• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

失敗談続々!おしゃれな家具は必ず店頭チェックをおすすめします!

Date:2014.04.11

サイズの大きなお買い物をする時、あなたは実際にお店に足を運びますか? それともネットや雑誌の通販などで手に入れますか?最近は大きな家具を買う際、ネットでも雑誌でも簡単に注文できる世の中になりましたね。

きちんと家具のサイズも値段も書いてあり、かなり便利です。わざわざ店頭に足を運ばなくても済みますし、しっかりサイズと色だけ確認して注文すれば、数日後にはばっちり届く!なんていいシステムなんでしょう。

でも、気をつけなければならないことだって実はあるんです。こういうのって実際に失敗してみないとなかなか実感がわかないかもしれませんが…。

おしゃれな家具を通販で買った際の代表的な失敗談と言えば、やっぱり「サイズを間違えて注文してしまった」というものが挙げられると思います。また、色の種類を間違えてしまった、とか。

部屋のメインになるような家具であれば、通販もいいですが、やっぱり店頭に行って実物をチェックしてから購入したほうが絶対にいいでしょう。ネットや通販にはもちろんいい点もあります。

ただ、ちょっと気を抜くと注文の段階で失敗してしまうということもありえます。ここでは、実際の家具失敗談を挙げていき、店頭でのチェックがいかに大切かをお伝えしていきたいと思います。

失敗談1・雑誌で隣に掲載されていた商品の番号を書いてしまった

雑誌の通販でよくある失敗談です。雑誌には限られた紙面にたくさんの商品が載っています。写真、サイズ、値段、商品番号。たくさんの情報も載っています。注文しようとして商品番号を確認して書く。

このときに本当にほしい商品の写真の隣に写っている写真の商品の注文番号を書いてしまうという失敗。これが結構あるんです。一ページにたくさんの商品が所せましと掲載されているがゆえに間違えてしまうのですね。

机がほしかったのに、まったく違う付属品の番号を書いてしまったり。よくあるミスです。番号の確認だけは怠らないようにしたいものですね。

失敗談2・家具の裏側の材質がかなり安っぽかった

さて、雑誌や通販だと、商品の写真はとってもきれいです。ほしくない商品でさえほしいと思わされてしまうくらい、きれいな写真や使用例が載っていて、あれこれとほしくなってしまうと思います。

とくに、おしゃれさを気にいって「この商品を注文しよう」と思った場合。要注意です。紙面だとその家具の裏側は写真に写っていません。表側はとてもかわいく、きれいな家具でも、実は裏を見ると、材質やデザインが粗雑だったりする可能性もあります。

おしゃれな印象を気に入るのもわかりますが、そこはやはり雑誌や通販に頼らずに、店頭に置いてある商品を実際にチェックすることをおすすめします。家具の裏側には注意せよ、これ、本当に家具選びのポイントとなります。

失敗談3・不要な物まで欲しくなってしまい、無駄遣いに…

では、雑誌や通販における、家具購入のもうひとつの失敗とは何でしょうか。それは掲載されている写真がとても魅力的であるため、本当にほしい、必要である商品以外もあれこれとほしくなってしまい、いらないものまで購入してしまう可能性があるということです。

これは金銭的にも痛手ですよね。しかもページをめくるごとに、クリックするごとに次から次に目新しい、かわいい、おしゃれな商品が出てくるものだから、「あれもほしい、これもほしい」となってしまいます。

そして結果、無駄遣いになってしまう…。気づいたら部屋中がいらない家具や雑貨で埋め尽くされていた…なんて女性もいるようです。

失敗談4・歩かないで買うことがストレス解消になってしまう

雑誌やネットで家具を買うことで、そのこと自体がストレス解消になっている女性も多いようです。決して悪いことではありません。

でも、次第に出歩いて家具を店頭まで見にいくという行為が億劫になり、ちょっとした買い物もネットで済ませる癖がついてしまう人も中にはいます。

実際に、大きな家具だけではなく、本当に小さなリップクリーム、ハンドクリームですらネットや雑誌で買うようになってしまった女性もいます。

その商品がその雑誌やネットでしか売られていない特殊なものならまだいいのですが、そうでない限りどんどん外に出向くチャンスを失うわけです。これは健康面から言っても、メンタル面から言っても、あまりよくないことですよね。

通販、店頭、それぞれの良さがある

もちろん雑誌や通販で家具を買うことは悪いことではありません。時間も節約できるし、確実にほしい家具を手に入れることができます。店頭に行く時間が本当にないほど多忙な人もいると思います。

通販、店頭には、それぞれの良さがあります。一長一短あるその特徴をうまい具合に使い分けられるようになるといいかもしれませんね。皆さんが素敵な家具ライフを送られますように!

この記事をシェアする

関連記事