• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

介護と仕事を両立するため主婦が利用している3つのサービス。

Date:2014.02.16

親の体調の変化は家族全員で取り組む大きな仕事のようなものです。親の世話をするというのは実の親であっても、彼の親であっても「人生の人としてすべき大きな仕事」です。

といっても「今までの自分たちの生活をすべて捨てなくてはならない…」と言う訳ではありません。家庭において女性は母であり妻であり職場では会社員といういくつも果たす勤めがあります。バランスを取りつつ介護、仕事をどのように両立できるものなのでしょうか?

ケアマネージャーとしっかり相談しましょう。

一昔前と比べ、行政の支援も改善されてきました。おかげでショートステイ、デイケアと呼ばれる特別養護介護施設でのサービスも施設自体が増えたので利用できないという事は全国どこの自治体もほぼなくなってきたと言われています。

ご存じない方のために…ショートステイは宿泊サービス、デイケアは日帰りのサービスで、双方食事と入浴やリハビリが含まれています

このようなサービスを利用するのにアドバイザーとなり申し込み手続きをしてくれるのが、市や区のケアマネージャー。ケアマネージャーの方とよく相談することは介護と仕事など両立していくうえで重要になります。

人としてのつながりの上にサービスを受ける事を忘れずに、よいコミュニケ―ションが取れるか取れないかで両立がしやすくなるかが決まると言っても過言ではありません。

3つのサービス…デイケア、ショートステイ、シルバー派遣。

介護と仕事をうまく両立しておられる主婦に共通していえるのは…時間をよく管理しているという点。丈夫で寝なくても生きていけそうなタフな女性のイメージを持つかもしれませんが、そのような主婦ばかりではありません。

ご自分にも持病がありながら介護と仕事を両立しておられる方もおられます。そのような体力のあまりない主婦の方など…介護との両立を図るため利用している3つのサービスとは、デイケアやショートステイそしてシルバー派遣です。

それぞれを仕事の時間に合わせて利用のプランを立てていきます。

デイケアは介護される側にも多くのメリットが。

デイケアは日帰りのケアで介護されるご本人にとってもリハビリなどが組み込まれていると、一人でできる事が多くなります

デイケアを使い始めたころはトイレも間に合わない方が毎回15分程度のリハビリケアのおかげで歩く力がついて介護されるレベルが低くなったり…という方も少なくありません。

介護されるご本人のメリットを考えるだけでも介護が必要になった場合は利用した方が良いでしょう。また仕事をもって介護する側も安心して仕事に打ち込めますから、利用したいサービスの1つです。

また2つ目のショートステイは介護する側の体調不良はもちろんいざという時に利用することもできますが、週末にまとめる必要のある仕事の場合、金曜の夜から土曜の夕方まで利用することもできます

ですから時間を気にして焦ることもありません。介護する側の感じるストレスが介護を受ける側を弱らせてしまうという悪循環になる前にこのようにプランを立てていきます。

あきらめないで自分の時間を持つゆとりを。

また3つ目は地元のシルバー派遣サービスを賢く活用しましょう。シルバー派遣は60歳以上の人たちからなる団体です。様々なサービスがあり、一般の企業の提示する値段より安いのが使いやすさの決め手です。

例えば庭掃除(草取りはもちろん蜂の巣駆除もしてもらえる場合もあります。)障子はりなど時間のかかる家事を丁寧にしてくれ時短作業なのが驚きです。時間のない方でも30分のサービスを朝の時間に組み入れ常時利用することも工夫次第です。

ですから、仕事の両立をあきらめる前に「何をゆだねられるか?」よく考慮し、頼れるサービスは徹底して利用し「一人の時間」を作れるように時間をうまく管理しましょう。

この記事をシェアする

関連記事