• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

買い物下手さんへの10のアドバイス。服の上手な選び方・買い方

Date:2014.08.02

季節ごとのショッピング。多くの女性にとってストレス解消のレジャーです。掘り出し物や自分だけの逸品を見つけられるときもあれば、その時の自分が何を考えていたのかびっくりするほど、不思議なものを買ってしまうときもあります。

この記事では買い物のプロがお教えする上手な買い物の仕方のアドバイスをご紹介します。

1.本当に好きなものだけを買う

新しい服を買うときは、一目ぼれするほどのその服への情熱と今持っている服とのマッチングはどうかという冷静な判断の両方が合致したときに限るべきです。

このルールは一番シンプルで難しいもの。お買い物のプロは、本当に好きなもの、自分がその服やアクセサリーを付けて本当にハッピーになるイメージが浮かぶものだけを買うそうです。

適当なものを買うのはお金の無駄。そのお金を集めて高額だけれど本当に愛せるアイテムを買うのに使えると思ってセーブしましょう。

2.お気に入りのブランドの最新情報をチェック

お気に入りのブランドがあるのなら、そのサイトやフェイスブックページ、ツイッターを常にチェックしましょう。お得な情報や会員限定のセールなど、お気に入りのアイテムが安く手に入る情報が手に入る可能性が格段に上がります。

クーポンなどをうまく使うのも手。自分が欲しいものを手ごろな値段で買えるチャンスを逃さないようにすることで、賢く買い物をすることができます。

3.パンツは体にフィットするものを

パンツ選びのときに考えてしまうのが、お直し。特に海外ブランドだと股下が長く、お直しを手間と考えてしまうと手が伸びません。パンツ選びで大切なのは、ウェストとヒップにフィットするかどうか。

裾のお直しは買い物のプロからしたら当たり前のこと。自分の体型にフィットし、魅力的に見せてくれるパンツを扱うブランドを見つけたら、次からそこで買うようにしましょう。

4.メンズ&キッズセクションも忘れずに

大きなファッションショップに行ったなら、レディースセクションだけでなく他のセクションもチェックしてみて。マスキュリンなスタイルがお好みならなおのこと、メンズセクションをのぞくのを忘れずに。

一体何が見つかるか、わくわくすると思いますよ!もしあなたが小柄でな体型をお持ちなら、キッズセクションがおすすめ。いかにも子供!!というアイテムは別としても、その他のアイテムにチャンスを与えてあげるのも、お買い物のプロへの第一歩です。

5.お家で試して

お店の店員さんに勧められて、買う気のないものを買ってしまうときはあります。そんな時はとりあえずお家に帰って、手持ちの服と徹底的に合わせてみましょう。徹底的に合わせてもどうしても納得できないのなら、返品してもいいのです。

お店にまた行って返品する、というのは勇気がいりますが、お店の人はそういうことに慣れていますから、心配しすぎることはありません。いやな思いをして買った服は、これからもお気に入りになる可能性は低いもの。

本当に好きな服だけをクローゼットに入れている幸せ感は、何物にも代えがたいですよ。

6.セールでの散財は×

お手頃価格が満載の、セール。掘り出し物が見つかるチャンスもありますが、多くの場合、衝動買いは失敗します。お得だからといって、それがあなたの最愛アイテムとは限らないのです。

あっちでちょこっと買って、こっちでちょこっと買って・・・なんていう風に手に入れたものは結局、あまり使わないもの。それくらいなら、本当に大好きなものを買うためにお金を貯めた方がよいでしょう。

7.サイズよりフィット感

表示サイズが自分のサイズだからと言って試着もせずに買うのはおすすめしません。ましてや、自分の「なりたい」サイズの服に無理やり自分をおしこめるなんてしてはいけませんよ。

大事なのはフィット感。試着をして、心地いいと感じるサイズのものを選ぶことが、上手な買い物の秘訣です。

8.店員さんのアドバイスも聞いてみる

「あー、それ、かわいいですよね!」「かわいい、お似合いです!」と「かわいい!」を連発する店員さん。よく見かけます。ちょっと邪魔だなと感じてしまいますが、店員さんたちのアドバイスを完全に無視するのもちょっと考え物。

こういった押しつけがましくほめ言葉を振りかけてくる店員さんの中に、地味でもしっかり仕事をしている店員さんがいるはず。こんな店員さんと仲良くなれたら、公開前のアイテムを手に入れたりするような幸運に恵まれるかもしれません!

9.ヴィンテージを買うときは

古着やヴィンテージのアイテムを買うときには小さな欠陥やお直しはある程度受け入れるのがコツ。しかし、デザインが流行に関係ないものであること、あなたの体型に合うものという条件付きです。

「いつかやせるかも」と思って服を買っても多くの場合失敗しますが、こういう期待を持ってヴィンテージアイテムを買うとさらにがっかりします。新しい服よりもたくさんのメンテナンスが必要になって、手間が増えるだけだからです。

10.現金払いが基本

ショッピングの計画をあらかじめ立てておくのもいいアイディアですが、買いすぎて失敗するのを防ぐためには、現金払いしかしない、と決めるのもよいでしょう。

こんなアイテムとはもう一生出会えないわ!というような珠玉の服に出会ったときは別として、ショッピング中はクレジットカードに触らず、お金が無くなったらそこでお買い物もストップ。

混んでいるお店の中でも判断力が鈍るので衝動買いに注意して。ショッピングリストは週の始めの朝に作るのが正しい判断の一助になるでしょう。

買い物下手さんへの10のアドバイス、いかがでしたか?ちょっと勇気がある決断もありますが、ほとんどの場合シンプルで説得力のあるものが多かったと思います。

本当に好きな服やアイテムだけに囲まれた生活も、シンプルでとてもパワーのあるもの。少しずつ自分の理想のクローゼットを作っていくプロセスも楽しいものですよ。

この記事をシェアする

関連記事