• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

後悔しても仕方ない!買い物の失敗をチャラに出来る最善策とは

Date:2014.11.28

女性であれば誰しもが一度は「買い物での失敗」を経験した事があると思います。

可愛いと思って買った物でもいざ家に持って帰ると似合わないような気がして後悔…。

そのお店が返品を受け付けていない場合、困ってしまいますよね。

ここでは買い物の失敗を最小限に抑える秘策をお伝えします。

女性の購買欲はよほどのことがない限り収まらない

「今度こそは絶対にこれを着る」と息巻いて購入しても結局はタンスの肥やし…。

そんな事を何回も繰り返しているのにしばらくたつとまたムクムクと購買欲が湧きあがってくるのだから女性って不思議ですよね。

結論から言うと、女性の購買欲は抑えることが難しいものです。

仕事のストレスや人間関係のストレスを発散するために買い物をしているのだとしたら、それをやめてしまうとますますストレスがたまってしまうかもしれません。

自分の購買欲とうまく付き合っていくしかないのです。

「全く物を買わないようにする」というのは絶対に難しいことなので、発想を変えて、買い物での失敗を後々まで引きずらない気持ちの切り替えを学ぶことにしましょう。

家に持ち帰っても、商品のタグは二日間ほど切らないで置いておく

洋服店から帰ってくる途中で「買ってしまったけれど本当に良かったのだろうか、本当に似合うものだったのだろうか」と半ば後悔に近い気持ちを抱えてしまったこと、ありませんか?

あれって不思議ですよね。数分前までお店で「買っても後悔しない。絶対に着こなしてやる」と心に誓って会計を済ませたはずなのに、一歩外に出ると途端に自信がなくなってしまう…。

そんなときは、家に持って帰ったあとでも、二日間はタグを切らないようにしてください。それには二つの理由があります。

一つ目は、「本当に気に入って買ったものなら、二日間もの間、袋を開けることを我慢できるはずがない」という理由。

「絶対に着こなす自信がある!」と思っているのならば、絶対にウキウキで袋を開けるはずです。

そしてタグを切らず放置しておくことの理由の二つ目ですが、これは「冷静にその商品を見て、やっぱりいらないかも…と感じたときに古着屋に売りに行けるから」という理由。

古着屋さんはタグがついていない服ももちろん買い取ってはくれますが、タグがついていれば何割増しかの値段がつく場合があります。

もし二日放置して、やっぱりいらないかも…着こなす自信がない…と思うようであれば、思い切って古着屋に売ってしまいましょう。

古着屋さんでいくらかもらえれば、「金を無駄にしてしまった」というモヤモヤから多少は解放されるはずです。

お店に一度は「返品可能か」聞いてみる

さて、物を買ったことに対して後悔してしまった場合、まずは買ったお店に電話を入れてみましょう。

そして返品可能かどうか、聞いてみてください。

聞かないままモヤモヤするよりは幾分か心が軽くなるはずです。

もし返品を受け付けていないというのであれば仕方ないですが、もしかしたら返金対応してくれる可能性だってあります。

「あれだけ意気揚々と買ったのにすぐに返すなんて恥ずかしい」と思ってしまうその気持ちが、ますますあなたの後悔する気持ちに拍車をかけます。

誰かに譲ることは、会話のきっかけにもなりうる

買ったけれど使わないだろう、着ないだろうと判断したものは、人に譲るということも可能ですよね。

でも「いらないものを人に押し付けるみたいで申し訳ない」と思う人もいるでしょうし、「自分がお金を出して買ったのに、他人にただで譲るなんてもったいない気がする」と感じる人だっているでしょう。

でも、人に譲るということは、会話のきっかけを得ることができるという事です。

たとえばあなたには久しく話していない友人、なんとなく疎遠になってしまった友人などはいませんか?

その人たちとよほど気まずい別れ方をしていなければ、再度連絡をとってみるのはいかがでしょうか。

「買い物したんだけど着ないもの買っちゃってさ…」と相談がてら久々に話すのもなかなか楽しいですよ。

何かを手放すという事は、何かを得ることにもつながります。

せっかく自分が買った服や物を人にタダで譲るのは惜しい気持ちが湧いてくるかもしれませんが、それがきっかけで再び懐かしい人との交流が始まるかもしれません。

ただ、良い物をあげるのはいいですが、古い物やいらなくなったものをあげるのは失礼に当たる可能性もあるので避けましょう。

あくまでも「最近の買い物で失敗してしまった物」だけを対象にプレゼントしてください。

いつでも駆け込める古着屋さんをリサーチしておく

いつ買い物で失敗しても大丈夫なように、いくつかの古着屋さんを見つけておきましょう。

「あそこはどんなものでも買い取ってくれる」という安心感があると、買い物も失敗を恐れずにすることができます。

もし買い物で失敗してしまったときには、ぜひ参考になさってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事