• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

格安海外旅行…女子一人旅で怖い思いをしないで楽しむ秘訣!

Date:2014.08.31

社会人になると、なかなかまとまった休みが思うようにとれないものです。

年間を通して計画的に有給を使ったりする訳ですが、友達と日にちを合わせると結局一般的な大型連休と休みが重なったり…。となると、ツアー代金もフライト代も高値のシーズンになるため格安旅行のパッケージを利用することができません。

そうなると混まない時期に一人で旅行に行く事になるのですが、初めての場所だったりすると不安も出てきます。心配しないでよいことまで心配をしたり、逆に無鉄砲すぎたりして危険な場合があるものです。

海外での注意点を踏まえツアーやパッケージを賢く選ぶなら、女子一人海外旅行であっても怖い思いをしないで楽しむことは可能です!

場所選び

まず女子一人旅で危険なのは人の少ない場所。ですからできるだけ人気スポットあたりを拠点にして観光できる場所を選びましょう。

観光地のような人が多いところではテロでもない限り怖い思いをする事は少ないでしょう。

日本人観光客がいなくても外国人観光客がいれば比較的安心できます。むしろ、外国人観光客の多い方が日本人が多いより安心なのです。それは国民性の違い。迷っていたり困っていたりしたら、助け合おうとしてくれるものです。

日本人は親切な国民性を持ちますが、こちらから声をかけるほどの積極性に欠ける場合があります。しかし外国人の方の多くは、自ら声をかけていく積極性を持っています。

ですから日本であまりポピュラーではない場所であっても、世界的に見て観光地で人が集まりやすい場所をチェックして場所を決められます。

ホテルは確実に信頼できる所をおさえる事!

行きたい場所が決まったら、ホテルを選ぶことになります。自由行動がベースになっているパッケージなどではここはしっかり押さえたいポイントです。

¥3000~5000のオプションでホテルをグレードアップできるなら、ケチらずホテルはグレードの良いところを選びましょう

以前私は格安のパッケージを出していた海外の旅行会社を選び、パリは都市だから町の中心ならどこのホテルも安心だろうと思い、おまかせでブックしました。

オペラのそばで立地条件は完璧でしたが…安かっただけに部屋の扉が木でびっくり!日本なら合金の分厚いドアですが…薄っぺらな木のドアで、しかも隙間があるという・・・。

映画でよくある外からエルボで扉にあたってこられるものなら、間違いなく大破するという感じのドアで人が通るたびにドキドキしていました。スーツケースと部屋にあった椅子やらテーブルをドアに積んでドアを塞いで就寝したのは怖い思い出の1つです。

海外の安いホテルは窓のかぎが閉まらなかったり、現地の人も館内に入れてしまったりなどいくつかマイナス点があると考えましょう。

またホテルの周りが夜の街で呼び込みがすごい地域にあったという場合もありますので、グーグルマップでリストに挙がっているホテルを見てどんな立地にあるのか?治安はよさそうか調べてから選びましょう。

冒険するなら…早目の時間に行って帰ってくる事!

人気スポットばかりでは面白味が少ないと言われる方におすすめなのは、時間帯を変える事。

どういう事なのか?というと…。一人で町から離れた場所に行きたいのであれば、夕方や晩といった明らかに危険な時間帯ではなく、早朝に時間帯を変えて訪れる事も出来るということです。

もちろん、国がハザードマップに指定している場所は問題外ですが、地下鉄で少し離れてみたりする時は朝早く行動し、正午には移動するといった計画の立て方が賢明でしょう。

治安情報がガイドブックや案内サイトに載っていないなど、町の雰囲気を把握するものが少ない場合はホテルのインフォメーションで聞くと良いでしょう。お勧めはあるか?気を付けた方がいい場所はどこか?聞くと役に立ちます。

ある時、電車で隣に座った男の人に気を付けた方がいい場所があるか聞いてみたら…「ちょうどここのあたりは降りない方がいい」と言われたので、理由を聞いてみたらギャングが麻薬売買をしていたりするため自国の人も行かないようにしているとのこと。

「ほら見てごらん」と言われたので車窓から外を見ていると・・・怪しげな人たちがダッシュケースを交換していてびっくり!やはり地元人の言う事は正しいと痛感させられました。

この経験からどこでも質問できそうなときは地元の人に質問するようになりました。情報収集をしっかりすることも女子一人旅を安心してできる秘訣の1つです。

まとめると…

*人気の少なそうな場所は選択しない
*宿泊先をけちらない
*冒険したい時は早朝に行動する
*現地でも情報収集をする

大使館にお世話にならないようにして、ぜひ気楽な一人旅を味わってみてください!

この記事をシェアする

関連記事