になります。

  • 時間の管理
  • 具体的に自己管理能力と言うと、第一に自分の時間管理。1日に自分が出来る仕事量というのは限られているので、‘今日のやらなければならないリスト’は欲張らないで、シンプルにしておく事が大切。

    あれもこれもと出来もしないのに詰め込むのはストレスの元。ストレスを感じながら切羽詰まった状態で仕事をしても効率も質も下がるばかり。

    これは仕事を切り上げる時も同様で、「今日はココまで!」という区切りをしっかりして、体調管理のためにも睡眠時間は勿論の事、エクササイズ、余暇もきちんと考慮にいれてスケジュールを立て、仕事への活力を養う事も成功者達は決して忘れません。

  • 弱気や失敗も強い意志で乗り越える
  • 時間の管理と共に大切なのは、強い精神力と確固たる意志。

    あのアーティストでもあり起業家でもある多才な持ち主のマドンナは、自分はタフで、野心家で自分が何を求めているのかハッキリとしたビジョンが有ると公言しているくらい‘自分’というものをしっかり持っているのです。

    とは言え、自分がプロジェクトの責任、事業の責任を担わなければならないとなると、悲観的で弱気な部分がムクムクと湧き上がってくるのも事実。

    そういう時は、思いっきり紙やパソコンに弱気な気持ちを書き出してみて、それらの項目をどうやったら改善できるか、あるいは悩む必要や価値があるのか改めて紙面上で客観的に見てみると意外に消去できる事が多い物です。

    心配事を書いた紙をクシャクシャと丸めてゴミ箱にポイッと捨て、新たな気持ちで前向きに仕事に取り掛かりましょう。これは仕事上で失敗してしまった場合にも同様に使えます。

    作家の林真理子さんも「やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる」と言っている通り、過去の失敗は次への成功への糧として考え、迷わず新しい事にチャレンジして行きましょう。

自己中心的では勝ち抜く事は出来ない?!

世界で最も価値のある企業にまでなり得た、iPhoneやiPadを作り出したアップル社。

アップル社の成功はスティーブ・ジョブス氏の手腕もさることながら、周りで彼を支えた人たちの存在無しでは有り得なかったであろうとさえ言われている様に、「勝ち組」の人たちも自分一人だけで成功した訳では決して無いのです。

ジョブスさんは屈託のない意見をとことん言い合い、完ぺき主義をチームのルールとし、世界最強チームを作り上げたそうですが、やはり同じ志を持ち、協力し合うチームワーク無くして企業の成功は語れないのかもしれません。

実際に、オフィスで協力的な社員というのは、そうでない社員に比べ昇進のチャンスや人脈に恵まれているという統計も有る様に、人間「助け合い」の精神なくしては自分のピンチに手を差し伸べてくれる人もいなくなってしまうのです。

また、こういう「助け合い」の精神というのは、感染する事が心理学の実験で明らかになっており、助けられた人というのは「助け合い」の精神が高まり、傍で困っている人に手を差し伸べる確率が増え、これが企業内であるならば最高のチームワークが築けるという事になります。

特に私達女性は、この男性に有利な社会で性差別を受けやすい立場にあり、同じような境遇の同性を味方につけておく事ほど心強い事は無いはずなのです。

女性で初めてアメリカの国務長官にまで登りつめたマデレーン・オルブライトさんも、「女性が他の女性を助けないという悲惨な状況が有る」と言い、‘女性同士の助け合い’が女性の社会での活躍にどれだけ重要かを示したそうです。

社会的な成功というのはオリジナリティーに溢れ、革新的なアイデアを商品化あるいは作品として世に送り出す事でなされるものではあるのですが、やはりそれだけでは「勝ち組」にはなれないのも事実。

これら成功者の教訓や軌跡は、起業家や政治家として活躍する時には勿論の事、日常生活においても、人生を円滑にする「術」を見て取る事ができますよね?

この記事をシェアする

関連記事